Bird Bird blog

Bird Bird blog

週末出逢えた、かわいい鳥たちの素顔を綴っています。


テーマ:

半袖のTシャツだと寒いぐらいだった林道を後に広々とした草原へ。

2週間前は、シシウドが開きそこに止まるノビちゃんやホオアカの囀りが聞こえた草原でしたが、なんとなく気配は秋色へ、ススキやオギの若い穂が風に揺れていました。

 

鳥の気配もとても少なく、鳴いていたホオアカは広い草原で数羽程、コヨシキリも姿を草の下に隠しているのか見ることはできませんでした。

花はオミナエシやヨツバヒヨドリが咲いていました、シシウドもまだまだ綺麗でソコココに、花火のような大輪の花を開いていました。

 

いつも車で砂利道を進みながら鳥を探すのですが、今日は寂しい限り、どこへ行ってもその姿はありません、時々道脇からヒバリが飛び立つぐらいです。

 

草原を一周したら帰ろうと思いつつ、先々週、シシウドがたくさん咲いていたポイントへ向かってみました。

出たばかりのススキの穂が綺麗だなぁと景色を見ながら車を進めていると、遠く前方の砂利道の上に小さな鳥の姿を見つけました。双眼鏡で覗いてみると、ノビちゃんの巣立ち雛でした。

やっと、鳥に出逢うことができました(^o^)。

 

ノビちゃんの巣立ちっ子は、道路の上に数羽、周囲の草原にも何羽かいます。

とにかく、車をノビちゃんに近づけて止めて撮影させてもらいました。

 

ノビちゃんたちは大きくなり羽が生え変わる時期を迎えているようで、どの子もボサボサっとした姿です。中にはかなり秋色の衣になった子もいますが、その度合は様々の様子でした。

 

巣立ちっ子たちは一家族なのでしょうか?秋色に姿を変えつつあるお父さんを中心に、草原や道路を飛び回っています。

 

数を数えると、尾羽根が抜けて可愛らしい姿のお母さんを含めて10羽以上はいるようです。

ススキの穂に止まったり、たくさんあるシシウドに止まったり、あっちこっちを元気よく飛び回るのですが、私の車を止めた辺りがお気に入りなのか、その周りをグルグル飛び回ってくれました、まるで雛っ子祭りでした。

▼一番最初に逢った、一番好奇心旺盛だった巣立ちっ子、だと思います。

 

窓にレンズを載せて、草原を飛び回る可愛い姿をたっぷりと堪能したので、草原の他のポイントも回ってみたのですが、不思議なことにノビタキを見たのは先程の雛祭りの場所だけでした。

 

避暑を兼ねた鳥見を楽しみ帰路へ、空いているかと思った高速はいつも通り渋滞、お盆休みは侮れませんね~(O_O)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス