布久べ ~和食@三島~ 静岡おいしいもん!!! | 静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー
2008年05月10日

布久べ ~和食@三島~ 静岡おいしいもん!!!

テーマ:和食
ふぐ料理専門店布久べは電業社三島工場の東側に位置し、伊豆箱根鉄道三島広小路駅から歩いて10分程。交通の便が良いとは言い難い場所であるが、いつ来ても、客が多い店である。
玄関はふぐ料理店ならではの高級料理店のイメージを彷彿とさせる。風情があって、私は好きである。

41.看板
41.入口
玄関の引き戸を開けると、有名どころの焼酎が所狭しと並んでいる。しゃぶしゃぶなどの肉料理を出す店でもあるため、ワインの種類も豊富で、酒飲みにはたまらない。

41.酒

カウンター4席の他は、座敷を人数に合わせて区切っての使用となる。我々も座敷に通された。座敷に上がり、胡坐をかき、あつあつのおしぼりを手にすると、日本人だなあと、つくづく実感してしまう。思っていた以上に落ち着いた食事が楽しめそうである。ただし、隣で宴会をしている客の声がつつぬけで、少々興ざめ。

まず最初に、先付(お通し)が運ばれてきた。料理は7,200円のふぐコースを事前に注文している。
さすが、お通しもひと味違う。小鉢に盛られたまぐろの納豆和え。納豆好きにも酒好きにもたまらない一品。
41.つき出し
続いて大きな皿に盛られた、ふぐ刺しの登場。
目の前に置かれると、やはり圧巻。年に一度食べるかどうかのふぐである。眺めているだけで、微笑んでしまう。これをもみじおろし、わけぎ、ポン酢で頂く。白身魚の淡白な味わいながら、ふぐならではの歯ごたえが、なんともたまらない。酒の肴としても申し分のない珍味である。

41.から揚げ
次に運ばれてきたのが、ふぐの唐揚げ

カボス
を絞って頂く。鳥の唐揚げよりもさっぱりしているが、魚だけあって小骨が多いのが許せない。私のように不精な人間には、骨を取りながら食べるのが、結構しんどい。







41.鍋

次は、いよいよ本日のメインディッシュ、ふぐちり鍋だ。

ふぐのアラでとった出し汁が入った土鍋がセッティングされ、コンロの脇には、ふぐちり用の具材が大皿に乗せられ、準備万端。







41.鍋2
具材を眺めてみると、ふぐの切り身はもちろんのこと、豆腐、えのき茸、春菊、お餅、椎茸、白菜、ネギ、水菜などが、きれいに皿に盛られている。
胸躍る気持ちを抑えつつ待つこと数分。
鍋が白い湯気を出し始めた。そろそろ、食べ頃か。早速ふぐを鍋から取り出し一口頂く。うまい!ふぐ独特の風味が口いっぱいに広がった。

食べ出したら箸が止まらない。どんどん口にほおばり、次々に鍋から消えていく。やっぱ下関のふぐはひと味ちがうね~と、酒のピッチも上がる。

41.おじや

鍋もそろそろ終盤にさしかかり、お腹も8分目ぐらいになったところで、大きなお膳が運ばれて来た。残った出し汁で雑炊にするのだ。まずは、鍋の中の具材を全てたいらげ、雑炊の用意を急いだ。

まず、用意されたご飯に溶き卵をかけ、三つ葉をその上に置き、蓋をかぶせる。雑炊ができるまで、また数分の我慢である。





41.おじや2


ぐつぐつと鍋の中がにぎやかになったころで、蓋をあけてみる。一瞬にして真っ白い湯気が鍋の周りに立ち昇り、その中から白、黄、緑の別世界が少しずつ見えてきた。雑炊は、この瞬間が最高だ。そのできあがったばかりの雑炊を鍋から器にとり、海苔と少量の塩を振る。

そして、一口。。。 日本人に生まれて良かった。雑炊こそ日本人のDNAを感じさせる料理である。




41.アイス

雑炊も残らず頂き、お腹も一杯。最後に運ばれて来たのが、柚子のシャーベット

暖かい料理が続いた後の冷たいシャーベットは、口直しにはとてもよかった。それほど甘くなく、柚子風味であっさりしていた。







まず第一の感想は、なぜ、ふぐ料理はこんなにも高価なのか。
高価ゆえに滅多に食べることができないのか、それとも、勝手にブランドイメージを作ってしまったがために、高価になってしまったのか。まあ、“年に一度のお楽しみ”と思って大枚はたいて食べることで、おいしさも倍増するのかもしれない。
それでは、また来シーズンもおいしいふぐを食べることができるように、頑張って働きますか。。。

written by
m4

布久べ
静岡県三島市南町4-17
TEL:055-973-8211
URL:http://www.fukube.jp/
営業時間:昼)11:30~14:30 夜)17:00~22:00
定休日:月曜日
平均予算:昼)1,00円 夜)7,000円
総合評価:star3
味の評価:star3
雰囲気:star3
サービス:star3
コストパフォーマンス:star2

ランキングバナー
←どうぞ、よろしく。

WIWIREDiCONの詳細情報については、こちらのページをご覧下さい。


bitsbitsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ