工房BijoDamブログ

工房BijoDamブログ

Yahoo!ブログより移管のための新設ブログです
趣味、副業、私生活を含めた日誌から
BijoDam製品を作る職人のブログになります
個人的おおたのブログ、ガレージのブログは
ブックマークにてお願いいたします


工房BijoDam 主宰 太田 豊

Yahoo!ブログ閉鎖のためBijoDam日誌を移管しました
BijoDam日誌のこれまでのログはこちらにてご覧いただけますが
釣りなどの趣味や個人的な記事および副業の自動車のブログはBloggerにて新設したため
こちらのブログは工房BijoDamのブログとして新設させて頂きました
Yahoo!ブログからのログのテーマ(書籍)としてはジュエリーと釣り道具の
工房としてのアートの記事を受け継いだブログになります
その他、趣味の釣りや個人的日誌、副業の自動車サービス業のレンタルガレージ
ブックマークにて3つのホームページとブログもよろしくお願いいたします

久しぶりの本業系の記事になりますが

スジ彫りノミの再研磨の依頼がありました

0.2ミリですが、先が5ミリほど折れてしまってます

再研磨前の写真を撮っておけば良かったのですが

 

 

彫金用の場合は刃先が少し欠けても刃先だけの再研磨で済みます

彫金は全刃を使う事があまりないために幅のサイズがそれほどシビアではなく

何度も研ぎ直ししていくうちに少し太くなっても、それは少し太いタガネとして使う場合が多いです

 

スジ彫りの場合は常に全刃で使いますし、サイズも正確に研ぐため

再研磨の場合は幅の調整にシビアになりますので、この分は少し再研磨工賃も高くなります

例えば製品の場合は0.2のつもりで研磨して、少し削り過ぎた場合は0.15にします

再研磨の場合は許されないので、その分慎重になるため、製品の研ぎよりも手間が掛かります

もっとも折れた場所によってはある程度は下削りの手間が省けますので

実質は同じくらいの手間になるかと思います

 

ちなみにオール超硬の利点は短くなっても何度も研ぎ直しが出来るという事です

彫金用のタガネの流用の場合では9センチ以下ですので、この場合ですとまだまだ使えるとは思いますが

短くなって持てなくなって長くする事が可能です

 

以下のグリップの改造例のように超硬を板材でサンドする手段がありますが

 

 

この改造例の応用で、真ん中の短くなった分の超硬に板材やプラ板を足してやればいい訳です

ただ、あまりにも短くなり過ぎますと、接着の必要性も出て来ると思いますが

再研磨に関してはかなり短くなっても可能です