桜家 ~うなぎ@三島~ 静岡おいしいもん!!! | 静岡おいしいもん!!!三島グルメツアー
2008年04月22日

桜家 ~うなぎ@三島~ 静岡おいしいもん!!!

テーマ:和食
「創業安政三年」というキャッチフレーズ?のもと、おいしいうなぎ店として三島界隈だけでなく、首都圏からの客が多いことでも有名な桜家。
安政といえば、徳川14代将軍の座を家茂と慶喜で争っていた時分。明治維新の十数年前の創業ということになる。確かに老舗と感じさせる佇まいであり、それらしい備品も目に付く。

44.外観

店舗は、さすがにその当時のままではないものの、かなり年季が入っている。それも又、情緒があってよい。
有名店だけに食事時ともなれば、ほぼ例外なく店の前に行列ができる。そこで、営業開始間もない、午前11時20分ごろに訪れた。既に何組ものお客さんが、ご機嫌な表情でうなぎを食べていた。期待できそう。

お品書きには、うなぎ料理中心のメニューが並ぶ。うな丼とうな重で少し迷ったが、うな重を注文。同行の者が白焼を注文し、しばし店内を観察。



44.店内
老舗らしい内装であり、外観からは想像できなかったが、1階に一段下がった奥の部屋、そして2階の部屋もあり、想像以上に収容可能人数は多そうである。畳の部屋もあるため、ミシュランガイドの日本版で紹介されるとすれば、畳のマークをゲットできる。

どんなシーンでこの店の利用ができそうか?
 値段からすると、先ず接待での利用が思い浮かぶ。二階の座敷あたりで顧客のキーパーソンと会食をするには適しているかも。しかし、落ち着いて、ゆっくりと時間をかけての商談となると難しい。家族連れや気の置けない友人との食事向きか。子供のように、心の中で「うなぎ、うなぎ、うなぎ」と連呼しながら浮き足立った気持ちで訪れると、楽しさ2倍おいしさ3倍といったところか。
でも、値段も普段の外食より少々高めとなるため、気をつけないと。ホーリーないと。

44.おしぼり
 席に着くと、まず、店名入りの袋に密閉された使い捨てのおしぼりとお茶が出された。衛生的である。さらにおしぼりがざるに盛ってある点も和食ならではの気配りか。

箸袋には、キャッチフレーズの「創業安政三年」の文字が印刷されている。老舗のアピールには創業年を表記するのは定番であるが、西暦でなく和暦を用いるのは日本的である。もし、欧米に進出するとすれば、さしずめ「Since 1856」といった表記か。西暦表記はモダンではあるが味気ない。





44.うな重

うな重
注文からおよそ20分。
うな重が運ばれてきた。店員さんが店の歴史やうなぎに対する薀蓄、特徴などを述べることもなく、粛々とテーブルに置いて行く。コース料理を注文すれば、少しくらい各料理の薀蓄など聞けるのかも知れない。昼時で忙しくなりつつある時間でもあったため、店員さんに話しかけるのも遠慮してしまった。
うなぎの味は、良かった。加えてすごくやわらかい食感。過去に食べたうなぎの味の記憶と比較しても、最上位クラスである。薬味のさんしょうを少し振り掛けてみたが、ここのさんしょうは、ピリリどころではなく超ピリリといった刺激がある。掛けすぎに注意。

44.白焼き

白焼き
同行の者が注文した「白焼」を少し食べさせてもらった。何もつけずにいただくと、「旨い、そして何だか非常に懐かしい味」と感じた。口に含んだ瞬間、とろけるような感触、小骨があることは感じとれるが、それが溶けていくような食感でなんとも言えないおいしさ。記憶をたどっていくと、少年時代(山口県)に家の食卓に時々並んだ「脂ののった太刀魚」に似た風味であることを思い出した。私にとって、ここ数年来で数少ない「心にヒットする味」であった。満足。

人気店だけに、食事時を中心に入店待ちの行列ができる。その入店待ちの客に対するサービスの一環として入口の前に水を飲むための給水器が設置してある。冬の季節は、あまり利用されないだろうが、夏季、特に土用の丑の日を中心に大活躍している様子が目に浮かぶ。そのころには、警備員が出る程の混雑ぶりになることも、付け加えておこう。
再度訪れたい店であり、次回訪れる時には、是非、コース料理を注文したい。気の置けない同行者とおいしい日本酒があれば、申し分ない。

written by
m2

うなぎ 桜家
静岡県三島市広小路町13-2
TEL:055-975-4520
URL:http://www.sakura-ya.net/
営業時間:11:00~20:00(売り切れじまい)
定休日:水曜日(祝祭日の場合は営業)
平均予算:3,000円
総合評価:star4
味の評価:star5
雰囲気:star4
サービス:star3
コストパフォーマンス:star3


ランキングバナー
←どうぞ、よろしく。

WIWIREDiCONの詳細情報については、こちらのページをご覧下さい。


bitsbitsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ