麺まるい ~ラーメン@三島~ 静岡おいしいもん!!! | 静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー

麺まるい ~ラーメン@三島~ 静岡おいしいもん!!!

とうとう行ってきました!麺まるい!
飲食店には珍しく、日曜定休スープが無くなり次第閉店祝祭日も結構休み。開いているかと思えば、店の前に行列という、客泣かせのラーメン店
それにもかかわらず、ネット上での“麺まるい”の評価は非常に高い。
この地域は静岡県東部の中でも、ラーメン激戦区メラメラといわれる地域であり、お隣は静岡ラーメンランキングの上位に常に名前が挙がるラーメン店“鈴福”、国道136号線をはさんだ反対側には、“田ぶし”“藤堂”といった人気店が並んでいる。
この激戦区メラメラの中で、店になかなか入ることができないことに付け加え、ネットではない本当の口コミ評価の高さからも私の中ではいつしか食べることのできない“まぼろしのラーメン”として想像だけが大きく膨らんでいた店でもある。

時はお盆休みの真っただ中。まず開いてはいないだろう、、、と店の前を通ったところ、何と運の良いことか店が開いている!そして店の前の駐車場もOK。外から見える行列も2~3人。真夏日であろうがもう、行くしかないでしょう。

店内はカウンター席10席。そして待ち人は私達を入れて8人程。炎天下の中、汗を拭き拭き待っていると前の人からメニューが回ってきた。親切だな~とのんびりメニューを見ていたら然に非ず。
この店の人気メニュー“つけ麺”は、茹で時間が10分程かかるとのことで、並んでいる間に注文を取って、麺のゆで加減を調節していくとのこと。
人気メニューということもあって、ほとんどのお客さんがつけ麺を注文していた。

147.menu2
147.menu

私も“つけ麺”と定番の“醤油ラーメン”+煮玉子を注文。
ここから席が空くまで10分程。暑さとの戦いだ。店に入れば、席に着けばクーラーがあるはず。もうしばらくの我慢!
と思いつつやっと席に着いたところ、本当の戦いはここからだということを知ったのであった。
この日の静岡地方の天気は、これぞ真夏!という晴天。時刻は昼時。気温は気象庁の発表では35℃
ひっきりなしに麺を茹でる大鍋が、グツグツと煮えたぎっている店内には、、、クーラーがない
カウンター席に座ったお客さんは、目の前のラーメンを黙々と食べている。つけ麺が大半を占めてはいるものの、皆、大粒の汗をかきながら、ただ黙々とラーメンを食べることに集中している。BGMは、ラジオから流れるオリンピック中継と国道を走る車の音。この日だけなのであろうか、一人で来ているお客さんが多いのも特徴の一つと言えそうだ。会話を楽しむのではなく、ラーメンを食べること、ただそのことだけに没頭しているような、とにかく不思議な空間である。

147.つけダレ
147.つけ麺

さあ、つけ麺の登場です。
なんとこの麺、普通盛で240g。ラーメン丼いっぱいの麺は、まるでうどんかと思えるほどの太麺で、プリプリと透き通るように白い。付けダレは、家系の典型ともいえる濃厚なスープ。魚介系のダシで、スープの表面には魚粉が浮かび、カツオの香りが食欲をそそる。またこの付けダレ、箸を入れると大きめに切られたたっぷりの根深ネギ、短冊に切られた大ぶりのチャーシューにメンマと思いのほか具だくさんなのだ。このままだと少し味が濃いのだが、うどんのような太麺に絡ませて食べると、何とも言えない美味である。付けダレはラーメンなのだが、食べすすめていくうちに、ラーメンを食べているのかうどんを食べているのかわからなくなるくらい、さっぱりとしたつけ麺である。人気の所以に納得できる味である。麺を食べ終わった段階で、付けダレの器を差し出すと、スープで薄めてくれるサービスもあり、最後の一滴までスープを堪能することができる。が、、、何せ普通盛で240gの麺。麺を食べきるだけでも私には精一杯で、スープを飲みきるところまではできなかった。
147.ラーメン
つけ麺に遅れること、2~3分で登場したのが、醤油ラーメン+煮玉子
こちらもこの店の売りでもある、太麺。スープの色からも家系の濃厚さがうかがえる。
大きく切られたチャーシューは絶品。つけ麺の付けダレの時にも感じたことだが、スープの温度がとっても熱いため、一口口をつけただけで、大粒の汗が流れ出す。おいしいと口をつけると汗が出る。暑さとの戦いである。“暑いときには暑いものを”とは言うものの、全身の毛穴から汗を出しながら食べるラーメンが乙だとは言えない。

私はカウンター席のちょうど真ん中あたりで食べていたのだが、一番奥の席に座っていたお客さんが温かいラーメンを注文したところ、店員さんが「ラーメンを食べるなら、こっちの方が少しはいいよ。」と言って私の隣の席に移動させていた。つまり、、、もっと暑い席があるということか、、、

初めて訪れたため、ラーメンの味を味わうというよりもとにかくあの暑さに驚いてしまった私だが、全てを知って通い続ける常連客で溢れる店内。私が帰る時にも待ち客で賑わっていた。恐るべし、麺まるい。


written by
f1

麺まるい
静岡県三島市安久37-6
TEL:055-982-1661
URL:なし
営業時間:11:15~14:30 17:00~21:00
定休日:木曜・日曜日
平均予算:1,000円
総合評価:star3
味の評価:star3
雰囲気:star3
サービス:star2
コストパフォーマンス:star3


ランキングバナー
←どうぞ、よろしく。

WI WIREDiCONの詳細情報については、こちらのページ をご覧下さい。