がんばらないバイリンガル育児

がんばらないバイリンガル育児

英語教授法(TESOL)を学んだママが2人の息子のバイリンガル育児に奮闘中

東進ハイスクールを運営するナガセが「東進 海外大学留学支援制度」の支援内容を拡充したと発表しました。
 
 
1人あたりの給付金の総額を、総額38万ドル(年間9.5万ドル4年間、約4,000万円)に増額したようです。
 
(アメリカの大学の場合です。イギリスの大学は1人あたり年間6.5万ポンド、総額約3,520万円となっています。)
 
柳井正財団の奨学金と同額になりました!
 
アメリカの大学の学費は上がり続けているので、こういった奨学金の増額はありがたいですね。
 
 
支援対象者の選考方法ですが、全国統一高校生テスト決勝大会の成績と、人物評価面接により選抜とのこと。
 
アメリカのトップ大学に合格する子たちは、東大にも軽く合格する子が多いので、そういうスーパー高校生にこの制度はぴったりですね。
 
我が子には関係のない制度ですが、チューターをしている生徒さんには良いかもと思いました。
 
 
 
 
 
ウォーキング中に見かけた空飛ぶ人(凧)。
 
おじちゃんが揚げていました。
 
こういうの好きだなぁラブラブ