男子バレー 植田辰哉監督の髪型の流儀 | マスター柳本の成功したけりゃ髪を切れ!
2008年06月10日(火)

男子バレー 植田辰哉監督の髪型の流儀

テーマ:ブログ
みなさんご存知のとおり、男子バレーボール日本代表が16年ぶりにオリンピックの切符を手に入れました。

アルゼンチンを下し、オリンピックに出場が決まった瞬間、植田辰哉監督はコートに倒れこみ、その姿に思わずもらい泣きしてしまいました。

彼がどれだけの情熱を持ち、選手を成功に導いていったのかは私のような素人が知る由もありませんが、とにかく見る人たちの心を打ち、感動させてもらったことに間違いはありません。 本当におめでとうございます。
北京での活躍を祈らずにはいられません。

さて、その植田監督の髪型。

彼のビシッと決まった髪形を、誰もが注目したはずです。点が入るたびに力を込めてガッツポーズを取ったり、激しく指示を飛ばす彼の髪型は全く乱れる事がありませんでした。

コートの中でプレーする選手はラフな髪型なのに対して、監督の髪型は非常に整っている構図が、私の目から見てとても印象的でした。

植田監督は常にスーツを着て試合に臨んでいます。彼の髪型の選択は正解です。知的に見え、戦略をたてる軍師に相応しいイメージを与えます。
髪を整えることによって、オンとオフにめりはりをつけていると思います。

恐らく植田監督は髪型にポリシーをもっているはずです。ここ数年、彼の髪型が変わったのを見たことがないからです。あのくらいきっちりと整った髪形をしたスポーツ指導者は最近見かけません。
スーツにぴったりと合って、非常にかっこいいと思いませんか?




彼の髪型はビジ髪 のルールを全てクリアしています。スポーツ界でまた一人、ビジ髪のお手本を見せてくれる人物に心からエールを送ります。

ちなみに植田監督と私は同い年なのです。それから、女子バレーの柳本監督と私の関係ですが、全く関係がありません・・・・

ビジ髪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス