お気楽すぎるIPO、FX、投資信託日記

お気楽すぎるIPO、FX、投資信託日記

何をやっても儲からない時期に過去の栄光にひかれて

無謀にもIPO、クロス円ロング、外国株中心の投資信託に

しつこくしがみついている男の日記です。

今回は、宮崎カーフェリーと阪九フェリーが共同で売り出しされていた

九州縦断マイカープランで行ってきました。

 

二人で行ったので最安値は、合計4万円です。

この料金で車も運んでくれるのでフェリー旅もなかなか良いです。

お部屋をグレードアップ(個室トイレ付)にしたので二人で64000円のお支払です。

Go Toトラベルキャンペーンで返金があるようです。(8月31日分まで)

 

行きは、神戸港から宮崎カーフェリーの宮崎エキスプレスに乗りました。

 

乗船シーンです。

ドライブレコーダーの画像のそのまま載せています。

 

 

 

部屋は船首の1等A室です。

二段ベッドの四人部屋ですが二人の貸し切りで奥のほうに和室もあります。

船首のため、夜はカーテンを開けることができません。

 

宮崎カーフェリーのファンネルマーク

乗客は少ないです。

定員690名のところ110名ほどの乗船とのことでした。

 

レストランは、コロナのためバイキング営業をやめていて

お弁当の販売でした。

日替わり弁当もカレーライスもどちらも600円です。

 

 

朝、船室のカーテンを開けて撮った写真

神戸乗船時に使ったランプウェイ(でいいのかな?)が見えます。

宮崎到着時にこれが開くのを見なかったのは失敗でした。

 

 

下船シーンです。

 

 

 

下船後まず青島神社に行きました。

この時はまだ小雨でした。

青島神社近くで有料駐車場の呼び込みのおばちゃんがたくさんいます。

それを少し過ぎたところに無料の駐車場がありますよ。

幸せの黄色いポスト

 

青島神社

 

そのあと、高千穂峡に行きました。

雨はまだ小降りです。

駐車場代を浮かすために無料の第三駐車場に止めましたがこれが大失敗。

高千穂峡の見どころまで延々山の中の階段です。

パンフレットでは、第三駐車場まで遊歩道のように書かれていますが

間違っています。

高千穂峡では、お金はケチらずに第一、第二のどちらかの駐車場に止めてください。500円です。

 

写真でおなじみの風景も土砂降りの雨のため水量が無茶苦茶多いです。

 

高千穂峡から本日のお宿の黒川温泉に向かいました。

ここでも大失敗です。

地図を見ながらショートカットしました。

ショートカットする場所が早すぎて山道(農道)に突っ込みました。

外は土砂降りでワイパー全開の場面もあっりました。

 

すれ違いもできない道を土砂降りの中30分ほど走りました。

まだ新車なのに…。

 

 

やっとのことで黒川温泉に着きました。

前からあこがれていた温泉です。

町中が一つの温泉で中庭のあちこちに温泉宿が点在しているような感じです。

宿泊しないお宿のお湯をもらいに行きましたが大雨の影響で2軒断られてやっと3軒目で呼ばれました。

湯めぐり手形も発売されているので連泊して別のお宿のお風呂を借りるのがこの温泉の楽しみ方のようです。

 

お宿の全景です。正面からの写真がありません。

 

晩御飯のお料理です。

これだけの豪華なお料理が出たお宿は初めてです。

ちなみに宿泊料金は、18700円(税込み)です。

Go Toトラベルキャンペーンの対象ですが、返金方法がまだわかりません。(楽天トラベルでオンライン決済)

 

早朝、お宿の露天風呂への動線を撮りました。

風情があり、思わずスマホを取りに部屋に戻りました。

 

ここは感染防止対策のため脱衣かごがありません。

代わりに大きめのエコバックのようなものを頂きました。

みんな自分のエコバックに浴衣を入れて片付けるようになっていました。

 

お風呂はゆったりしていてすべすべになります。

アルカリ性だったかな?

 

帰りの船は、新門司港発の阪九フェリー 新造船やまとです。

黒川温泉から門司に向けて北上します。

道中、やまなみハイウェイの高原ドライブがあります。

が、霧がすごすぎて数メートル先も見えません。

時速30㎞ほどで恐る恐る走っていました。

(写真ではよくわからないので載せません)

 

途中、九重夢吊り橋に立ち寄りました。

少し前に白馬ジャンプ台で高いところに行けなかったのに

また、高いところにやってきました。

 

この吊り橋は頑丈でほとんど揺れません。

奈良の谷瀬の吊り橋のほうがずっと揺れます。

揺れませんが・・・グレーチングから下を見ると足がすくみます。

 

 

続いて、八幡さまの総本山の宇佐神宮にやってきました。

ここは出雲大社と同様に参拝は二拝四拍手一拝とのことです。

 

急ぎ北九州門司に向かいました。

一部で大人気のおでん屋さんを目指します。

 

間に合いませんでした。

本日の営業終了です。

これはいつかリベンジしないと。

 

乗船まで時間もあるので九州最北端で休憩です。

 

国道2号線の関門トンネル(人道トンネル)を歩いて

本州にも行きました。

人道トンネル周辺は下関のほうが賑やかでした。

 

新門司港にやってきました。

本日乗船の阪九フェリーの新造船やまとです。

表示板が「新門司⇔神戸」となっていますが、

この便は大阪 泉大津港行きです。

神戸のほうが帰るときに便利なのですが新造船に乗りたかったので

泉大津行きを予約しました。

 

乗船シーンはこちらです。駐車まで時間がかかりました。

ノーカットです。

 

 

デッキに出ることができずガラス越しのファンネルマーク

 

3階吹き抜けのホール

コスタネオロマンチカよりも吹き抜けがあるので豪華。

 

この船はほぼ満席です。

慣れた方はクーラーボックス持参でソファーに陣取って宴会を始めていました。

この乗船で知り合った方と飲んでいるような方もいました。

知らない方と飲んでいると今は危ないですよ。

 

迷子の子猫が住み着いているらしいです。

小さなふねこのぬいぐるみを買いました。

 

レストランの入り口です。

間隔をあけるように注意されています。

 

阪九フェリーは、レストランを営業していました。

乗船券購入者にレストラン利用券をプレゼントするキャンペーンもやっていたのですごく混んでいて入場制限もしていました。

 

今夜の晩御飯です。

ビールとそのつまみだけ。

タコ刺し、うまい!

 

4人掛けのテーブルにはアクリル板も設置されています。

二人で向かい合わせに座るとアクリル板に隙間がないので

お料理をシェアすることができません。

乾杯もできません。

 

新造船で舞い上がっていたのかお部屋の写真がありません。

トイレ付きの和洋室(定員3人)で快適でした。

 

早朝、明石海峡大橋を通過しました。

写真撮っているのは3名ほど。

珍しくないのかなぁ?

 

 

泉大津港到着です。

お疲れさまでした。

 

下船シーンです。

宮崎カーフェリーと違って隙間なく車が止まっています。

すいているフェリーは快適ですが混んでいるフェリーは下船も大変です。

 

 

 

 

車を運んでも思っていた以上に安く行くことができました。

キャンペーンがあるのとドライブもしたいので

次は、さんふらわあにておでんを食べに行ってきます。

こんなコースどうだろ?

門司のおでん屋さん優先のコースです。

 

 

にほんブログ村 はこちら
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ  にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ

7月の4連休に何もすることがなかったので

九州にフェリーを使ってマイカーで行ってきました。

直前に九州の集中豪雨がありましたが、東側は問題なく観光することができました。

 

まずは、車のドライブレコーダーの動画から、往復のフェリーの乗下船の様子です。

 

神戸港での宮崎カーフェリー みやざきエキスプレス乗船

 

 

宮崎港での宮崎カーフェリー みやざきエキスプレス乗船下船

宮崎カーフェリーは、お客さんが2~3割しか乗っていないとのことでした。

そのためなのか、乗下船ともにスムースにできました。

宮崎カーフェリーは、乗下船ともに同乗者は車に乗ったままでした。

 

 

新門司港での阪九フェリーやまと 乗船

 

泉大津港での阪九フェリーやまと 下船

阪九フェリーやまとは新造船だったためか、ほぼ満席のようでした。

船内のスロープが狭く、船内の駐車がバックできちきちに詰めて停車させているので乗下船ともに5分ほどの時間がかかりました。

また、安全上の問題とかで同乗者は乗船の際は徒歩乗船です。

が、下船時は車に乗ることができます。

どんな安全上の問題なのか不明です。

 

IPOは当たらないし、

自動車レースは観戦できないし、

クルーズ船も運航しない(できないので)

国内旅行ブログの記事を書いてきます。

 

7月は、あちこちに遊びに行きました。

6月に緊急事態宣言が解除されて約一か月は自粛を続けていましたが、7月になり我慢できなくなりました。

7月4日~5日:長野県 鹿教湯温泉

7月23日~26日:九州縦断マイカー旅行

7月31日~8月2日:彦根

と改めてみるとウロチョロしまくりの一か月でした。

 

その中から、まず鹿教湯温泉から。

 

鹿教湯温泉は前から一度行ってみたいと思っていました。

ただ、関西では知っている方はすごく少ないです。

(職場では誰も知らなかった)

 

場所はざっくりいうと長野県の松本市と上田市の中間に位置しています。

お客さんも関西よりは中部、関東の方が多いと思います。

 

信州は久しぶりだったので諏訪大社にもご挨拶に伺いました。

7月4日でしたがまだ茅の輪くぐりが残っていたのでお祈りしてきました。

 

その後、鹿教湯温泉に車を走らせました。

たまたま見つけた楽天トラベルの一泊7000円プランです。

 

超サービス価格にもかかわらずお部屋は、和洋室です。

 

外湯の文殊の湯に行き、有名な木造の屋根付きの橋もわたってきました。

文殊の湯は、宿泊者の200円で入ることができます。

露天風呂もあってのんびりできます。

 

鹿教湯沿線の紹介でよく見る橋ですね。

 

夕食は一般的な和懐石料理でした。

頑張って食べたけどちょっと残しちゃいました。

 

今回はドライブもしたかったので

帰りは北上して糸魚川から北陸大回りで帰ってきました。

 

途中、白馬のスキージャンプ台を見学してきました。

ジャンプのスタート地点の真上から眺めたかったのですが・・・

・・・怖すぎて諦めました。

だって、そこまで行く階段が金網で下が丸見えだし、吹き抜けで万一踏み外したら真っ逆さまに転落しそうな感じだし。

 

一台しかない幸運(?)の金のリフトに乗ることはできました!

 

一気に北陸を回って、最後は敦賀 一力のもやしラーメンでこの旅行を締めくくりました。

お疲れさまでした。

 

にほんブログ村 はこちら
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ  にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ

あまり良くないイメージで有名になったダイヤモンド・プリンセスですが

予約していた2月22日神戸発のクルーズ中止の連絡がきました。

 

 

乗船していたお客さんに感染者がいたという報道を見ても

行く気満々でした。

 

2/5の朝

 乗船客に感染者がいるという報道で気持ちが揺らぐ

2/5の午後

 2/12,14出発のクルーズが中止になったことを聞いて

 うらやましいと思う

 (私の場合、キャンセル手数料100%のため)

2/5の夜

 だんだんまずいと考えるようになり、出発直前の状況次第では

 手数料100%でもキャンセルしようかと考え始める

2/6の朝

 さらに10名の感染者報道で覚悟を決めようかと悩み始める

2/6の10:30

 プリンセスクルーズから中止の連絡を受ける

 

今も隔離されている方々、

2/28以降のクルーズを予約されている方々には

大変申し訳ございませんが、正直中止になってホッとしています。

 

隔離されている方々には、

なんとお声がけしてよいのかもわかりません。

ただ、皆様方がパニックも起こさずに冷静に対応されている様子が

SNSから伝わってきます。

 

がんばれダイヤモンドプリンセス

 がんばれ乗組員

  がんばれ乗船客

皆さんは全員、「船友」 いえ 「戦友」です!

 

 

にほんブログ村 はこちら
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ  にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ

今回のクルーズは、8泊9日とこれまでで一番長い日程です。

しかも真冬の旅行は初めてです。

 

衣類を余計に持っていくことになるので

ついで?にスーツケースを買いました。

 

これです。

(色は違います)

 

ファスナータイプだけどこれで大丈夫でしょう。

Lサイズを購入したので、S、M、Lと3サイズそろいました。

 

L型にパパッと荷物を詰めて、宅急便で送って

残りはS型かM型か直前に思い付いた荷物の量で

持っていく二つ目のスーツケースを決めます。

 

 

にほんブログ村 はこちら
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ  にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ