『士』業で成功にトライアル中

『士』業で成功にトライアル中

士業とは具体的には不動産鑑定士と土地家屋調査士ですが、様々な自己啓発本でロバートキヨサキ氏のいう『B』クワドラントが勧めてありますが、私があえて士業で独立した理由、そうなった過程、なぜ士業がよいと思うのかなどを書いて行きます。

土曜なんで境界立会のお願いにまわってました。
そこで、すごい出来事あったんで書いてみます。
自宅から30分程度の場所の案件で何回も通ってると赤字になる土地の境界確定の仕事です。
予め立ち会ってほしいという手紙は出してました。
ピンポンを押すと、インターホン越しに女性の声が。
手紙差し上げた通り境界立会をお願いしたいのですけどと伝えたところ、
玄関まで出てきてもらいました。
登記名義人の奥さんが出てきました。
玄関先で話していると、話を遮られて、言われた一言、

私の車は黒のAなんだけど、それがなくてかつその隣の軽バンがあるときに訪ねてきてくれない?



???

要は、旦那さんと会話をしたくなくて、奥さんがいない時にピンポン押せば旦那さんが出てくるから、その時に話してくれと。


境界立会はこちらからのお願いで、かつ、失敗出来ないので、下手に出るしかないです。

ということで、言われた通り、その場で引き下がりました。

そんな関係なのに一緒に住まなきゃいいのにって思うんですが。
少なくとも私ならそんな関係なら離婚します。

まぁ世の中にはいろんな形の夫婦がいるんだなって思いました。