BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報
  • 12Dec
    • カヌーで不明の男性 沖島で遺体見つかる

      MBSニュースhttps://www.mbs.jp/news/kansainews/20181211/GE000000000000025657.shtml  今月5日、琵琶湖にカヌーで出航したまま行方がわからなくなっていた男性の遺体が滋賀県近江八幡市の沖島で打ち上げられているのが見つかりました。  遺体で見つかったのは大津市の会社員・西村勝彦さん(51)です。警察によりますと10日午前10時20分ごろ、近江八幡市の沖島で釣りをしていた男性が湖岸に打ち上げられた遺体を発見して通報し、その後、家族によって遺体が西村さんであることが確認されたということです。西村さんは今月5日、自宅からカヌーを車に積んで1人で高島市の琵琶湖に向かいましたが夜になっても帰宅しないため家族が通報していました。その後、対岸の近江八幡市の岸でカヌーが見つかっていました。遺体に目立った外傷はないということですが警察は遺体を解剖して死因を調べる方針です。

      NEW!

      11
      テーマ:
    • 12月12日(水)雨のち曇りの1日

      おはようございます。2018/12/12(水)[6:30]雨/中風気温 8/中潮水温 瀬田川 10.8琵琶湖大橋 13.6安曇川沖 14.05点平均水位 -52(国交省データ) 今朝の琵琶湖、野洲の気温は8度。この時間は雨が降っていますが午後には止むようです。ただ徐々に冬型の気圧配置になって北寄りの風が強まるようなので、ボートで釣りをされる予定の方はご注意を。

      NEW!

      20
      テーマ:
  • 10Dec
    • 琵琶湖に異変? 姿消す外来魚、駆除量は去年の4割

      朝日新聞https://www.asahi.com/articles/ASLCX3583LCXPTIL00D.html  ブラックバスやブルーギルをはじめとする琵琶湖の外来魚の駆除量が極度に減っている。7月末時点で前年同期比の4割程度だ。湖の生態系を乱す害魚が少なくなったのか。原因を確かめるため、滋賀県は11月から大規模な生息調査を始めた。 「おらんな、ほんまおらん」  午前0時半。琵琶湖に浮かぶ沖島(滋賀県近江八幡市)の漁港から、漁師の中村幸弘さん(64)の漁船が出航した。目的は外来魚の駆除。暗闇にぽつんと船の照明だけが浮かぶ。  沖合約500メートルで底引き網を投げ入れた。ロープを巻くと、網の中はスジエビがぎっしり。ブルーギルやブラックバス(オオクチバスとコクチバスの総称)は重さ3キロ程度だ。午前4時ごろまでに捕れた外来魚は約20キロ。10年前の多い時と比べると10分の1という。  スジエビは湖に放し、外来魚はケースに入れて島の漁協に持って行く。滋賀県は県漁業協同組合連合会(県漁連)と提携し、外来魚を1キロ330円で買い取っている。買い取られた魚は農作物用の肥料になる。  中村さんは夏場から雪が降るまでの間、週6日駆除のために湖に出ている。10年ほど前までは月60万円を稼ぐこともあったが、今年は十数万円の月もあるという。「おらんな、ほんまおらん。今年は特に少ない。どこにいったんやろうか」  県によると、7月末時点のブルーギルとオオクチバスの駆除量は計34トン。前年同期比で55%少ない。  駆除量の減少は外来魚の8割を占めるブルーギルの影響が大きいと県はみる。ブルーギルは寒くなると動きが落ち、これから駆除量が増えるとは考えにくい。  県は今年度約4千万円を計上し、駆除量の目標を250トンにしていたが、9月に今年度の目標値を85トンに下方修正した。 県「昨年、湖で異変起きたかも」  滋賀県は外来魚の増殖で生じた漁業被害などを改善しようと取り組んできた。外来魚を漁師から買い取る制度を2002年度から本格化させ、03年には釣り上げた外来魚を湖に戻すことを禁じる条例を制定。外来魚を入れる回収ボックスを湖畔の公園などに設けた。  県は湖全体でブルーギルとオオクチバスの生息量を推計している。07年度は2100トン程度だったが、対策の成果もあり、16年度には半減した。それでも今年、漁師が駆除する量の減り方は激しい。県の担当者も首をひねるばかりだ。  県水産試験場によると、4~5月に湖南部の定置網で捕獲されたブルーギルの体長を調べたところ、7センチ程度の1歳魚が大部分を占め、10センチを超える2歳魚以上が極めて少なかった。体重も前年の17・5~31・5%。県水産課の担当者は「昨年湖で異変が起きて、魚が成長できなかったのかもしれない」という。  琵琶湖では近年、外来魚の餌のアユの漁獲量が減少しているが、水産試験場の田口貴史主任技師(31)は「ブルーギルは色んなものを食べるため、直ちに影響があるとは考えづらい」。今年の台風で土砂が湖に流れ込んだ影響や猛暑との関連にも、田口さんは「ならば1歳魚も同じように減るはずだ」という。 水草が謎のカギか  一方、昨年から南湖で水草が減少していることに田口さんは注目する。餌となる在来種が減る中、ブラックバスはブルーギルを捕食する。ブルーギルは水草に隠れて逃げる。「ブルーギルが活動する夏場の水草が昨年も今年も少ない。何らかの関係があるかもしれない」と分析を進めている。  県は琵琶湖全域を対象に、11月上旬から漁師と連携してブルーギルの生息調査を始めた。普段漁師が駆除していないエリアで網を引くなどし、生息状況を確認する。県水産課の担当者は「どこかに固まって生息している可能性もある。本当に減っているのかをしっかり見極めたい」と話している。(山中由睦)      ◇  〈琵琶湖の外来魚〉 ブラックバスの一種オオクチバスが増え始めたのは1970年代後半~80年代前半、ブルーギルが大繁殖したのは90年代前半。ともに北米原産でオオクチバスは全長40~60センチ、ブルーギルは25センチほどになる。稚魚や魚卵などを捕食し、フナやアユなど在来種に大きな被害を与えている。琵琶湖岸の工事で在来種の隠れ場所だったヨシが減少したことが繁殖の一因と考えられている。

      40
      3
      テーマ:
    • 釣りイベント

      ちょっと気が早いですが、2019年の釣りイベント。ジャパンフィッシングショー20191月18日(金) 9:00~13:00 ビジネスタイム 13:00~18:00 一般公開1月19日(土) 9:00~17:00 一般公開1月20日(日) 9:00~17:00 一般公開https://www.fishingshow.jp/フィッシングショーOSAKA 20192月1日(金)[業者商談日]10:00~17:00(一般のお客様は入場出来ません)2月2日(土)[一般公開日] 09:00~17:002月3日(日)[一般公開日] 09:00~17:00https://www.fishing.or.jp/ザ・キープキャスト 20193月9日日(土)・10日(日) 9:00 ~ 17:00 (両日)https://www.thekeepcast.com/

      5
      テーマ:
    • 冬の美しい琵琶湖

      モギハノンこと舞木(もうぎ)プロが写真を送ってくださいました。比良山系は今日も雪化粧しています。

      18
      テーマ:
    • 3本 8,900gで優勝

      ご投稿いただきましたありがとうございますそして、おめでとうございまっす12月9日(日)三宅さん、山本さん南湖 下物浚渫 メタルバイブ55up×5本、50up×5本、45up×10本今日はマリーナのトーナメントで優勝することができました!ようやく魚がかたまり出しましたね。

      11
      1
      テーマ:
    • 12月10日(月)今日は穏やかになりそう

      2018/12/10(月)[06:30]曇り/弱風気温 4/中潮水温 瀬田川 11.4琵琶湖大橋 14.0安曇川沖 14.35点平均水位 -52おはようございます。8日ごろから一気に冬っぽくなりましたけど、今日は風がおさまって穏やかになるような予報が出ています。ちょっと一息つけますかね・・・・寒さにへこたれている皆様なすび君に癒されてくださいww

      9
      テーマ:
  • 09Dec
    • なかなかの吹きっぷり

      今日の琵琶湖は南西~西の風が1日を通して吹きました。予報では明日もスッキリしない曇り空ながら、風は落ち着くようです。

      22
      テーマ:
    • BRUSH最初のYouTube動画

      BRUSHでYouTube動画をやりはじめてどれぐらい経つのだろう?という事で過去をさかのぼってみると、記念すべき1本目の動画は下野正希プロのDVD告知動画でした。この動画は2007年10月に公開しているので今から11年も前の事になります。BRUSHでは、これより以前はレンタルサーバー内に動画ファイルを置いてメディアプレイヤー等の再生ソフトで視聴する方式でしたが、今のように動画に対応した大容量のレンタルサーバーは無く(あっても超高額)公開して数分でアクセス集中(と言っても数十名~百数十名だと思う)でサーバーがパンクして動画が見れないという状況が続きました。そこで色々と模索した結果、当時サービスが始まって間もないYouTubeを知り、こちらで公開するようになりました。ただ当時のYouTubeは今のように多くの人に認知されているようなものでは無く、海外のアヤシイ動画投稿サイトという感じで正直不安でした 笑。視聴者さんからも「YouTubeって怪し過ぎて怖くて見れない」という声も多数あったのは懐かしい思い出。

      10
      テーマ:
    • 比良山系でも冠雪

      今日は蓬莱山など比良山系の冠雪が平地からでも確認できました。まだ真っ白!という感じではないですが。湖北では平地でも初雪が降ったようなので、いよいよ冬ですね。

      20
      テーマ:
    • 湖北で初雪

      ファイブオーシャンさんのブログによると、湖北で初雪が降ったようです。

      12
      テーマ:
    • 12月9日(日)早朝の気温は3度

      おはようございます。2018/12/09(日)[6:30]曇り/中風気温 3/中潮水温 瀬田川 12.1琵琶湖大橋 14.1安曇川沖 14.45点平均水位 -52(国交省データ)今朝の琵琶湖、野洲の気温は3度とかなり寒くなっています。予報では日中は場所によっては雨やミゾレが降りやすく西~北寄りの風が強く吹くようです。琵琶湖へお越しの際は完全防寒で。

      5
      テーマ:
  • 08Dec
    • ついに平地で雪マーク

      明日の予報を見ると、堅田周辺でついに雪マーク出現。積るような雪ではないと思いますが、いよいよ冬ですね~。ウェザーニュースhttp://weathernews.jp

      24
      テーマ:
    • 琵琶湖、この一週間の傾向@12月8日版

      この一週間の琵琶湖、昨日7日まではこの季節にしては比較的暖かい日が続いていましたが、今日8日は早朝の気温が野洲で5度と、この時期らしい寒さになりました。今週は雨も降りましたが水位が大幅に戻るほどの雨量にはならず、今日8日朝の時点での水位はマイナス53cm、放流量は78tとなっています。今週は2~3度ほど水温が上がった日もあり、その影響かシャッドやライトリグ、メタルバイブで30クラスまでのサイズの数釣りをされたアングラーも多くいました。強風による底荒れ、雨による河川からの濁りが影響したのかもしれません。釣果に関しては大きな変化はありませんが、南湖ではバイブレーション、ミノー、メタルバイブなどの巻物、ボトム系ではジグ、テキサス、ライトリグなどで釣れています。北湖ではシャッド、ミノー、ビッグベイト、ノーシンカーI字引きなどの横の釣りからジグやライトリグでのボトムの釣りで釣果が出ています。これからの時期は強風が吹く日が多くなります。特に北湖は一旦吹き始めるとものの数分で激荒れになる事も珍しくないので釣行前の予報の確認、当日の天候変化を常に気にして、早め早めの行動をお願いします。

      17
      テーマ:
    • 魚探の進化が止まりませんけど!

      魚探の進化が止まりませんね!すごいな~と思いつつ、遠くから眺めていると、最新魚探を導入したからって確実に釣果があがるかというと、全然そんなこと無いんですよ。ごく一部に有効に活用できている人が居ますけど、ほとんどの方の釣果は変わってないように見受けられます(汗)GPSだけは多くの方に有効かな~って印象です。最新技術、最新タックルは魅力的だし面白いし、それを否定してるわけではないんですけど、膨大な設備投資をして結果につながらないと、反動でバス釣りに冷めちゃう人が居そうで少し心配です。(大きなお世話だなww)南湖で確実に釣果を上げる事で有名なプロ達も、実は古い魚探を使っている人が多いのです。重ねて言いますけど、最新魚探を否定しているわけではないですからね。(笑)ただ、私が30年ほど前に琵琶湖でボートフィッシングを始めてから今まで、ボートや魚探が新しく高性能になったからって、釣果が上がった人はごくわずかです(爆)なので、自分の魚探が古いから釣れないんだ・・・・なんて思ってる方、安心してください!そんな事ないですからね。手漕ぎゴムボートやエンジンも無い船で、アンカーを入れて沢山釣ってる人ってたくさんいますしね~釣りは、やっぱりフィールドに出て、自分なりの試行錯誤を楽しんでナンボのように思いま~っす。

      20
      テーマ:
    • 12月8日(土)朝から強風

      おはようございます。2018/12/08(土)[6:30]薄曇り/強風気温 5/大潮水温 瀬田川 13.5琵琶湖大橋 14.8安曇川沖 14.75点平均水位 -52(国交省データ) 今朝の琵琶湖、野洲の気温は5度。この時間は南西寄りの風が強く吹いています。予報では日中は雲が広がり、最高気温も10度を下回るこの時期らしい1日になりそう。1日を通して風が強く吹くようなので、特にボートで釣りをされる予定の方はご注意を。

      11
      テーマ:
  • 07Dec
    • ハス群落「早期再生は困難」 滋賀、実験結果を発表

      京都新聞よりhttps://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20181206000171 草津市は6日、烏丸半島東側の赤野井湾で行ったハス群落の再生に向けた実証実験の結果を発表した。移植した地下茎は育たず「早期のハス群落の再生は困難である」とした一方、土壌のメタンガス濃度が大幅に減少するなど環境の改善が確認された。  実験は大学教員らでつくる「滋賀自然環境研究会」(代表・小林圭介滋賀県立大名誉教授)に市が委託。同湾に4カ所の区画を設け、周辺で採取した地下茎30本を移植、9月まで生育状況を調べた。  流域の水田の土を入れるなど土質を改良した1カ所では発芽したが、葉や花は付かなかった。3カ所は発芽さえ確認できなかった。別に鉢で育てた地下茎は開花しており、「咲く力が失われた訳ではない」(市環境政策課)という。  土壌の調査では、1年前と比べて同湾全体の環境が改善しつつあることが分かった。ハス群落が消失した要因とされるメタンガス濃度が約4分の1まで減少した箇所があり、ハスの生育に適した粘土層が増えている箇所も多かった。同じく一因とされるハスの枯れ葉などの堆積物は同程度残っていた。  同課は「原因は分からないが、土壌はいい方向に向かっている。今後も自然の回復の動向を注視したい」とする。

      21
      テーマ:
    • エリ漁スタート、引き波注意ですね!

      琵琶湖でのアユ漁が始まったそうです。エリ(定置網)のそばに漁船が居て作業をされているようでしたら、できるだけ近づかず、引き波で迷惑を掛けないようにしましょうね。

      9
      1
      テーマ:



BRUSH 琵琶湖情報

このBLOGのQRコード
BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング 情報 アメブロ版

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

月別

一覧を見る

プロフィール

brush

性別:
男性
お住まいの地域:
滋賀県
自己紹介:
【プロフィール】 2005年3月設立 BRUSH(ブラッシュ) 琵琶湖バスフィッシング情報 http...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス