三楽 ~居酒屋@三島~ 静岡おいしいもん!!! | 静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー
2010年06月30日

三楽 ~居酒屋@三島~ 静岡おいしいもん!!!

テーマ:居酒屋
“広小路に安くておいしい焼鳥屋さんがある。”
と聞きつけて何度か足を運んだものの、三島の御多分に漏れず日曜日が定休日であることに加え、営業時間も16:30~22:00と早く、いつ行っても満席で入れなかった店。

三度目の正直・・・と訪れたのは雨の平日19:00。
カウンター席の他にテーブル席が3つ、掘りごたつの座敷席が4つ。その奥には個室が一部屋あり、焼鳥屋さんにしては想像以上に広く感じた。全体的に木をふんだんに使った造りで温かみがあり、引き戸を開けて店内に入った途端、ほっこりした気分にさせてくれる。
19:00の段階では半分程の客の入りだったものの、その後続々とスーツ姿のサラリーマンが一人、、、また一人、、、と増えて19:30頃には既に満席。この店にとっては、雨だから、、、とか平日だから、、、というのは、関係なさそうだ。
満席のお客さんの中を店員さんが料理を運んできたタイミングを狙って注文をする。人の喧噪のなか、慣れないと声を掛けるのがなかなか難しいのだが、この活気溢れる店内の雰囲気が妙に楽しかったりする。
付き出しのかぶ(?)の浅漬けを食べながら、生ビールと熱燗でまずは乾杯。

静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー-261.かぶ    静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー-261.酒

後で知ったのだが、こちらの付き出しはおかみさんの手作りで無料なのだとか。漬け加減が絶妙で、箸置きに
は最高。


静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー-261.サラダ    静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー-261.tomato

こちらは、サラダ(2人前)\650と冷やしトマト\250。
サラダは思っていた以上にたっぷり。マヨネーズが添えられているが、ツナの味付けだけで十分おいしい。
中央に陣取った玉子サラダが秀逸。交じりっ気なしの茹で玉子だけを使った素朴な味が三楽の雰囲気とあって
いて好き。

お待ちかねの焼き鳥。

静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー-261.やきとり1

                         左から、かしら、なん骨。

静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー-261.やきとり2

                         こちらも左から、シロ、レバ。

シロ、レバ、ハツ、砂肝、タン、カシラ、なん骨、鳥皮、鳥肉、精肉、つくねの串焼きは、み~んな1本\100。
\100と考えるとついつい次々に注文したくなってしまう。そして、一番大事なことなのだが、1本\100なのにどれも手を抜いていないおいしさ。焼き加減と言い、塩加減と言い、大満足の味。
特に、私が気に入ったのは、なん骨とカシラ。
なん骨は、コリコリとした食感はもちろん女性に嬉しいコラーゲンがたっぷり。ま~るい形も可愛らしい。
そして、カシラ。こちらは肉質も上質なのだが、焼き加減が絶妙で、こんなに柔らかいカシラを食べたのは初めて。
さて、次はちょっぴりお値段高めの串焼きを。


静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー-261.じゃが    静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー-261.手羽先

じゃがいも\150と手羽先(二切れ)\200。
じゃがいもは丸ごと皮つきのまま串焼きされたもの。バターが添えられているため、じゃがバタにもなる。
黒い焦げ目と香ばしい香りが食欲をそそる。これで\150ってところも嬉しい限り。
手羽先は塩味のみなのだが、焼きたてを“ハフハフ~”と食べるのも楽しい。


静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー-261.おにぎり

〆のおにぎり\300。
表面はほんのり塩味。しゃけと梅の二種。〆の一品としてはさっぱりとおいしい。

串焼きは基本\100。高めの串焼きといっても、\150、\200。
おいしくお腹いっぱい頂いても一人\3,000もあればお釣りがくるというコストパフォーマンスの高さからみても、人気のあることが頷ける。
三島で見つけたおいしい焼鳥屋さん、三楽。何度も足を運びたい大好きなお店だ。


written by
f1

三楽
静岡県三島市広小路町1-19
TEL:055-972-3737
URL:なし
営業時間:16:30~22:00
定休日:日曜日
平均予算:3,000円
総合評価:star4
味の評価:star4
雰囲気:star4
サービス:star3
コストパフォーマンス:star5

ランキングバナー
←どうぞ、よろしく。

WI WIREDiCONの詳細情報については、こちらのページ をご覧下さい。

ペタしてね

bitsbitsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ