がんばらないバイリンガル育児

がんばらないバイリンガル育児

英語教授法(TESOL)を学んだママが2人の息子のバイリンガル育児に奮闘中

NEW !
テーマ:

最近、The New York Timesのオンライン購読を始めました。(週1ドル)

 

 

まぁ、いつもの事ですが、長男の中間テストの成績が悪かったのですよ。

 

それで、小言の一つでも言おうと思った時、長男から次のように言われました。

 

 

 

僕も少しずつ頑張ってるんだ。

 

前よりも少しはよくなってるんでしょ。

 

周りと比べるんじゃなく、僕の成長に注目してね。

 

 

人はね、得意不得意があるんだ。

 

僕は、テストが苦手。

 

でも、もし「今すぐCEOになれ」って言われたら、クラスの誰よりもうまくやれると思う。

 

 

自由にさせてもらってママには感謝してる。

 

でも、子供に自由を与えるということは、子供がどういう風に育つかを任せることなんだよ。

 

 

報道もそう。

 

報道に自由を与えれば、新聞社に書く内容を任せることになる。

 

都合の悪いことも出てくるかもしれないけど、報道の自由は大切だよね。

 

モンテスキューは、司法、立法、行政の3権分立を唱えたけど、報道はこの3つの権利に次ぐ第四権力なんだ。

 

 

日本の報道自由度ランキングは低いよね。

 

67位だよ。

 

僕はジャーナリストに興味があるんだけど、日本のジャーナリストは嫌だな。

 

アメリカがいいかな。

 

ということで、The New York Timesを読みたいから、オンライン購読してもいい?

 

週に1ドル。

 

 

 

と、成績の話がいつの間にか報道の話にシフトし、最後はThe New York Timesの購読を許可する流れとなりました。

 

長男の巧みな話術にやられましたね爆笑

 

でも、私も実はThe New York Times、読みたかったのです。

 

無料で読める記事数に限りがあり、あっという間に読めなくなったので残念だなぁと思っていたところでした。

 

ということで、長男の話にすぐ乗ることに笑

 

次男も読みたいそうなので、週に1ドルかかりますが、有意義なお金の使い方となりそうです。



現在私は有料メールマガジン3つ、別の有料ニュースサイトを購読している状態なので、すこし整理が必要かなぁ。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス