マンジャペッシェ ~イタリアン@長泉~ 静岡おいしいもん!!! | 静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー
2008年04月24日

マンジャペッシェ ~イタリアン@長泉~ 静岡おいしいもん!!!

テーマ:イタリアン
イタリアンレストラン マンジャ・ペッシェは長泉町クレマチスの丘にあり、隣接する「ヴァンジ彫刻庭園美術館」の雰囲気を延長したような高級感と趣がある店だ。
5.外観

入り口までのアプローチには、クリスマスローズやピンクのチューリップが植えられていて、店からの優しい気持ちが伝わってくる。店名の“マンジャ・ペッシェ”とはイタリア語で『お魚を食べて下さい』という意味だそうで、魚をモチーフにした木製看板と、出入り口のドアの取っ手がユニークで、魚料理への期待感を膨らませる。                            




5.店内

雨が降っていた為、店内に入ると、タオルを貸してくれた。ハンカチはバッグに入っており、手には傘やコートを持っていたので、この心使いは、ありがたかった。2月の寒い最中、しかも冷たい雨の降る日曜日の昼時、こんな日に食べに来る客がいるのか?と思いながら進んで行くと、店内には既に2組が料理を味わっていた。メニューを決めて料理が出始める頃には、満席とまではいかないが、かなりの客で店内は埋まってきていた。さすが、予約が取れないと言われるだけのことはある。客層は幅広く、女性客が多いものの、熟年の夫婦や、カップル、親子連れまでさまざまだ。

あいにくの天気の為写真はパッとしないが、南面にはテラスと繋がる大きな窓があり、天気が良ければ、陽が射し込む爽快感のある造りになっている。また山の中腹に位置することから眺めも良く、ディナーでは夜景も楽しめそうでカップルにはお勧め。新緑の季節には窓を開放して、オープンテラスで頂く料理もまた違う雰囲気で良さそう。
個室は1つで20名程度まで利用でき、たまたま私たちが行った日も利用されていた。

5.飲み物

雰囲気も良いし昼間からワイン!と行きたいところだが、車で来たため飲み物はノンアルコールをオーダーした。
左側が「赤いオレンジジュース」で700円、右側が「ノンアルコールワイン」で900円。

一見、トマトジュースだが、味は爽やかなオレンジジュース。これは、地中海地域で栽培されるブラッドオレンジという種類のもので、酸味がしっかりしているため、食事中に飲んでも邪魔にならない。通常のオレンジの約2倍のビタミンCとアントシアニンが豊富という、女性にはうれしいもの。市販されていると聞いて、さっそく調べたのだが、1ℓ瓶1,200円と少々高め。

5.ワイン


ノンアルコールワインは、微炭酸ぶどうジュースと言ったらよいのか、やはりノンアルコール、ぶどうの渋みが物足りない。ワインリストは見なかったのだが、通りすがりにワイン貯蔵庫を見た限り、種類も豊富そう。

ランチコースは風(3,500円)、マンジャペッシェ(5,200円)、シェフおすすめコース(8,000円)の3つのコースから選べる。今回はマンジャペッシェのコースを注文した。



5.スープ

 温かいキャロットスープ

ニンジンそのもの甘みがストレートに味わえるスープ。味が濃厚な為、このくらいが適量。さすが、プロである。








5.前菜2

 前菜
 地元有機野菜の蒸し物


三島で採れた有機野菜を蒸し、薄味に仕上げ、真ん中に半熟のタマゴを入れた一品。
お好みでエシャロットと木苺の入った”バルサミコ酢ソース”をかけて別な味も楽しめる。個人的に私は「バルサミコ酢」があまり得意でないため、そのまま薄味で頂いた。
こちらもニンジンのスープと同様、野菜そのもの味が際立っている。薄味なのに、普段食べている野菜の味とは明らかに違う。


5.前菜1

イカとホタテのサラダ仕立て

イカやホタテがプリプリで、野菜もシャキシャキと美味しく、ペロリと頂けた。








5.パスタ1

 パスタ
 赤海老とルーコラのフェデリーニ


前菜を食べきれずにいたため、店側の配慮で通常の2/3に減らして頂いた。
麺はシコシコと歯ごたえがあり、フェデリーニなのでよくソースとも絡み、ぷりぷりの海老とルーコラとの相性も抜群!!減らさなくても良かったかも・・・?



5.パスタ2

アジと小松菜のフジッリ

アジとトマトソースとの相性がイマイチで、アジの臭みだけが残る料理といった印象。歯ごたえのあるフジッリと合わせて口に入れても箸が進まない。魚料理を期待していただけに、少々がっかり。







メイン料理 魚料理:むつとアサリの軽いスープ仕立て
5.魚
黒むつの皮のカリカリ感と、身のふっくら感のバランスがたまらない一品。
薄味だけど、物足りない感じはなく、もう少し大きくてもと感じてしまう。店の本領発揮というところか。
付け合せのかぶはやわらかく煮込んであり、スープはやさしい味でかぶとの相性もよい。

肉料理:軍鶏のグリル焼き野菜添え
5.肉
軍鶏も、皮のパリパリが美味しく、給仕の「よく動いている鶏」と言うように、その意味が納得できるプリプリ感のある肉だった。付け合せのじゃがいもは、濃厚でとても甘い。
いっしょに砂肝の様なお肉が添えられていたが、さすが軍鶏、シャキシャキ、サクサクとしていて、焼鳥屋の砂肝とは明らかに違う。

5.デザート1


5.デザート2

 デザート&温かい飲み物
 ティラミス 
 
    



                  
                   
             
キャラメルムース

          

デザートは5~6種類の中から選択でき、ティラミスとキャラメルムースともに、フワフワで香りも良く、とても美味しかった。もう1種類選びたいくらい。
飲み物は、ブレンド・エスプレッソ・紅茶・ハーブティから選択できる。紅茶とハーブティを選んだが、ハーブティは癖もなく、やさしい味で最後の締めには最適だった。




全体的には、味も量も女性向きのようで、男性には少し物足りないかな。
お店の名前の通り「お魚」はとても美味しく、野菜もたくさん、とてもヘルシーで、体に優しいお料理だったと思う。
オーダーの時に「苦手なものやアレルギー等はありますか?」と聞かれたが、出されるお料理が一つ一つ、素材そのものの味を大事にしているので、苦手なものがあれば、あらかじめ伝えておいたほうがよいだろう。

ちなみに私たちが来店した日には、誕生日や記念日の客がいたようで、突然拍手が始まり、お祝いのケーキが運ばれてきた。(2組も・・・)しかも、イタリア語で、Happy Birthdayを歌ってくれるというサプライズ付き。アニバーサリーケーキは予約の際に伝えれば、レストランからプレゼントしてくれるそう・・・。ぜひ使ってみてはいかが?
地元の人間からすると、車を使わないといけないという不便さはあるが、足を伸ばしても食べたい店。そして、東京方面からでもドライブがてら、日高シェフのイタリアンを食べることができる店として、これからも予約がとれない状態は続いていくのだろう。
そういえば、ぴあ刊行の“東京のレストラン2008”、イタリアン部門に、なぜか静岡県にあるこの店がランクインされていたっけ。

written by
f2


マンジャペッシェ→閉店しました。
静岡県長泉町クレマチスの丘(スルガ平)347-1
TEL:055-989-8788
URL:http://www.clematis-no-oka.co.jp/012_shisetsu/013_mangia/013_top.html
営業時間:昼)11:00~15:00 夜)4~10月 18:00~22:00 11~3月 17:30~22:00
定休日:水曜
平均予算:昼)5,000円 夜)10,000円
総合評価:star4
味の評価:star4
雰囲気:star4
サービス:star3
コストパフォーマンス:star3
 
ランキングバナー
←どうぞ、よろしく。

WI WIREDiCONの詳細情報については、こちらのページ をご覧下さい。

bitsbitsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ