くせ毛は雨が降って湿気が多くなったりすると髪がうねったり、
ボリュームが出たりしてヘアスタイルがまとまらないことが多いですが、
縮毛矯正はくせのある髪を完全に直毛にする施術法になります。



湿度が高くても髪がうねったり、ボリュームが出たりすることがなくなります。



ヘアアイロンでまっすぐにくせ毛を伸ばしても湿気に髪がさらされると元のくせ毛に戻ってしまいますが、
縮毛矯正をあてた髪は半永久的に直毛のままを維持することができます。



ただし新しく生えてくる髪はくせのある髪になるので、直毛をキープするには縮毛矯正をおこなう必要があります。
部分的にかけることも可能なので新たに生えてきた部分のみに施術をおこなうことができます。



髪にツヤが出てサラサラになるので、若々しく見える効果あります。



縮毛矯正の原理は、くせ毛の髪は凹凸がありその凹凸に薬剤をつけて溶かしてアイロンで固定し、別の薬剤で髪をコーティングして直毛にします。
施術後1週間ほどはヘアゴムなどで髪を縛ると形が残ったり、髪を乾かさないで寝るとその形のくせがついてしまうので注意が必要になります。
縮毛矯正をおこなうときは時間の余裕があるときにおこなう必要があります。
1回の施術にかかる時間は毛量や髪の長さによりますが、約3時間ほど時間を要します。



くせ毛だとヘアアイロンをあてたり、ドライヤーを使ってヘアスタイルを整える時間がかかってしまいますが、
縮毛矯正をおこなうと朝のブローの時間などヘアスタイルを整える時間が少なくて済むので時短効果もあります。



くせ毛でいろいろなヘアスタイルになれなかった人も縮毛矯正をおこなうとショートやボブなどのヘアスタイルになれることもできます。