進撃の巨人~前篇~

テーマ:

高音質・高画質・特大スクリーンという特別上映枠で観てきました。

文句なしの大迫力。臨場感が凄かったです。


ただ・・・。グロイのを忘れていました。tvアニメの時も結構グロイシーンはありましたが、忘れかけていて・・・。目を覆いながらそらしながら観ていました。

あとは性的表現は数か所。これは必要なのかなと少し疑問に思いました。そして必要とするなら視聴制限年齢をR18か…百歩譲ってR15指定にはしたほうがいい気がします。


石原さとみさんの演技は良かったと思います。ハンジっぷりといいますか、はっちゃけ感が今までの石原さんとは180度違って・・・。ふりきった感がありとてもよかったです。

最後のエンドロール、セカオワのANTI-HIROも世界観が合ってて良かったです。


すこーし突っ込みどころがあるものの、全体的には良かったと思います。

後半、楽しみにしています。ヾ(o´∀`o)ノ

AD

ラブライブ

テーマ:

テレビでラブライブを見出す前まで、興味は無かったんですね。正直。アニメを見る習慣もそんなに無かったし。

ですが、勧められて観てみたら・・・面白い!!!毎回楽しくて。応援もしたくなって。

アニメにこういう感情を抱いたのは・・・おそらく初めてです。


テレビで完全ノックアウトされたので、続きが見たいし、行きますよね。映画館。

3回も観てしまった・・・。


泣きました。。゚・(>Д<)・゚。

何でしょう・・・。このアニメ曲も歌も演出もストーリーも全て良いので、なんで泣いたのか分かりませんが、感動しました。テレビの時でも何回か泣いてるので必然な流れだと思いますが・・・。


彼女たちは本当に可愛いし一生懸命だし・・・素敵です。他でも書きましたが、私の中で、μ’sのメンバーは今日本で一番のアイドルだと思っています。

夢や感動を与えてくれる。放っておけなくて共感もできて応援したくなる超可愛いアイドル!


素敵な映画でした。

AD

デイアフター2020

テーマ:

人間のエゴにより北極の氷が粉砕してしまい、異常気象が起こり舞台のイギリスをメインに凍結していく話。

長かったです・・・・(^_^;)1日では観れませんでした。

でもボリューム感があり、壮大でした。もうしわけないですが、前述した映画と比べてしまう。

こちらは丁寧に細部まで作りこまれています。安心して観れました。


それにしても主人公達のサバイバル能力、アウトドアスキルの高さ!!学者も弁護士もクライミングしてるし、セスナ運転出来ちゃうし、懐中電灯分解して火起こしたり・・・。凄いです。

私出来ない・・・。生き残れない・・・。(☍﹏⁰)。


現実でも自然破壊により極地の氷が減っているという話は耳にします。遠い場所の人ごとではなく、先進国の人間としては考えて行動しないといけませんね。

AD

日本沈没

テーマ:

やっと感想が書けます(^_^;)


こっちの前にSSFFの感想書きたかったから・・・。w


さて。地震やら噴火やら地殻変動で連動しちゃって都市機能が次々麻痺していき、甚大な被害が続き、さぁどうします?っというお話。


ここ1年で考えてみてもなんとなく連想しちゃいますね。日本で噴火やら大き目な地震が多いから。

識者の方々は連動じゃないから大丈夫ですっておっしゃってるけど・・・。

本当かなぁ・・・。って思ってます。やっぱなんかしら連動してるのでは・・・?と。

かといって何もできないのでうが・・・。


で、次々連動したらどうなる?っていうのをかなりのスピードでダイナミックに描いたのがこちら。

ちょっとね。色々突っ込みどころはあります。こちらの作品。たまに雑ww

まぁ・・・でも細かい所は目をつぶってみるとまぁまぁかな。


先日の「コスモノート」同様、この作品も潜水艇に1人乗り組んでミッションをするというシーンが。そして通信が途絶える系。もうやだー。こういうの。怖くなっちゃいます。


大地真央さんの演技はさすが。格が違う感じでした。


まったく映画の中だけの話ではない。防災意識を忘れてはいけませんね。

SSFF

テーマ:

先日観たショートショートフィルム映画祭から。忘れない内に・・・(;^_^A ・・・。


アカデミー賞プログラムより

○ダム・キーパー Robert Kondo&Dice Tsutumi監督

たった1人で街を大気汚染から守るためダムを守ってきたがその汚さでいじめられてしまう。そんなキーパーにお友達が?というお話。

数年前?に話題になりましたがその時から観たかった映画。良かったです。

人の愚かさ、愚鈍さ、自分勝手さを見、でも人にある心の優しさも見、心がせつなくなりましたが、温かくもなりました。素晴らしかったです。


ケベック特集より

○盲目の砂漠で Francois Leduc監督

目の悪い2家族の因縁の戦い。

作品に対する情報が入手出来ないので色々もやもやしています。結論的には斬新な良作。

ちょっと衝撃的でした。私には。キャストの方々はいったい・・・。というのがまず大きな疑問。

我々も普段あまり踏み込んではいけない・・・というか暗黙の・・・ゾーンがありますね。そこに踏み込んでいったといいますか・・・。印象に残る作品でした。


フランス映画祭より

○サベージ・ナイト Kristof Sagna監督

寺島しのぶさん海外監督さんの映画初主演作品だそう。姉さんセクスィでした。(笑)

やくざ系の映画です。観てて飽きない映画でした。もう少し続きが観たいw


戦争と生きる力より

○コスモノート Stefan Faldbakken監督

単独宇宙飛行中に地球との連絡が途絶えてしまうという話です。

先ほどの「盲目の砂漠で」に近い印象。上手く表現できませんが怖かったし、不安でした。

長時間閉鎖された狭い空間にいたくない私としては耐えられない。人は極限状態になるとこうなるのかな。というのも印象的でした。


CGANIMATION Bより

○アオハルは突然に 三浦光理監督

少女マンガのシチュエーションに感情移入したカエル目線の物語。

普通に楽に観れて面白かった。ずっと笑ってました。素敵な作品です。続編が観たいです。


○浮雲 助川勇太監督

迷子の雲が主人公の物語。もしも雲に感情があったら。。。という事ですね。

仕草が可愛らしく愛嬌がありました。せつなくもなり微笑ましくもなり観終わった後心が優しくなれるような素敵な作品でした。


SAVE THE EARTHより

○地球の危機!毒スズメバチ男の恐怖! バカリズム監督

極寒の地でヒーローと悪が戦うお話。

まぁ・・・。彼らしいユーモアで面白かったです。


○永遠~とわ~ 森ハヤシ監督

最先端技術で永遠に使えるティッシュペーパーが発売。高いけど1枚あれば家族皆で使えます。という話

斬新な内容だっただけに見入ってましたが、面白く良い作品でした。


ASIA International JAPAN Aより

○Colors of life Kai Xiang Chang監督

染色家を通して日本の色彩について表現しているもの。インタビューが多かったけど、自然の撮り方が綺麗だなぁっと思いました。なんか清流がせせらいでいるような所へ行きたくなりました。

染色家さんたちの心意気も素敵だなと思いました。


○滑走 鉄拳監督

ジェットコースターで浅田真央さんの人生を描いています。

鉄拳さんらしい優しいタッチで、素敵な作品でした。ただ半端ない枚数。5000枚は超えてたはず。凄いですねぇ。

私が世に出ているホラー映画の中で一番怖いと思うもの。=呪怨シリーズ。


最初に観た時は10年位前かな。怖かった。


今回は最新作を見ようと思ってて、その前に前作は・・・と思ったら前作観て無かったので観てみました。


もうねぇ・・・。無理ですよー。怖すぎる。深夜1人で観るものじゃなかった・・・(☍﹏⁰)。


観終わった後、ちょっとした音とか、猫の鳴き声とか、ふすまとかがね・・・。気になります・・・。


とっしーがねぇ・・・。お母さんもヤバかったけど・・・。


エグイ系は元々ダメなんですけど、呪怨らしからぬエグシーンがありまして。。。


猫のシーンとか観てられませんでした。可哀相過ぎて・・・。


クオリティの高いジャパニーズホラーで、とても寒くなりおそらく良い作品の部類だと思います。


ただ怖すぎる。。゚・(>Д<)・゚。


最新作・・・映画館・・・行けるかなぁ。。。

カノ嘘

テーマ:

カノジョは嘘を愛しすぎている


ちょっと気になる点はあるものの、総じていうと楽しい映画でした。

音楽をやってみたくなる。。。


櫻子ちゃんの歌唱力と度胸は凄いですね。あと台詞としぐさが可愛い♡

「一目惚れした・・・です」って・・・(〃▽〃)同性でもキュンってくるぢゃん!(笑)


健君は出来ない事が無いのかなー。昔っから万能だけど・・・。彼が高校生の時ブレイクダンス出来ることに驚いたのを思い出しました。出来るんかいっ!って(笑)


とりあえず隅田川には行きたくなりました。