幸せ体質に生まれ変わろう
  • 17Sep
    • 形を変えて遠くに行くだけだといいなあ

      こんにちは。田口です。どうしても、検査の結果が気になってしまう日々です。「多分、大丈夫」と思いながら、胸椎に転移したときに見たPETの画像が、頭から離れない。癌って、厄介だなあと思います。死というものを考えたとき、いろんな表現に出会いますが、今まで私は、船に乗っていくイメージが好き(?)でした。「指輪物語」のフロドも、最後はエルフの船で海を渡る。あれもまた、永遠の国への旅立ちで、あんな風であったらなと思ってしまいます。別の物語でも、魂の入れ物が変わるだけだよっていうような表現があったりして、何か今の形とは変わるけれども、「私」というものはなくならず、どこか遠くに行くだけならばいいのに...と思います。別に体の具合が悪いわけではないのだけれど、旅立ちのことを考えてしまう日々です。田口さつき(おまけ)無料のメルマガ講座↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/ホームページはこちらです↓https://black-thrush.com/

  • 16Sep
    • PETの結果と「ありがとう」という言霊

      こんにちは。田口です。ちょっとずいぶん、日にちがあいてしまいました。なんとなく、PETーCTの結果が出るまで悶々としていました。で、12日が診察日だったのですが、まだ読影のドクターのコメントは出ておらず、主治医が見た限りでは、新たな腫瘍はなさそうとのことですが、次の診察は10月なので、最終的にはそのときまで持ち越しです。ただ、まあ、ほぼ大丈夫かな??と言ったところです。そんなこんなで、ちょっと何となく気持ちが上がらない感じで過ごしています。ところで、少し前にいつも私を心配してくれる知り合いからもらった本を読みました。小林正観さんの「ありがとうの魔法」というもの。詳しくはこちらからどうぞ⇒https://amzn.to/2NgQPwcどうも、「ありがとう」という言葉には、特別な力があるらしい。確かに、言っても言われても良い感じではありますよね。本のなかでは、「ありがとう」を何万回言ったら良いことあった!みたいなエピソードが紹介されています。まあ、何回言ったかを競うのは、どうかと思いますが、ちょっと私も気になって、ひとりのときにも、なんとなく「ありがとう」とつぶやいていました。そうしたらね、何もないときには、たいして変化は起きないのだけど、ちょっと、いらいらしたときとか、家族とちょっと衝突しちゃったりしたときに、あえて「ありがとう ありがとう ありがとう」って何度も独り言のように言ってみると、ちょっとびっくり。自分のために、家族が普段してくれていることや、思いやりの気持ちが、どんどんわき起こってきて、いらいらとか、嫌な気持ちが、すーっとなくなっていくんです。やっぱり言霊って、本当だな~と思う瞬間でした。あなたも、なんかちょっと嫌なことがあったときに、「ありがとう」って言うのを試してみてね。大きな声じゃなくて良いけど、声に出すのがポイントです!そうすると、あなたがどんなにか愛されているかってことに気づくんじゃないかな。そんな気がします。田口さつき(おまけ)無料のメルマガ講座↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/ホームページはこちらです↓https://black-thrush.com/

  • 07Sep
    • 「ひとつで まにあうものを ふたつもみっつも 欲しがり」

      こんにちは。田口です。昨日はPETーCTの検査を受けてきました。その被爆のせいか、同時に受けたMRIの造影剤のせいか、なんとなく倦怠感があります。お昼の1時から夕方6時まで病院にいて、ちょっと疲れてしまいました。ところで、また続けてテレビの話題ですけれど、「ネコメンタリー 猫も、杓子も」という番組に、ますむらひろし先生が出ていたので、喜んでみていたところ、番組の中で、ますむら先生の初期の作品、「霧にむせぶ夜」が紹介されました。(興味のある方は、こちらからどうぞ)↓https://amzn.to/3186jWQこのなかで、猫が人間を「地球上でもっとも欲深い生き物」として糾弾するセリフ「やつらは まだ使えるものを捨てるほど 欲が深く」「ひとつで まみあうものを ふたつも みっつも ほしがり」「欲のためには 仲間でも 親でも 殺します」これは、本当に心に刺さります。特に、「ひとつで まにあうものを ふたつも みっつも ほしがり」というのは、全くその通りだと感じますね。知足(足るを知る)とは、なんと難しいことでしょうか。私たちは、一度立ち止まって、自分が持っているものや、自分が持っている力について、考えてみてもいいのかなあと思います。そうすることで、思っていたよりずいぶん、持っているのだなということに、気づくのかもしれないから。そうしたら、あなたもまた、生きるために必要な力を自分のなかに見つけることができるんじゃないか、そんな気がしています。田口さつき(おまけ)無料のメルマガ講座↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/ホームページはこちらです↓https://black-thrush.com/

  • 04Sep
    • 今が幸せだと思える理由

      こんにちは。田口です。なかなかセッションや講座の日程が決められなくて、どうしようかなあと迷うこの頃です。でも、近いうちにスケジュール決定したいと思いますので、どうぞ待っててくださいね。少し前に、サンドウィッチマンの「病院ラジオ」という番組で、「がん専門病院」でのラジオ番組の風景が放送されていました。この番組の最後で、サンドウィッチマンのふたりが、「皆さんから、しあわせっていう言葉が出てくるのが印象に残った」というような話をしておられたのですが、私自身も、癌になったからこそ「今が幸せ」と思えるというのを、しみじみと感じました。番組に登場した患者さんたちは、みんな明るいけど、きっと、すごい慟哭を通り抜けた果てにつかんだ明るさなんだなと思います。私も、そうでした。でも、今は幸せだと思える。それは、諦めでもなんでもなく、自分のことも、自分を取り巻くいろんなことも、本当に、そのものの等身大の大きさでとらえることができるようになったから。そして、自分が過去にとらわれていたことが、自分が悪いんじゃなかったんだって手放すことができたから。そういう意味で、病気になったことは、私にとって大きなターニングポイントなのです。だから、私はあなたにも、幸せになってほしい。病気にならなくても、過去は手放せる。それを体験してほしいなと、強く思っているのです。田口さつき(おまけ)無料のメルマガ講座↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/ホームページはこちらです↓https://black-thrush.com/

  • 01Sep
    • 誰の人生も、その本人しか背負えない

      こんにちは。田口です。今週、いよいよPET検査なので、なるべく大人しくしていようと、今日もダラダラしてました。こうして、病気があったりすると、家族も友達も、いろんな人が心配してくれるんだけど、結局は病気って本人が背負っていくしかないんだよね。どうやっても誰かが私の代わりに背負うことはできないし、背負う必要もないのです。何故なら、私に私の人生があるように、心配してくれる家族や友達ひとりひとりにも、その人の人生があるからです。誰か身近な人が困難に遭っているとき、「私のせいかな?」とか「私といるとあの人が不幸になる」とか思ってしまう優しい人がたくさんいるけど、そんなことはないよと、私は言いたい。あの人には、あの人の人生があって、それはあの人が背負う。あなたは、あなたの人生を背負っていればいい。少しの荷物は運べても、全部は無理だということに罪悪感を感じる必要はないのです。田口さつき

  • 29Aug
    • いつも等身大でいたほうがいい理由

      こんにちは。田口です。私は、ずっと音楽が好きで、今もいろんな形で楽しんでいますが、大学生のときに、オーケストラに入っていたことがあるんです。パートはヴァイオリンです。子どもの頃に少し習ったことがあったので、基礎的なことはできていましたが、それ以降、専門的に勉強していたわけでもないし、好きな曲が少し弾けるくらいだったんです。で、大学のオケに入ってみたら、そこから始める初心者の人もいれば、高校でオケに入っていたような人もいて、レベルはさまざまでした。そんななかで、微妙なポジションにいた私は、2年生のときに、「3年になったら、誰をパートリーダーにするか」という話し合いで、「さつきちゃん、ファーストのパートリーダーどう?」と言われて、なんとなく「そ、そう? いいよ」と引き受けてしまいました。このとき、自分がパートリーダーになるっていうことに、誇らしい気持ちを抱いたことを覚えています。でも、よく考えてみれば、(てか、考えなくても)、ファーストのパートリーダーといえば、それは、コンサートマスター(女性の場合は、コンサートミストレス)になることを意味します!!!結局、数日後、私は「やっぱり、私には無理。○○ちゃんのほうがオケの経験が長いし、上手だし、○○ちゃんがいいよ」と言って、その役目を降りました。そうやって、役目を離れてみると、ものすごく安心したというか、ほっとしている自分がいることに気づきました。そう。やっぱり、当時の私にはコンサートミストレスは、荷が重くて背負いきれない役目だったんです。もし、今の私だったら、引き受けた上で猛練習するっていう選択肢もあったかな?と思うけれど、当時は無理だったよなあと、しみじみと思います。何か、責任ある高い地位をオファーされたときに、こういうことって案外、誰にでも起こりうるんじゃないかしら?地位が上がることの嬉しさは、誰でもあると思うのだけど、でも、その責任が背負いきれないなら、地位を手放すことがあってもいい。もちろん、その地位と責任を背負えるように頑張るっていう選択があってもいい。でも、無理なら手放してもいいんだということは、頭の隅っこに覚えていてほしいことです。無理なときに、自然にその役目から手を離せるようにするためにも、等身大の自分でいるっていうことは大切なことのように思います。田口さつき(おまけ)無料のメルマガ講座↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/ホームページはこちらです↓https://black-thrush.com/

  • 28Aug
    • 自信をもって「わからない」と言おう

      こんにちは。田口です。電話応対で、慣れない人が出たところ、答えに自信がないので、しどろもどろになっていたら、「わかる人に換わってください」と言われた。なんていう話は、よくありそうですよね。以前、そういう電話に換わって出たときに、「電話応対じょうずね~」とほめられましたでも、私がどうしてじょうずだったかというと、用件について、ちゃんと正確に答えられたからではないのです。私は、その時聞かれた件について、わからなかったので、自信をもって「その件は、私にはわからないので、調べてご連絡しますね」と言っただけなんです。ただ、私が「自信をもって」言ったので、相手は、「わかりました。では、ご連絡お待ちしていますね」ということになりました!当然わかっていないといけないことなら、「わからなくってすみません」という態度も必要なんだけど、常に「私はよくわからない人」みたいな卑屈な感じでいる必要はありません。わからないときは、「すみません。わからないので、調べさせてください」とはっきり言えばいいんです。電話口でわからないと、「なんでそんなことわからないの?」みたいに怒られることもあるでしょうが、それは調べたり、確認すればいいことだから、「わからない」とか「調べます」というときには、自信をもってね。そうすることが、電話の相手を安心させることにもなるのです。田口さつき(おまけ)無料のメルマガ講座↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/ホームページはこちらです↓https://black-thrush.com/

  • 25Aug
    • オーダーメイドの幸せ

      こんにちは。田口です。基準値の範囲内ではあるものの、腫瘍マーカーの数値がちょっと上がるとドキドキします。(夏場は上がるというケースがあるようですが...)来週、PET-CTを受けることになっていますので、またご報告したいと思います。ところで、少し前になるんですけど、おかのきんやさんが書いた「しあわせトリック」という本を読みました。興味のある方はこちらからどうぞ↓https://amzn.to/2Hn6mG3セラピーで言う「リフレーミング」が、とてもわかりやすく、やさしく書いてある本です。この本のなかに、「今、自分にないものを探すのではなく、自分の中にある材料を工夫して使えばいい」という言葉が出てくるのですが、これは、本当にセラピーそのものだと思います。一番ほしいものは、自分の外にはないのだと、今はとてもよくわかります。本の感想をお送りしたら、おかの先生から素敵な返信をいただきました。「自分以外の者になろうとすると、人生が辛くなりますね。神様って、全ての人それぞれに、オーダーメイドの幸せを準備してくれていると思っています。あえて、そう思うとたのしいです。」あなたも自分以外の者になろうとしていませんか?せっかく神様がつくってくれたオーダーメイドの幸せがあるのに、体に合わない服を無理矢理着ようとしていませんか?幸せは、ほら、今もあなたのなかにありますよ。田口さつき(おまけ)無料のメルマガ講座↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/ホームページはこちらです↓https://black-thrush.com/

  • 17Aug
    • 遠隔転移後の治療(抗がん剤②ー治療中に言われたくないこと...)

      こんにちは。田口です。両側乳癌術後、骨転移の抗がん剤治療の話、前回の続きです。アルコールが飲めないために、予定していたパクリタキセルからエリブリンに変更になりました。主治医の見解だと、エリブリンはやや効き目が弱いらしい。でも、エリブリンの良いのは、点滴時間が短くて済むこと。普通、抗がん剤の点滴って、1時間とか2時間とかかかるんですが、エリブリンは、15分!!!あっという間に終わります。それと、副作用が他の薬剤に比べると軽いこと。私の場合、最初の1ヶ月くらいは、「少し倦怠感があるかなあ」くらいでした。もちろん、脱毛はします。治療が始まって、3週間後くらいからどんどん抜けました。ただ、一番困ったのが、手足のしびれと、運動神経の麻痺でした。(この運動神経の麻痺については、また別の機会に書こうと思います)でも、吐き気がするわけでもないし、起きられないほどの倦怠感というわけでもなく、抗がん剤としては本当に副作用が軽微なほうだと思います。そんな副作用の少ない治療のせいか、抗がん剤治療中に、多少外出もしていたし、少し仕事もしていました。そうすると、会う方がいろいろ気を遣って声をかけてくださいます。みなさん、癌患者に何を言っていいかわからなくて、戸惑っているのがよくわかるのですが、そんななかで、これは言って欲しくなかったなあということがいくつかありますので、ちょっと紹介してもいいですか?ひとつめは、これ「案外、顔色がいいね」とか「案外、元気そうね」というもの ⇒メイクしているから顔色なんて何とでもなるし、誰かに会うときには空元気でも元気そうにしているものなんです。(少なくとも私の場合)それから、これが一番嫌かもというのが、これ「今は、大丈夫なんでしょ?」⇒この言葉って、病気を持っている人にとっては本当に「意味不明」なんです。何をもって「大丈夫」というのか?って、思ってしまうので。癌っていうものを背負っている以上、「大丈夫」と思える瞬間なんてないのです。それは、私のように遠隔転移した人でなくても、大なり小なりそうだと思います。極々早期で、手術後無治療という人だって、1年に1回、診察を受けるときにはドキドキだろうし、術後ホルモン治療なんかが続いていれば、大丈夫なんて思える瞬間はないと思うのです。これを言う人は、私が「はい。今は大丈夫ですよ」と言うのを聞いて、安心したいんだろうなとは思うんです。でも、誰かを安心させるために、全然大丈夫なんて思っていないのに、「大丈夫ですよ」って言わなくちゃいけない癌患者の気持ちをわかってほしいなあと思うんです。本当に、このことだけは、患者のわがままかもしれないけれど、理解してほしいことです。それじゃあ、本当は何て声をかけてほしいかというと、本当にちょっとの違いですけれど、単純に「元気?」とか「大丈夫?」って、聞いてくれるのが、私はありがたい。「元気?」ってきかれて、元気じゃなければ、「うーん。元気とは言えない」って言えるし、「大丈夫?」ってきかれたら、「抗がん剤しているんだもの。大丈夫なわけないよね。」って言うこともできるから。もちろん、普通に元気なら、「意外と元気なもんだよ」って言うかもしれないし、「大丈夫。副作用が軽いからね」って答えるかもしれない。でも、「元気そう」とか「大丈夫なんでしょ」って、決めつけられるのはいやなんです。体のことは、本人にしかわからないんだもの。「具合はどうなの?」って聞いてくれて、本人に自分の状態を語らせてくれることが、一番嬉しい関わり方なのです。田口さつき(おまけ)無料のメルマガ講座のお知らせ↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/※「メルマガ登録したのに届かないよ~」という方が、若干いらっしゃると思います。なんとかお届けできるように、送り方を工夫しているのですが、それでもダメな方がちょっとだけいらっしゃるので、「どうしても届かない!」方は、・メールボックスがいっぱいで受信できない・外部からのメール受信に制限をする設定をしているなどの可能性があります。ご確認いただくか、別のアドレスで再登録していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

  • 14Aug
    • 遠隔転移後の治療(抗ガン剤①)

      こんにちは。田口です。両側乳癌術後、骨転移してからの治療の話です。放射線治療で痛みが取れてすぐに、抗ガン剤治療が始まりました。主治医からは、骨転移が分かった時からパクリタキセルと言われていました。ただ、投与の前に調べてみると、「アルコールの弱い人は辛い」という記事がたくさん出てきます。パクリタキセルは、薬剤がアルコールに溶解してあるので、ビール中ジョッキくらいのアルコールを摂取することになるようです。そこで、投与前の診察時に、恐る恐る「私、アルコールが全然ダメなんですが、大丈夫でしょうか?」と聞いたところ、「え~!アルコールダメですか!聞いておけばよかったですね」という返事。私は、先生のお勧めのレジメンでもあるし、他の薬剤に変更して効果がなくなるのも嫌だったのですが、先生としては、「お酒の飲めない人には使えない」という判断だったようです。こういうところが、いい先生なんですよ。治療で苦しむようなことは、極力避けてくれます。そこで、 使うことになったのが、エリブリン。これが、いろんな意味で、めちゃくちゃ楽な抗ガン剤だったのです。つづきは、また。田口さつき

  • 10Aug
    • たった一人のアンチが自己評価を低くする

      こんにちは。田口です。こうして、ブログを書いていると、ときどきコメントやメッセージをいただくのですが、みなさん温かい言葉をかけてくださるので、と~っても嬉しいです!でも、私も今のような精神状態を作れるようになる前は、「嫌な人」と一緒に仕事をしたり、お客様が「嫌な人」だったりしたこともあって、そういう人から何か言われるたびに、凹んだり、落ち込んだりしていました。今なら普通にわかるんだけど、そういう自分にとっての「アンチ」の人の数って、実はものすごく少ないのです。たとえば、100人のなかの1人みたいな、1000人いたら2人くらいになるかなあ?みたいな、そういうレベル。それなのに、そういう人から本来言われなくてもいいような非難を受けたときに、まるで、その意見が100%みたいな気がして、自分が全否定されたような気分になってしまうんです。残りの99人は、自分を支持してくれるのに、そういうことは、目に入らなくなってしまうんですね。こうやって数で表すと、1人や2人意見が合わない人がいても、そんなに気にすることないってことがわかるでしょう?でも、「NO」と言われることは、すごく衝撃が強くて、それに加えて、以前の私みたいに、「自分はダメなんだ」「自分は批判されるような人間なんだ」っていう視点が内在化していると、「NO」の意見に従うほうが自分らしいみたいな、おかしな状態に陥ってしまうんです。だからもし、誰かに非難されたり、誰かとの関係がうまくいかなかったりしたときに、そのことと、自分の価値とは関係がないっていうことを、思い出してほしいんです。あなたは、誰かから賞賛されるから価値があるのではなく、あなたがそこに存在することそのこと自体に価値があるということを忘れないでください。褒められたら価値があって、けなされたら価値がないという思い込みは、捨てよう。人との関係は、自分の価値を決めないし、自分が自分を承認するかどうかを決める基準にはならないのです。田口さつき(おまけ)無料のメルマガ講座↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/ホームページはこちらです↓https://black-thrush.com/

  • 06Aug
    • 親もまた、若かったのだということ

      昨日は、伯父の三十三回忌でした。58歳で亡くなったのですが、これが最後の法要ということで、参列しました。そうしたら思いがけず、伯母から伯父とのなれそめの話が出たり、祖父母がどんな人だったかという話が出たりして、初めて聞く話も多く、意外に面白かったんです。私は、一時期、この親戚との付き合いが嫌で、自分から拒絶していたことがあったのですが、今回、こんな風に会うことができたことで、今更ながら、何かひとつ自分の壁を壊すことができた気がして、ちょっと清々しい気持ちを味わいました。親に対しても、思うことはいっぱいあるけど、彼らは彼らなりに精一杯生きてきたんだと、今なら思える。でも、自分に不満を持っていると、どうしても親を恨んだりするような気持ちから逃れられないのじゃないかしら。このお盆の時期に、自分に命をつないでくれた先祖に思いをはせてみましょう。すると、今のあなたと同じように悩んだり、誰かと衝突したりしながら奮闘していた人々の存在に気づくかもしれません。でも、そうするためには、まず自分が自分の今を認めてあげてね。何もかも、そこからスタートする。そんな気がします。田口さつき

  • 04Aug
    • 怒りは癌を増悪させない??(ような気がする...)

      こんにちは。田口です。両側乳癌術後、遠隔転移して今も治療を続けながら仕事をしていますが、骨転移がわかった後、放射線治療で痛みが取れて、少しいろんなことが落ち着いてきたときに、私は漢方医を訪ねてみました。その方は、西洋医学の医師でもありながら、漢方を学んだ方で、癌治療にも積極的に漢方を採り入れておられます。また、いわゆるツムラの○番とかいうエキスではなく、症状に合わせて、生薬から作った丸薬を処方してくださるというもの。その診察室で、私がこれまでの経緯を説明したときに、先生が発した言葉。「何か強いストレスのかかることがありませんでしたか?」私は心のなかで拍手をおくりながら、「はい。実はありました!!」と答えていました。骨転移が判明する少し前に引っ越しをしたり、家の補修をしたときに、ちょっといろいろ家のなかでごたごたがあったし、癌とわかってから、家族との関わり方について、なんとも言えない不安を抱えていたのに、それを表に出さず、なんとなくごまかしてきたということがあったから...。「ああ、そういうことが癌につながっちゃうのね」と、非常に納得したのです。で、その後、自分でもセルフケアを考えたり、ときには、誰かと話をするということをしながら、変な不安は解消できたのですが、この「変な不安」、「自分がここに居てもいいと思えない不安」があると、私の経験からは、癌が増悪する可能性がある気がします。この不安というストレスは、本当に命に関わるんじゃないかと思うので、もし、あなたがそういう不安を感じているなら、なるべく信頼できるセラピストなどに相談して、手放すことをお勧めします。で、ここから、今日のタイトルの話題なのですが、(前置きが長くてすみません)つい最近、仕事上で関わる人(いわゆる士業の人)から、まったくもって失礼な連絡がきました。今までいろんな士業の方と関わってきましたが、こういう有資格者の方って本当に二通りに分かれるのですよ。・自分の専門性にプライドを持っているからこそ、何事も自分から動き、こちらがわからないことなどは丁寧に教えてくれる人。・自分の専門性が仕事上の上下関係を決めていると思い込み、やたら上から目線であるうえ、こちらが聞かないと何も教えてくれない人たいへんな試験を通ってその仕事を得たのでしょうから、それにプライドを持つのが悪いわけではないけれど、だから、仕事上関わる人を見下してもいいということにはならないし、ハッキリ言って、私はクライアントなの。(苦笑)対価を払っている人に、こんな扱いされていいのか??と思ったら、もうめちゃくちゃ腹が立っちゃって。まあ、契約期間もあるので今すぐどうと言うわけにもいかないでしょうが、そう長くはないでしょうと思いながら、ふと思ったことが、「あれ? 今、私はメチャクチャ怒ってるけど、これって不安のストレスとはちょっと違うな~」ということ。そう。怒りのエネルギーは、ロケットのブースター燃料にも似た効果があって、そこで燃焼することで別の方向に振り向けることができるのです。なので、私にとっては、こういう変な人たちはエネルギーをくれる存在(?)とも言えるのかなと思いますが、まず、「嫌なこと」とは関わらないと決めたので、まあ、こういう人は遠ざけるように、これから動きます!でも、癌に悪いストレスはこれじゃなくて、たぶん、「自分は、本当にここに居ていいの?」という問いに、自信をもって「YES」と言えないってことなんだと思います。田口さつき(おまけ)無料のメルマガ講座のお知らせ↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/※「メルマガ登録したのに届かないよ~」という方が、若干いらっしゃると思います。なんとかお届けできるように、送り方を工夫しているのですが、それでもダメな方がちょっとだけいらっしゃるので、「どうしても届かない!」方は、・メールボックスがいっぱいで受信できない・外部からのメール受信に制限をする設定をしているなどの可能性があります。ご確認いただくか、別のアドレスで再登録していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

  • 01Aug
    • 内在化してしまった他人の視点を捨てよう

      こんにちは。田口です。お見舞いのことを書いたからという訳ではないと思いますが、仕事で知り合った方から、屋久島のお土産をいただきました!それも、「これを持って、山に登ってお祈りしてきました」というメッセージつき。私のために祈ってくれて、ありがとう!あなたの祈りとともにあった、かわいらしい木のしおり。大切にします。ところで、最近読者になってくださった方が、古い記事に「いいね」してくださったので、ちょっと思い出してみました。私の子ども時代の体験をを書いた記事です。未読の方はこちらからどうぞ⇒https://ameblo.jp/blackthrush/entry-12452832407.htmlこのことを思い出すと、本当に「私の何十年かを返して!!」という気分になりますが、でも、そのおかげで、同じようなことを味わってしまった人に、今なら「それは本当のあなたとは関係ないよ」って自信をもって言うことができます。それは、タイトルにも書いたように、ひとは、他人の視点を内在化して「自分はダメな存在だ」とか「自分には価値がない」とか思い込んでしまうことがあるっていうことなんです。これは、子ども時代に理不尽なことで大人に責められたり、怒られたりして自分を否定された体験が基になっていることが多い。本当は、否定されるべきじゃないことで否定されることによって、「自分なんかダメだ」とか「自分は他人に受け入れられない」ということが、すり込まれてしまう。すると、何をしても満たされない、自己肯定感を持ちにくい人間に育っていってしまうんです。今、もしあなたが、「どこか自分の価値を素直に肯定できない」とか、なんだかいつも、「こんなはずじゃない」みたいに感じているなら、たぶんそれは、これまで生きてきた時間のどこかで、あなたを理不尽に責め立てた大人の視点を自分のなかに採り入れてしまっている証拠。だから、そんな他人の目など、もう持っている必要はないんです。さあ、あなたがあなたのままでいい世界は、今、目の前に開いていますよ。田口さつきホームページはこちらから↓https://black-thrush.com/(おまけ)※「メルマガ登録したのに届かないよ~」という方が、若干いらっしゃると思います。なんとかお届けできるように、送り方を工夫しているのですが、それでもダメな方がちょっとだけいらっしゃるので、「どうしても届かない!」方は、・メールボックスがいっぱいで受信できない・外部からのメール受信に制限をする設定をしているなどの可能性があります。ご確認いただくか、別のアドレスで再登録していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。無料のメルマガ講座のお知らせ↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/

  • 29Jul
    • 遠隔転移後の治療(嬉しかったお見舞いは...)

      こんにちは。田口です。両側乳癌術後、遠隔転移の話。癌とわかって、手術入院、手術入院を繰り返していたときも、転移癌とわかって、不安でどうしようもないと思っていたときも、嬉しいことにいろんな方から、お見舞いをもらいました。癌になって一番嬉しかったお見舞いは、しばらく会ってなかった友達に会えたこと。やっぱり「癌」って聞くと、飛んできてくれて、「普段はなかなか外出できないけど来た」とか言いながら、ほんとに何年振りかで話をすることができたのが、一番嬉しかったことです。そして、手紙。手書きのカードをくれた人もいるし、何人かの人のメッセージを集めて、プリントして送ってくれた人もいた。普段はメールとかLINEとかだけど、こんなときは手紙が嬉しい。その人が選んだ言葉が、ひとつひとつ心に響いてくるのです。一度読んでも、また開けたりして、何度も読み返しました。もし、あなたの友達が病気になって、お見舞いを送ろうかなと思うなら、ぜひ、手紙を添えてね。心のこもった言葉、それが一番嬉しいお見舞いなのです。田口さつき(おまけ)※「メルマガ登録したのに届かないよ~」という方が、若干いらっしゃると思います。なんとかお届けできるように、送り方を工夫しているのですが、それでもダメな方がちょっとだけいらっしゃるので、「どうしても届かない!」方は、・メールボックスがいっぱいで受信できない・外部からのメール受信に制限をする設定をしているなどの可能性があります。ご確認いただくか、別のアドレスで再登録していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。無料のメルマガ講座のお知らせ↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/

  • 26Jul
    • プロセスを楽しむには

      こんにちは。田口です。ここのところ、データベースの作成みたいな仕事を依頼されることがあり、私はセラピストではあるのですが、PC周りのお仕事もしていまして、そんなご依頼を受けたときの話です。複数あるデータのファイルから、一定の条件のデータを抽出して統合するような作業なんですが、それが、結構、楽しいんです。ふふふ。最初に、どういうデータベースにするかという設計段階では、ちょっと「うーん」と考えましたが、データの抽出作業に入ったら、それはもう何かができあがるのを楽しむ時間となりました。この仕事を私に頼んだ人は、「誰でもすぐ使えるデータベースを構築したい」「その作業はやろうと思えば自分でもできないことはない」「忙しくてやっている暇がない」というような理由で、私に作業を頼んだわけなんですけど、頼まれた私は、作業するのが楽しくて、「こんな楽しいこと、どうして他人に頼むのかな?」と、思いながら作業していました。なんだか、この仕事を通して感じたのは、「やろうと思えばできるけど、手がつけられない」というのには、どこか、「時間が無い」というのとは違う理由があるんじゃないかなということなんです。人によって違うと思うけれど、たとえば、「こんな仕事は、自分がやるような仕事じゃない。もっと下っ端がやるべきだ」とか、「できあがり完成形のイメージはあるけれども、それをどうやって構築するのか、作業のプロセスはよくわからない」とか、「自分の今持っているスキルではできないような気がするが、それを表立って言いたくない」とかなんとか、まあいろいろ理由があると思うんです。もちろん、自分にできないことを誰かにやってもらうというのは、悪いことじゃない。コンビニで売っている菓子パンひとつだって、小麦を育てるところから考えたら、とても自分一人で作れるようなものじゃないんだから、それはいいの。でも、「やろうと思えばできる」と言いながら、自分でやらないのは、最後までできるかどうかわからないことへの恐れなんじゃないかなと思うのです。「できると思ったけど、ここはよくわからなかったから、誰か助けて」って言えばいいだけなのに、自分でなんとかしなくちゃと思うから、全部できないかもしれないことに手がつけられない。そういうことなんじゃないかしら?今の自分に「YES」が言えたら、誰かに助けてもらうことも、途中でわからないことができたりすることも、全然恐くなくなっていくよ。だって、今の自分で精一杯やってもできないことって、誰だってあるんだもの。私なんて、こう言ったらとーっても恥ずかしいけど、自転車にも乗れないし。(恥)できないことなんて山ほどある!と自信を持って言っちゃうよ!(笑)そう。今の自分でいいんだと思えた瞬間、どんなこともプロセスが楽しめるようになるのです。みんな。自分に「YES」と言ってね!田口さつき(おまけ)※「メルマガ登録したのに届かないよ~」という方が、若干いらっしゃると思います。なんとかお届けできるように、送り方を工夫しているのですが、それでもダメな方がちょっとだけいらっしゃるので、「どうしても届かない!」方は、・メールボックスがいっぱいで受信できない・外部からのメール受信に制限をする設定をしているなどの可能性があります。ご確認いただくか、別のアドレスで再登録していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。無料のメルマガ講座のお知らせ↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/

  • 23Jul
    • 遠隔転移後の治療(食事療法は無理だった!)

      こんにちは。田口です。両側乳癌術後、遠隔転移の話。トモセラピーによる放射線治療によって、骨転移の痛みが取れてきたあたりから、「癌をなくす食事療法があるらしい」みたいなことを見つけて、とりあえず、いろいろ試しました。乳癌の人は、乳製品をやめたほうがいいみたいに言われているので、すでに、転移する前から乳製品は、あまり採らないようにしていたのですが、骨転移後は、とにかく何かしなくちゃいられなくなりました。そこで試したのは、ゲルソン療法的なこと。(的というのは、そんなに厳密にはできなかったため)にんじん、りんご、レモンを自分で絞ったジュースを毎日1リットルくらい飲み、プルーンエキスを飲み、塩と肉をやめ、玄米を食べるというもの。ただ、これは、抗がん剤治療が始まる頃、やめることにしました。なぜかというと、塩抜きの食事に耐えられなくなったからです。塩なしの料理を頑張って作ったりもしましたが、おいしくないので食べられないのです。それで、食事療法を始めて1ヶ月で、すごく痩せてしまいました。抗がん剤が始まる頃、こんなに痩せて体力を失うのは、かえってよくないんじゃないか??と思い始め、それで、食事療法は断念しました。それに、いくら癌治療のためとはいえ、この食事をこれから一生続けるのかと思ったら、どう考えても無理!と感じたからです。乳腺外科の主治医にも相談しましたが、「食事療法している方もいらっしゃいますよ」ということで、まあそんなに治療には影響ないのかなという雰囲気。ともあれ、食いしん坊の私には無理だったということです。そんなこんなで、食事療法という選択肢は消えたのでした。田口さつき(おまけ)※「メルマガ登録したのに届かないよ~」という方が、若干いらっしゃると思います。なんとかお届けできるように、送り方を工夫しているのですが、それでもダメな方がちょっとだけいらっしゃるので、「どうしても届かない!」方は、・メールボックスがいっぱいで受信できない・外部からのメール受信に制限をする設定をしているなどの可能性があります。ご確認いただくか、別のアドレスで再登録していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。無料のメルマガ講座のお知らせ↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/

  • 21Jul
    • 好きなことを続けたほうがいい

      こんにちは。田口です。今日は癌治療の話じゃないですが...私はご相談者に会うと、なんだか物語を書きたくなることがありまして、いくつも、短編の物語がたまってきました。これは、ご相談内容をそのまま話にしたのではなくて、ご相談を聴いているうちに、私の無意識が作り出した全く別の物語、ある種の作り話なんです。実際に、ご相談者に聞いていただくこともありますが、ほとんどは書くだけで、誰も見ることがない。たとえば、「グロリアと3人のセラピスト」※に出てくるグロリアさんのビデオを見て書いた物語もあるんです。(※グロリアと3人のセラピストというのは、グロリアさんとロジャース(来談者中心療法)、パールズ(ゲシュタルト療法)、エリス(論理療法)の3人がそれぞれにカウンセリングを行っている様子をビデオに収めたもので、教材として臨床心理の教育現場で使われてきたものです)ともあれ、こうして書いているものを、どこかで発表する場所ってあるのかしら??と思ったら、結構、あるんですね。プロアマ問わず、物語や小説を投稿できるサイトって、いくつかあって、近いうちに、投稿してみようかな~と思ったりしています。最近、本当に思うのは、動けば、いろいろあるってこと。そして、動いてみたとき、たとえ誰からも評価されなかったとしても、好きなら続けるっていうこと。ちょっと評価されないと、「恥ずかしいからやめる!」ってすぐ思っちゃう自分が過去にはいたけど、今は、そういう自分とさよならできているので、ダメ元で頑張るっていうことが、普通にできる。だって、上手くいくまでやるしかないもんね。好きならやっているのがいい。評価される日がくるまで、楽しんでいたらいい。そんな風に思います。田口さつき(おまけ)※「メルマガ登録したのに届かないよ~」という方が、若干いらっしゃると思います。なんとかお届けできるように、送り方を工夫しているのですが、それでもダメな方がちょっとだけいらっしゃるので、「どうしても届かない!」方は、・メールボックスがいっぱいで受信できない・外部からのメール受信に制限をする設定をしているなどの可能性があります。ご確認いただくか、別のアドレスで再登録していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。無料のメルマガ講座のお知らせ↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/

  • 20Jul
    • 遠隔転移後の治療(トモセラピーその③ 痛みがなくなることで生まれる希望)

      こんにちは。田口です。両側乳癌術後、遠隔転移の話。トモセラピーによる放射線治療が始まって、1週間くらいした頃、明らかに痛みがなくなってきていることに気がつきました。診察のとき、先生に「痛くなくなってきました!」と言ったところ、先生からは、「そうですか。でも、痛みがなくなったからといっても、まだ骨が溶けていて空洞になっているところがありますから、激しい運動とかしないでくださいね。特に、ジャンプしたらダメですよ」と言われました。まあ、もともと運動するのが得意じゃないし、そんなの全然だいじょうぶと思っていたので、「はい!わかりました」と、よい返事をしましたが、この時から数ヶ月後、圧迫骨折をしてしまいました。(泣)癌で、骨がもろくなっていたんだと思います。でも、放射線治療で痛みがなくなってから、精神的にものすごく前向きになれたのが一番だったなあと、今、しみじみ思います。骨転移がみつかって夜も眠れないくらい痛かったときは、本当に「死ぬ」ことばかり考えていました。そして、元気な人を見ているのが恨めしくて、一時期、誰とも関わりたくないと思っていました。この「自分がもうすぐ死んでしまうかもしれない」という気持ちは、その場に臨んだことがなければどうにもわかってもらうことはできない。そういうときは、どんな言葉をかけられても、「あなたは元気なんだから、いいよね」みたいな恨み言しか頭に浮かばない。そして、「どうしてこんなことになっちゃったのかな?」と自分を責めながら、もしかしたら、もうすぐ自分がこの世にいなくなってしまうのかもしれないという、言葉に表しようのない不安にかられるのです。でもでもでも痛みがなくなったとき、もしかしたら、何とかなるんじゃないか?そういう気持ちが生まれます。だから、痛みをコントロールすることは、生きる希望を持ち続ける意味でも、本当に大切なことなんだなと、あらためて思うのです。田口さつき(おまけ)※「メルマガ登録したのに届かないよ~」という方が、若干いらっしゃると思います。なんとかお届けできるように、送り方を工夫しているのですが、それでもダメな方がちょっとだけいらっしゃるので、「どうしても届かない!」方は、・メールボックスがいっぱいで受信できない・外部からのメール受信に制限をする設定をしているなどの可能性があります。ご確認いただくか、別のアドレスで再登録していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。無料のメルマガ講座のお知らせ↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/

  • 16Jul
    • 遠隔転移後の治療(トモセラピーその②)

      こんにちは。田口です。両側乳癌術後、遠隔転移の話。今回、いよいよトモセラピーの治療室に入っての話です。事前に検査のためのCTを撮って、体の型を取っていますので、治療室に入ると、台の上には私用の型が置いてあります。そこにそうっと仰向けに乗りまして、治療が始まります。放射線は患部のみに照射することになっていますから、体につけた印と型枠に合うように台に乗らなければならないのですが、治療の最初の頃は、背中が痛かったので、これがちょっとつらかった。ただ、まあ耐えられないほどではありませんから、なんとか我慢しました。手術後の術後療法として放射線照射を受けていた時は、よく、うとうと眠くなってしまって...。眠ってしまうと姿勢が変わってしまうので、やり直しになってしまいます。今回は、眠らないように気をつけながら、台の上でじっとしていました。全体で、20分ほどで治療が終わります。終わると着替えて帰るのですが、痛みがひどくてそのままでは帰れず、治療が終わるとまずは、ロキソニンテープを貼るということが続きました。痛かったけど、濱先生も看護師さんたちも、「放射線治療で痛みはなくなりますよ~」と言ってくださったので、希望を持って通うことができたんです。そして、全10回の半分くらいの照射が終わった頃、痛みは本当になくなったのです!田口さつき(おまけ)※「メルマガ登録したのに届かないよ~」という方が、若干いらっしゃると思います。なんとかお届けできるように、送り方を工夫しているのですが、それでもダメな方がちょっとだけいらっしゃるので、「どうしても届かない!」方は、・メールボックスがいっぱいで受信できない・外部からのメール受信に制限をする設定をしているなどの可能性があります。ご確認いただくか、別のアドレスで再登録していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。無料のメルマガ講座のお知らせ↓「他者と上手く関われない」「人に良い印象をもたれていないように感じる」「正当に評価されていないと思う」そういう自分から解放されて幸福な自分を手に入れるメルマガを書いてます。すぐ読める内容ですが、読んだ方からは、「何度も読み返しています!」「メモにして持ち歩いています」「考え方が変わってすごく気持ちが晴れました」というお声をいただいています。メルマガ講座は無料ですから、ぜひ受け取ってくださいね。こちらのページに登録フォームがあります。↓https://black-thrush.com/muryou/