(娘チャンは7番です)

東播総体に
行ってきました

この3年生のメンバーに
入れていただき
娘チャンが
どれほど成長したことでしょう…

リベロと交代で
出させていただき
彼女にとっては
とてもいい経験に
なった事でしょう…

6年生の夏から
ジュニアにはいり
ほとんど
経験者ではない状態から
中学の部活スタート

1年経ちました

いろんなことを
経験し
いろんなことを
学びました

まだまだ
学ばないといけません

どんなボールにも
必死にくらいつき

最後まで諦めない

バレーボールは
1人が強くても
勝てません

コートに入っている
6人全員
一つのボールに向かって
同じように
必死に
諦めない気持ちが
強いチームが
勝ちます


暑くて
私なんて
立ってるだけなのに
汗だく

コートで走り回ってる
彼女達なんて
どれほどしんどい事でしょう

努力した結果は
必ず返ってきます

「自分達の代ではエースになる!」と
宣言した
娘チャン

エースになるには
フルでコートに入り
アタックを打ち続け
絶対に決めないといけません

東播総体で
先生から
勝つには
娘チャンがキーマンになると…

まさに
その通りだと思いました

娘チャンにとっては
プレッシャーだったかも
しれませんが

そのプレッシャーを
はねのけ
勝ってほしい

試合中
私の声は
届きますか?

私の
想いは
届きますか?

きっと
あの声援の中では
届く事はないでしょう…

でも
私達は
声を
届けずにはいられません

ポイントを決めたら
嬉しがり
ポイントを取られたら
悔しがり

コートに入っている
彼女達だけが
もつ
想いではありません

コートの外で観ている
私達は
もっと
嬉しく
悔しい想いをしています

上から観ていると
いろいろな事がみえます



バレーボールが上手な人は
頭も
いいんだよ

あんな一瞬に
みて
考えて
決めないといけません

今回は
とても惜しい結果でしたが

今まで
1番いいプレーが
できていたと思います

エースになると
宣言した言葉通り
エースになってもらいましょう

泣いても笑っても
中学の部活は
あと1年

来年の今頃は
笑っていてほしい


試合が終わった後に
3年生の保護者の方から

「一緒に戦ってくれてありがとう。たくさん助けてくれてありがとう。」と

お声をかけていただいたそうです

その一言で

その一言だけで

娘の努力は
報われたのだと思いました

彼女は
その一言に
涙していました

親の私も涙ぐすん

そう言っていただき
とても嬉しく
ありがたいです

3年生の
皆さま
おつかれ様でした