ナチュレナチュール ~スイーツ@清水町~ 静岡おいしいもん!!! | 静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー
2010年03月24日

ナチュレナチュール ~スイーツ@清水町~ 静岡おいしいもん!!!

テーマ:スイーツ
清水町の杉山バラ園の入口に建つ、可愛らしい建物と何とも愛くるしいフレンチブルドッグのロゴが目印の店。といっても、いつも車がいっぱいなので、探すまでもない。
2006年にTVチャンピオン2ケーキ職人選手権に優勝したことで、一躍有名になったケーキ店、ナチュレナチュール。
優勝当時は、今以上に混雑しており、駐車場待ち→店内待ちは当たり前、場合によっては、売り切れてしまって閉店なんてこともままあったため、行ってみないと買えるかどうかわからない・・・という店でもあった。
今も混雑は変わりないが、買えないということはなくなったようだ。

さて、季節は春!ということもあって、店内のショーケースの中のケーキたちも色鮮やか。
ピンクに赤に・・・おもちゃ箱のようで、見ているだけでウキウキと笑顔になる。この中から選ばなければならないというのは、スイーツ好きには酷な作業である。

さて、スイーツの基本中の基本は、何といってもショートケーキであろう。
これが美味しくなければ、推して知るべし。
これが、今回のスイーツ調査の原点と考え、ぶれない評価を目指していきたい。


静岡おいしいもん!!! 三島グルメツアー-163.ショートケーキ

では、その基本中の基本であるショートケーキ(\380)から。

冬・春限定で紅ほっぺを贅沢に使ったいちごのショートケーキ。
何といっても甘すぎない生クリームとスポンジが、店の名前の通り、自然な味わいで、最初にナチュレナチュールのケーキを食べた時と同じ喜びを与えてくれるケーキだ。
ショートケーキだったら、シェ・イリエとナチュレナチュール、甲乙つけ難い美味しさである。

お次は、ナチュレナチュール一番人気商品という、パリパリシュークリーム(\180)

静岡おいしいもん!!! 三島グルメツアー-163.シュークリーム

名前の通り、柔らかなシュー生地ではなく、パリパリのパイ生地を使っており、その中にカスタードクリームがたっぷりと入っている。
大きな口をあいてかぶりつても、クリームがどっしりとしているため、こぼれることはない。そして、どっしりと濃厚なクリームなのに、サクサク、パリパリの皮の軽さと調和すると、決してしつこく感じないのだ。
まさに、一番人気と言われる商品だけある。一個と言わず、何個でも食べたくなる味

ここからは季節のケーキ

静岡おいしいもん!!! 三島グルメツアー-163.さくら

ナチュレロール さくら(\280)
ほんのり桜色に焼きあげられたスポンジの中には生クリームと大納言。そして、ロールケーキの上には、塩漬けの桜の花が添えられている。
まだ発売されて間もないようで、店頭で試食した一口サイズの味に惚れて思わず買ってしまったもの。
一切れとなると、たっぷりとした生クリームのボリュームが少々重いと感じてしまうが、ちょうど桜の開花時期の今。ロールケーキ一本でも販売されているため、入学のお祝いには打ってつけのケーキとしてお薦めだ。

こちらは、アンジェリック(\450)

静岡おいしいもん!!! 三島グルメツアー-163.ケーキ

ホワイトチョコレートでコーティングされた三角形のムース
予想に反して、コーティングされたチョコは溶けてしまう程の柔らかさ。真中にはラズベリーのソースが入っていて、外側の甘さと酸味が調和して、不思議な味わい。
ただし、かなり濃厚な甘さなので、ご注意を。

そして最後に、マカロンフレーズ(\380)
目に鮮やかで、一目ぼれした一品。


静岡おいしいもん!!! 三島グルメツアー-163.マカロン

きれいでかわいすぎて、お皿に乗せて写真を撮るところまでは良かったのだが、、、いざ食べようとすると、どうやって食べていいのか難しい。
フォークで上から崩していいものなのか・・・でもマカロンは固いし、、、上のマカロンを手にとって、、、
と、マカロンって熱に弱いんですよね。
手にとって食べようとした途端に、ハラハラとこぼれ落ちて、、、食べ方が難しい。
マカロンを外すと、そこにはディプロマットクリームがぎっしり。
カスタードに、生クリームをざっくり混ぜ込んむことで、ふわトロな感触を楽しめるクリームということだが、こちらは、ふわトロというよりもどっしりと濃厚。マカロンの甘さと重なって甘さが倍増。
こちらのケーキは見て楽しむケーキのようだ。

基本的なケーキは、いつ行っても同じ質を保った美味しさを楽しめるし、季節ごとにパティシエの新作のケーキを眼でも舌でも楽しませてくれるナチュレナチュール。
いつでもこの店のケーキを楽しめる場所に住んでいることは、とてつもない幸せなのかもしれない。

メディアに取り上げられることも多い店でもあるが、味を落とすことなく、日本中に知られるようなお店になって欲しいと、地元ファンの一人として、応援し続けたい店でもある。


written by
f1

ナチュレナチュール
静岡県駿東郡清水町堂庭199-18
TEL:055-971-3110
URL:http://www.n-nature.jp/index.html
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日・第3火曜日
平均予算:1,500円
総合評価:star4
味の評価:star4
雰囲気:star4
サービス:star4
コストパフォーマンス:star4

ランキングバナー
←どうぞ、よろしく。

WIWIREDiCONの詳細情報については、こちらのページをご覧下さい。

ペタしてね



bitsbitsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ