AIDの謎/システム編 | AID - Animals In the Dark

AID - Animals In the Dark

Blog by graphic novelist Yeasty Kemonogi.
漫画家獸木野生のオフィシャル・ブログ。著作PALM(パーム)、
ペット、アニマルライツ・コミュニティAID活動、旅行記他。
甲斐犬MIXハリーと黒猫ジェームスをはじめ
ブログに登場する主な犬猫は、保護された子たちです。

*この記事はわかりやすく書かれたAIDのマニュアルの一部です。AIDの正式なガイドラインは以下をご覧ください。


・AIDガイドライン:

http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~bigcat/AIDGuidelines.html

 

 
 
とっても自由なAID(エーアイディー)!
 
でもコラボレーターがお互いもっとのびのび活動するために、ここだけはしっかり理解しておいてほしいシステムの基本
そしてどうやって活動したらいいかわからない人のためにも、その謎を解明するシリーズ第二弾は
システムの謎編
だ。
 
 
なお、第一弾コラボレーター編では、どういう人がコラボレーターになれるか、何をするのかを解説してるので、見逃した人はこちらから:
 
 

 
 
 
リーダー不在、義務がなく誰も何も強制されない、好きな時好きなように好きなだけ参加すればいいアニマルライツ・ボランティアコミュニティAID。
 
・ホームページ:
 
・AIDについて:
 
 
 
 
 
まあやらなくてもいいと言われれば大体やらない人間のサガ。それなのにどうやって今は稼働しているのか?
そんな都合のいい話があるんだろうか?書いてる本人もなんかドキドキしてきたが、AIDには驚愕のマジックが存在する。
 
 
ちなみに今回はAIDのシステムについてわかりやすくユル〜く解説するので、よくわかんないとこは堅苦しい正式なガイドラインをみてね
 
・堅苦しいほうの正式な活動ガイドライン:
 
 
 
 
 
まず始めに、
AIDはそもそもユルい活動をするコミュニティ
だ。
 
 
ボランティア活動は通常自分の時間を削り、時には少し、あるいはかなり無理をして行うものというイメージがある。
 
実際、AIDが支援させていただいているアグリドッグレスキューのスタッフさんたちも、心身共にはたから見てもものすごくたいへんな活動をされていて、だからこそ応援したい!という気持ちからAIDというものができたのだ。
 
しかし世の中にはブラックな企業にお勤めとか、よんどころない事情で動きが取れない仕事をお持ちとかで、外の空気を吸うこともままならず、あと1グラム余計な負荷がかかっても死んでしまいますみたいな人もいるわけで、そんな人にボランティアとか言っても無理な話。
 
 
AIDはそんな人でも、
 
・息抜きをしながら何かができる方法はないかとあみだされた、今まではなかったスタイルのボランティア活動。
 
 
 
 
 
 
AIDがやってること
 
外国人と日本人、アクティビストと普通の人、活動してる人同士などを繋げるコミュニティ作りや、情報拡散・啓蒙
 
などという主旨もあるが、実質的には
 
・自分がお友だちとパーティなどイベントを楽しんで、参加費を寄付する
 
という、一石二鳥でご都合主義な活動をしている。
 
 
 
つまり
 
・みんなと楽しいことをやりたい人が自主的にイベントを作って楽しんでいる
 
ので、あらゆる義務がなくても持続しているのだ。
 
 
・システムや会計管理、ホームページ管理など運営の方
は、フツーにめんどくさい上に、AIDの型破りな構造上、特殊なスキルや企画対応力が必要なこともあって、自発的にやりたくてやってる人は通常非常に少人数(ひとりとか)だが、これも常に
 
・工夫を凝らして余計な負担が少なくなるようシステムを調整
したり、
・他のコラボレーターにいつも状況を理解してもらって協力してもらったり、仕事が増えないよう配慮してもらったり
しながら、普通は堅苦しいはずの活動に関する報告なども
・全て本人の個性や好み、生活サイクルに合うような自由な形でのびのび
やっている。
 
 
 
 
AIDはリーダー不在。
決まった役職もない。
 
この
・運営に関することや何かを自主的にバリバリやってる人は、リーダーや運営者、または何かの係と間違われやすい
が、AIDには決まった役職はなく、リーダーも役職もないので、自主的にバリバリ活動してる人も立場は他の人と同じで、常に活動への参加不参加、やったりやらなかったりをその都度選択する権利をもっている。
 
AIDに当たり前はない。
誰かが何かをやる、やっているのが当然という観念は持たずにおこう。
いつも積極的に活動して、みんなのサポートをしてるかに見える人が自分の活動をサポートしてくれなかったり、いつもやってることをやってくれなかったりしても、個人的に取ってはいけない。自分もその都度人の手伝いをしたりしなかったり選べるので、立場は対等だ。
AIDでは自分に義務がない代わりに自動的に誰かにやってもらえることも何もない。
・誰かに何かをやってほしい時は、正式に頼むのが基本
だ。
 
そして協力し合えた時は、互いに感謝と喜びに満ち溢れよう。
 
 
 
 
 
 
みんなが自発的に楽しんでやっていても、もちろん人間には飽きたり、疲れたり、どうにもならない理由でやめなければならないということがあるので、運営に関わる少人数の人が活動をストップすると、突然全てがストップする可能性はもちろんある。
 
AIDが突然消滅しても寄付金などがちゃんと寄付されて終わる手順があるので、そこは心配ない。
 
この
お金に関すること
 
いうまでもなく、みんなの大切な寄付金を預かるボランティア活動ではとても大切なこと。
 
実はこれだけお気楽なAIDでも今まで何とか問題なく運営できてるのは、この会計部分をしっかりやってるから。
 
意思統一のないAIDではあるが、この
 
・会計のシステムだけは各コラボレーターの方々にしっかりご理解をお願い
していて、ここがご理解いただけなかったためにコラボレーターになり損ねた方もいる。
 
 
 
もう一度復習を兼ねて、また、これからコラボレーターになりたいかもという方やAIDのイベントに安心して参加したい方のために、独自の会計システムや具体的な会計の方法をまとめておこう。
 
 
 
基本的会計システムとコラボレーターが理解しておくべきこと
 
参加や活動が個人の意思に任されていて、イベントに参加してもしなくてもいいし、いつ自分の今やってる活動をやめてもいい。
それゆえに上に書いた通り、ある日みんなが一斉に活動を停止した時、突然なくなってしまう可能性が常にあるAID。
 
そんな明日なくなってしまうかもしれないところのイベントにも、誰もが安心して参加していただけるように、AIDではシステムを色々工夫している。
 
 
 
・資金と口座
 
まずAIDでは一切の資金を持たない。
もしAIDが口座を持つことになるとすると、誰か自主的に責任を持って口座を管理しましょうという人がやってくれることになるわけだが、この人にもいつやめてもいい権利がある。
 
しかも
・コラボレーターがバラバラに存在して特に運営を監視していないので、不正などのリスクを避けるためにも、お金はなるべく持たないで、イベントなどでその時動いているお金は誰の目にも見えるようにしておいた方がいい
ためだ。
 
・現在はイベントごとに即時収益金を寄付として全額支援先に振り込み、公に報告するシステム
だが、仮にこれが
・年一度の一括振り込みになり、どうしても口座に寄付金をプールする必要が発生した場合は、通帳を公開する、一回のイベントごとに口座への入金証明とその時点でのプール金合計をその都度いつでも見られるサイトを作る
などで公開する
形になる。
 
そしてもしある時点で
・AIDが突然活動不能になってしまった場合は、口座管理者によって、その時点でのプール金が全額寄付され、その時のホームページ管理者によって公に報告がなされなくてはならない。
 
 
 
 
・寄付支援先は一度にひとつ
 
決まったミーティングもなく意思統一がなされないAID。
 
・寄付金を送る支援先が複数だったりコロコロ変わったりすると、どこが支援先か誰も把握できない
 
また、
 
・支援先がひとつ増えるごとにブログやホームページ上で会計報告をしているコラボレーター(通常ひとり)の、全ての会計作業の負担が倍になり、あっという間に破綻する
 
ので、
 
・必ずひとつの支援先を一定期間寄付支援している。
 
・支援先選択や追加・変更は一定の条件を満たしたアクティブなコラボレーターが優先的に行えることになっている。
アクティブなコラボレーターの定義など詳しくは上にリンクがある堅苦しいほうのガイドラインをみてね。
 
・例外
ふだんは1つの団体を継続的に寄付支援するが、緊急に支援を必要としている団体の要請を受けた場合のみ、特定のイベント、または一時的に支援先を変更する可能性がある。
これは例外的にイベント主催者とそのときの運営コラボレーターのみで決定する場合がある。その支援先を正式に寄付支援先に追加する場合は、アクティブ・コラボレーターの承認を得る。
 
 
そしてもちろん、イベントを行う、イベントに参加するコラボレーターにも絶対知っておいてほしいイベントにまつわる会計の基本もある。
 
が、これは次のイベント編で詳しく紹介するがとして、とりあえずAIDに参加する上での基本の心構えのまとめこんな感じだ
 
 
 
 
AIDの秘密のオキテ・まとめ
 
 
 
・人の活動を応援しない
 
AIDはコミュニティだから実際に何かが行われている時はなんらかの美しい協力関係で回っている。
コラボレーターは他のコラボレーターに何か頼まれて、いいよと思った時、他のコラボレーターの活動に共感したり、参加したいと思った時に、共に活動している。
 
・ただ、同じところでやってるからというだけで絶対手伝わなくてはならないということはなく、頼まれても断ることができる。それも「できない」という理由だけでなく、「やりたくない」という理由で断ることもできる。
 
・イベントの参加にしても同じで、AIDだからと言って全部のイベントに出る義務はない。
その日都合がつかないとか、体力的に無理とか、よんどころない理由だけでなく、大して興味がないからとか、その日は他にもっと楽しいことがあるからという理由でも構わない。
 
 
 
 
・人の邪魔をしない
 
上の応援しない、やらなくていいポリシー?があるのは、まず自分の活動をしっかりやれることが第一だし、もともと忙しい人たちのコミュニティだから無理に人の応援までしてたら潰れてしまうから、それを避けるためだ。
 
楽をしていい権利がある分、人の仕事をさらに増やさないようにしよう。
 
全てが主体性にかかっているAIDで、他の人よりバリバリ活動している人は、なんでもやってくれる人と間違われやすい。
その人が自主的に楽しんでやっているとはいえ、仕事もボランティアもやってるわけだから、キャパ的には当然常時かなりギリギリの場合が多い。
他の人の状態をよく観察して理解し、自分でできることはなるべく自分で達成し、手伝いを頼むときは余裕のありそうな人を集めよう。
運営に直結するホームページやネット作業を管理する人も常時少ないので、個人的な理由で訂正削除を求めたりすることもAIDでは絶対バツだ。
 
 
 
 
・遠慮しないで伝える
 
やりたくない仕事を人に頼まれて断る、単につまらなそうだから出たくないイベント参加を断る時、本当の理由を言うのははばかられるものだが
コラボレーターが互いの意思や好みを知ることもスムースな活動に要不可欠なので、曖昧な態度を取らず、自分がどんなことをしたくてしたくないか、どんな活動に興味があってないか、お互いに遠慮せず、きちんと伝え合うのは悪いことではない。
 
他のコラボレーターのやりたい活動や方針、好きなとことがわかれば、方向性の合う人を見つけて共にイベントを開催したり、活動したりもできる。
 
 
 
・自由に独自のスタイルで
 
AIDで積極的に活動している人や他のコラボレーターが自分の活動に興味を持ってくれないと、自分はAIDの方針から外れてると錯覚しがちだが、
 
・AIDは世の中を良くするという基本に合致し、ガイドラインに反していなければどんなジャンルで活動をしてもいいところ。
元々主体性を重視するところなので、他の人が興味なさそうでも、内部外部から同じ志の人を集めたり、あるいは自分自身のみで、プロジェクトを立ち上げ、自由に活動してみよう。
他のコラボレーターも必ずリスペクトして、折に触れて自主的にサポートしてくれるはずだ。
 
もちろんAIDの骨子を理解することは大事だし、ミーティングもなく指導してくれる人もいないためガイドラインやマニュアルを参照しないと活動できないから、こういうブログマニュアルやガイドラインには精通しておくことは必須だ。
ガイドラインやマニュアルは不定期アップデートされるが、この自主的チェックのみはコラボレーターとしての実質的義務となっている。
 
 
 
 
・自分や他のコラボレーターも得をする活動をする
 
自己犠牲が普通に思えるボランティアの世界では抵抗があるかもしれないが、AIDでは相互利益を大切にしている。何かを支援したり、寄付するだけでなく、活動する人も参加する人も、みんなが助けられたり、何かを与えられたりする。そうなることで活動が無理なく続き、幸せの連鎖が広まってゆく。
AIDはそんな理想を追求しているところだ。
 
もちろん活動をお金儲けとかに使うことはできないが、例えばイベントを開催するときなどは、ただ寄付をしたり、人を楽しませたりするだけでなく、自分も楽しめたり、いい気分になれたり、また自分の個人の活動にもプラスになるようなやり方をするように勧めている。
誰かにイベントを頼む時も、主催者にも何らかのメリットがあるやり方を推奨・実践している。
 
 
 
 
 
しかし、一体どうやったら、そんなみんなが喜ぶイベントができるのか?
 
その具体的な例や、やり方とシークレットは、
次回イベント編で!
 
 
 
 
 -------AIDの秘密・全コンテンツ-------

コラボレーター編:
https://ameblo.jp/bigcatstudio/entry-12376894107.html

システム編:
https://ameblo.jp/bigcatstudio/entry-12380442449.html

イベント編:
https://ameblo.jp/bigcatstudio/entry-12381980257.html