GiGi (ジジ) ~ステーキ@沼津~ 静岡おいしいもん!!! | 静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー
2008年05月23日

GiGi (ジジ) ~ステーキ@沼津~ 静岡おいしいもん!!!

テーマ:ステーキ
立地は、沼津駅から2km近くあるため、飲むことを考えるとアプローチ手段はタクシーしかない。
近くに大きな通りや数件の飲食店があるが、直近は道から入り込んで少し暗い感じ。店構えは、ちょっとカウボーイスタイルのステーキハウスといった感じ。
20.外観
扉を開けるとすぐに、大きめの鉄板のカウンターが一つと、奥にテーブルが一つ。ご夫婦でやられているようで、雰囲気は非常にフランク。この日は、他に客もいなくて、和やかな感じで話かけてくるのだが、高飛車な感じが全然なくてとてもよい。
20.ワイン

お酒

ワインリストは、写真付き。赤ワインはカベルネ種のものが多い中、Crozes Hermitage(クローズエルミタージュ)があるのが、眼を惹いた。
ボルドーではなく、何ゆえにブルゴーニュワインなのかとふと考える。ブルゴーニュワインは、ボルドーのような等級を見て判断できないので選択が難しいが、Crozes Hermitageもその典型的な例である。
ローヌ北部を代表するシラー・ワインだが、記憶をたどると今日のステーキにとても合いそうで食欲もでてきたので、その名前の誘惑に負けて注文した。
見せてほしいといったら、料理カウンターの後ろの棚に常温で埃をかぶっている状態。少し嫌な予感もしたが、案の定給仕をしてくれるご婦人には、開け方やテイスティングなどに関して何ら知識はなく、自分(手酌)でテイスティングをする羽目に…。



20.チーズ
味は、一口目は、やはり常温保存らしき味がしたのだが、空気と溶け合うにつれて、尻上がりというか、突然、眠りから目覚めたように貫禄が出てきて、非常に良い感じになった。
コクもあり、肉の味を引き立てるのにはとても良い仕事をしてくれた。給仕のご夫人は、おそらくメニューにはないはずの、特別サービスであろうオードブルを「ワインに合うから」といいながら出してくれたが、パンに乗せたチーズもとても上質なもののようだった。




食事
コースはいたってノーマルでシンプル。スープのあとに、サラダ、そして、シェフが肉と野菜を焼いてくれる。チョイスは、スープをポタージュにするかコンソメにするか、と、ライス、パンの選択。ガーリックライスの選択もできる。肉は、(和牛、特選和牛)×(サーロイン、ヒレ)からチョイスする。

20.スープ
20.スープ2
スープ

スープはいたってオーソドックス。パセリの乗ったポタージュは下ごしらえの行き届いた味で、ホテルブランドのような味である。コンソメは見た目が濃厚で油っぽいのだけど、これも時間をかけたように見える。
20.食材

食材

野菜は、すこし量が少なめだが、これも素材を厳選したもののようだ。特選和牛の肉は、確か、佐賀産といっていた気がしたのだが、いわゆる霜降りで見ただけで食欲がわく。






20.野菜
野菜

野菜は、素材を生かしつつ、よく火が通っていた。食べるときに、少し熱過ぎるのが気になったが、素材の味に食欲は進む。なかでも、たまねぎは、臭みがなくて新鮮でかむと甘く、非常に美味しかった







20.肉

肉料理

大きめに切った肉は、申し分なく素材の持ち味を出しており、少し脂っこいもの気にはならず、大変食が進んだ。サラダも素材、ドレッシングを含めて申し分ない。
一つだけ気になったのは、ガーリックライス
調理の担当は何故かシェフでなく、奥さんの方。味が濃すぎる上に早くよそってもらったために十分に水分が飛んでいない。結果、美味しいのだけど度を過ぎて濃すぎる味だった。薄味でもう少しパリッとするまで焼いてもらうようにお願いするか、白いご飯の選択を勧めたい。

20.肉2


デザート

デザートもまったく、シンプル。飲み物かアイス(バニラかカシスのシャーベット)の選択。
バニラアイスは、まあ、市販の少し良いものといった感じの味だった。












全体を通して、いえることは,
材料に拘って厳選した高級なものを使っていて、老シェフには、長年の勘と経験からその素材を生かす力があるということ。もし、これと同じ素材を都心のホテルで食べようものなら2倍、3倍の値段は平気でするだろうから、その意味でのコストパフォーマンスは高い
ただし、個人経営で、ワインの保管方法、開栓の仕方、給仕の仕方とか、そういう食事に付帯するサービスで、いつもあって当然と思っているものは全くといっていいほど皆無なので、その辺を割り切って行くのがよいと思う。もし、飲み物を拘るなら、予め電話して有償でワインの持ち込みをお願いする手もあるのだろう。ただ、ワインも仕入れに拘った風があり、少し常温で悪くなっていても、今回のように思わぬ掘り出し物に遭遇する期待もある。

駅から遠いのにも難があるが、慣れたらどんどんこちらの要望も聞いてくれそうだし、店側がお客を威圧しないのが何より落ち着いて食べられる。高級素材の「家庭料理店」として、また訪れたい店の一つである。

written by
m1


GiGI (ジジ)
静岡県沼津市下香貫上障子370-1
TEL:055-932-3986
URL:http://www.steak-gigi.com/
営業時間:昼)11:30~14:00 夜)17:00~22:00
定休日:火曜日 平日・休日ともにランチ営業あり
平均予算:昼)950円~2,000円 夜)6,000円~8,500円
総合評価:star4
味の評価:star4
雰囲気:star4
サービス:star4
コストパフォーマンス:star3

ランキングバナー
←どうぞ、よろしく。

WIWIREDiCONの詳細情報については、こちらのページをご覧下さい。

bitsbitsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ