kotoba15

テーマ:

それは金魚にとってひとつの大きな冒険です。

しかし金魚は希望にあふれる瞳で言いました。

僕の体は、かわくことがない。僕は魚だからね。

だけど

冒険したいっていう気持ちを忘れたら、

きっと心はかわいてしまう。

だから僕は海に出たいんだ。


大空を飛びたいと夢みたからこそ、カモメは空を飛んでいる。

大地をかけたいと夢みたからこそ、ライオンは草原を走っている。

きっとカモメもライオンも、最初からそこにいたんんじゃなく、

冒険の果てに自分の夢をつかんだんだ。


大きな海で泳いでみたい。

そう強く願えばきっと僕にも不可能じゃない。


自分の命すら犠牲にしかねない金魚の言葉に、

皆は口々に反対します。

ここにいれば、敵もいないし、食べ物もある。

それに本来、金魚は海を泳げない。

そんな無謀な冒険は、必ず失敗するだろう。


その言葉に金魚は首を横にふり、

それに!と金魚は微笑んで、


もし海を泳ぐことができたら、きっと楽しくて余計なことなんて

考えられない。

いやなことや、つらいことや、かなしいことも。


冒険は黄金以上の価値がある。

黄金以上の価値のある冒険を

僕はしてみたい。


映画『海の金魚』より