スウェディッシュマッサージクラス

を受講された

 

Kさんの感想を

紹介いたします!

 

画像はイメージです。

 

1,クラスを受講しようと思った目標、夢、悩み事、理由は

 何でしたか?(エピソードがありましたら、お聞かせください)

 

他のスクールにて

アロマセラピストコースを修了したのですが

 

自分の行っている手技が

どの筋肉に対して

どんな目的でしているか

教えてもらえなかったので

 

もっと深く学びたいと思い、

受講しました。

 

 

2,クラスを受講されての感想をお聞かせください。

 クラスを受けてよかったことはどんな時でしたか?

 一番勉強になったことは?


筋肉やマッサージの知識が深まった。

 

先生に自分の施術を体験してもらい、

フィードバックしてもらえるのが

一番よかった。


 

3,このクラスを受けて、

 自分自身変わったと思う点はどこですか?

 (具体的なエピソードがあればお聞かせ下さい)

 

自分のしていることについて、

自信が持てるようになった。

 

先生の明るさが伝染して

明るくなった♡

 

日常の中でも

筋肉や姿勢を意識するようになった。

 

4,ここで学んだことを、

 どのように使っていきたいですか?

 今後の夢をお聞かせください。

 

アロマテラピートリートメントの

施術内容を充実させ、

周りの人に学んだことを体験してもらう。

 

ライフワークの一環にしていきたい。

 

サロンで働き、いずれ開業。

 

5,似たような境遇や、同じような

 夢や目標を持つ人へ勧めるとしたら、

 どんな風に勧めますか?

 オススメポイントベスト3は?

 

・先生の人柄と経験、知識が豊富なところ。

・マンツーマンで見てもらえる、

 先生からのフィードバックが得られること。

 

6,次のレベルで学びたいこと、

 期待することは何ですか?

 今後どんなことを学んでいきたいですか?

 

ワンポイントで自分に必要なことを

必要に応じて学んでいきたい。

 

ありがとうございました!

 

 

 

ボディーフロウセラピークラスは、

生徒さん一人ひとりの個性を大事に、

 初心者の方から国家資格を持った方、

 経験あるプロフェッショナルの方まで、

 

筋膜リリースやトリガーポイントなど

世界中どこでも使える本格的テクニックを学び、

お互いに成長していく事を目的としたクラスです。

 

 クラスは2名までのセミプライベートレッスン。

 講師は米国マッサージセラピーの準学士号を持ち、

多種多様な症例を経験してきたNYのトップセラピストです。 

 

クラスが終わっても、

卒業生の皆さんをずっとサポートさせて頂きますので、

いつでも何でもご相談下さい。
 

 

ボディーフロウセラピークラス

詳細はこちら

⬇︎⬇︎⬇︎

http://bflow.jp/school

 

(2016年3月17日の記事をもとに再アップしています)

 

お仕事で海外出張が頻繁に行かれる

クライアントさん。

 

「パリやニューヨークに1泊3日(?)とか、

 次の月はアメリカに3回は行く」

 とのこと。アクティブですね…!

 

 

この記事を以前書いた時も、

ヨーロッパの帰りですと言って、

ご予約を入れて下さいました。音譜

 

 

 

帰国後も、すぐにお仕事で

なかなかゆっくり出来ないとのこと。

本当にお疲れ様です。ほっこり

 

 

 

 

 

サロンへお越し頂いた時に

 

「お身体の調子はいかがですか?」

 とお尋ねしました。

 

「何だかやっぱり体が重いと言うか、

 動きが悪いというか…。

 

 でも、マッサージを受けた後は

 すごくよく眠れて、

 

 次の日がスッキリ起きれるので

 とても、いいんです。」

 

との嬉しいお言葉clover*

 

 

さすが、「違いの解る」方!

 

コーヒー(だばだ~、だばだ~、だ~音譜

↑わかる人少なくなりました。。。

 

 

 

フライトは体には負担が大きいのです。飛行機

 

・気圧の変化アップダウン

 

・激しい乾燥

 

・空調の悪い環境

 

・長時間の座り姿勢

 

・塩分量の多い食事

 

・不安定な姿勢で

 寝なければならないことも

 

などなど…

 

 

それに加えて、時差ドンッがあるわけです。

 

人間の体を一定に保とうとする働きホメオスタシスは、

 

ぐっちゃぐちゃの体をどうにか保とうと総力を上げて努めます。

 

疲れないわけないですねあせる

 

 

そこで、こわばった筋肉をしかりとほぐし、とかげ

 

 

リンパと血流の流れを良くし、みずがめ座

 

リラックスして自律神経を優位にしてんびん座

 

体と気持ちを整える。

 

 

それらの働きを助けるのは

スウェディッシュマッサージが一番適切なのです。ベル


 

 

マッサージが無理な時は、

せめてストレッチだけでも。。。

 

 

飛行機に乗る前、乗った後、どちらでもいいですので、

(両方がいいですが、、、)

是非オイルマッサージを受けて下さい。

 

 

 

 

それが、出張や旅行をより成功に導いて、

帰国後もまた平常の生活に無理なく戻りやすくする秘策。

 

 

 

特にロングフライト後は、

本当に体のあちこちがガッチガチで、

関節もいたるところがガッチガチ。ロボット

 

 

体が伸びたがっているバレエという時に、

適切なストレッチをすると、

マッサージの効果をより上げてくれます。

 

 

特に、長い呼吸と共にストレッチすることが、

ストレッチとリラックスの効果が両方期待できます。

 

 

お仕事や家事育児などでお疲れの方も

ぜひ、お試しくださいねclover*

 

 

 

 

 

 

 

パー〜NYのトップセラピストによる〜パー

本格的マッサージセラピー

深層筋と筋膜そしてトリガーポイントにアプローチ

身体が無理なく楽になる

Body Therapy NY*FLOW*
http://www.bflow.jp/

 

ベル〜本物のセラピーの専門家になる〜ベル

スウェディッシュマッサージと

ディープティシューマッサージの

【FLOWボディセラピースクール】

一般社団法人スウェディッシュ・ディープティシューセラピー協会

http://bflow.jp/school

個別体験説明会のご予約受付中ビックリマーク

(80分のセッションを含みます。)

 

合格施術体験説明会のご案内はこちらからダウン
https://peraichi.com/landing_pages/view/flowbody

 

 

 

 

スウェディッシュマッサージクラス

 

を受講された

 

セラピストMさんの感想を

紹介いたします!

 

image

 

 

1,クラスを受講しようと思った目標、夢、悩み事、理由は

 何でしたか?

 

セラピストを辞めて、6年のブランクがあった為、 

1から勉強できるスクールを探していました。 

 

こちらでは、

「解剖学観点からの手技を学べる」

とあったので受講しました。 

 

 

 

2,クラスを受講されての感想をお聞かせください。

 クラスを受けてよかったことはどんな時でしたか?

 一番勉強になったことは?

 

自分のペースで受講できたことは良かった点です

(短期集中で受講したかったので) 

1番勉強になった事は、身体の使い方。

 

3,このクラスを受けて、

 自分自身変わったと思う点はどこですか?

 (具体的なエピソードがあればお聞かせ下さい)

 

身体、手首を傷めなくなった。 

 

 

4,ここで学んだことを、

 どのように使っていきたいですか?

 今後の夢をお聞かせください。

 

 自分を守る身体の使い方を学んだので、

自己流にならないよう、

学びの通りに施術をしていきたい。

 

 

5,似たような境遇や、同じような

 夢や目標を持つ人へ勧めるとしたら、

 どんな風に勧めますか?

 オススメポイントベスト3は?

 

1.マンツーマンだから

細かいところまで指導してくれる。 

 

2.先生が感じが良い人。

 

 3.自分のペースで学べる。 

 

Q6 今後どんなことを学んでいきたいですか?

 

 肩凝りが酷い人のために

(施術の効果を感じてもらうために)

更にレベルの高い手技を学びたい。

 

 

ありがとうございました!

 

 

ボディーフロウセラピークラスは、

生徒さん一人ひとりの個性を大事に、

 初心者の方から国家資格を持った方、

 経験あるプロフェッショナルの方まで、

 

筋膜リリースやトリガーポイントなど

世界中どこでも使える本格的テクニックを学び、

お互いに成長していく事を目的としたクラスです。

 

 クラスは2名までのセミプライベートレッスン。

 講師は米国マッサージセラピーの準学士号を持ち、

多種多様な症例を経験してきたNYのトップセラピストです。 

 

クラスが終わっても、

卒業生の皆さんをずっとサポートさせて頂きますので、

いつでも何でもご相談下さい。
 

 

ボディーフロウセラピークラス

詳細はこちら

⬇︎⬇︎⬇︎

http://bflow.jp/school