benefordのブログ

benefordのブログ

ブログの説明を入力します。

メダカたちは元気に泳ぎ回っています。

そこにメダカよりも小さなエビが2匹

半透明なので気が付きませんでしたが

よく見ると活発に動き出しました。

水草を買った時についてきたのでしょうか?

 

水槽の生態系に変化をもたらしているようです。

メダカもエビもいつまでも元気に暮らしてくれれば

いいですね。

 

ペタしてね

毎年恒例の「黒豆の会」で植え付けた黒豆の苗の成長を  

一週間して三田の畑まで確かめに行きました。

帰りに立ち寄った西谷村の農産物直売所「夢市場」で野菜を少し買ったのですが

その前で売っていた小さな容器に入れた「メダカ」が可愛かったので

童心に戻って1鉢買いました。

色んな種類がありましたが家内が気に入った「パンダ」という種類だったと思います。

9匹ほど入っていたので、

帰ってから大きな容器に入れ替えた方が良いと助言されました。

発泡スチロールの容器がいいということでしたが、

ホームセンターで小さな30cmほどの飼育セットを買って、

一番小さなLEDスタンドを買いました。

以前、熱帯魚を飼育していた時のブクブクや熱帯魚用の蛍光灯照明具もありますが

大きすぎるので使えません。

餌を与えると喜んで食べに来ます

あまり外に出られないので

眺めていると心の安らぎになります。

餌を称えるのは家内だけとし

与え過ぎをしないようにしています。

あと、熱帯魚の水槽に入れていた流木が有るので入れてみましたが

水が茶色くなるのですぐに取り出しました。

長年放置していたためでしょう。

水に浸けて色が出なくなるのを待ちます。

これを入れると「メダカ」たちにも隠れ場所ができるでしょう。

 

ペタしてね

 

 

 

長い間、ブログの更新もせず、サボっていて申し訳ありません。

 

コロナで騒ぐようになって外出することも減り、

運動不足解消のため、できる限り散歩とか、庭の手入れとかしていましたが

酒の量お増えたり、不健康そのものでした。

 

6月初めに、急に激しい低音の耳鳴りがし、ふらつくようになったので、

血圧を測ったところ、なんと! 200mmhgオーバー!!

翌朝、急いでかかりつけの医者に駆け込み

血液検査、尿検査、胸部X線、心電図、CTスキャンなどをして、

ついでに前立腺の検査の予約

症状からメニエールの疑いがあるとのことで

耳鼻咽喉科の紹介状をいただき、ネット予約をしました。

 

当日、診察を受け、聴力検査、平衡機能検査、など

聴力は若い頃には自信があったが

寄る年波で高音域の聴力がかなり低下しているそうだ。

平行機能検査はあまり問題がなかったが

鼻と喉の不快感が少しあるので薬をいただいて

2週間後の再診を求められました。

 

血液検査の結果は全く異常なし健康そのもの

更に超音波による前立腺の検査では少し肥大しているだけでした。

一安心していたら

胆嚢に小さな結石がいくつか見つかり

またもやCT検査で確認すると

今度は大動脈に小さなコブが見つかり

循環器専門病院で精密検査を受けるように指示され

すぐにその病院から予約していただきました。

頻尿を訴えたていたので泌尿器科の紹介状も頂きました。

 

この歳になると

病院の数珠つながり

各病院からの投薬

何年も病院のお世話にもならず、

薬は一切飲まなかったのに

まさに蟻地獄に落ちてゆくような状態です。

 

健康診断も一切しなかったのは

医者は病気を見つけるのが仕事という私の考えは

間違ってはいなかった

 

私のかかりつけの医者はとても信頼できる方です。

 

時々かかる外科医は私の親友と同期の医師なので

こちらもすごく真摯に診察してくれます。

 

しかし、今回の、この負の連鎖を解くのはできるのでしょうか???

 

 

 

寒い朝でした

夜半に降った小雨も上がったのに

六甲山が雪化粧

もう3月中旬です

強烈な朝日に晒されて間も無く消え失せるでしょう

消える前に六甲山(標高931m)に行ってみようと

北山ダム湖から見た六甲山は雲に隠れていました

裏六甲登山道を辿ると

小雨が雪混じりになり

まさに雪景色です

トンネルの中では

乗用車やトラックがタイヤチェーンをつけて

次々に出て行きますが

私はノーマルタイヤでチェーンも持ってきていません

暫く行くと一軒茶屋があるので

そこでUターンして引き返します

雪道で止まればスリップして動けなくなるので

注意が必要です

なんとか無事帰ることができました。

今頃の雪といって侮ってはいけませんでした。

 

 

ペタしてね

干上がった池の小さな干潟には

コチドリもいました

オジロトウネンより少し大きいだけの小さな

黄色い目の可愛い鳥です

「千鳥足」で歩く姿は見られませんでした
でも、突然飛び立ちました
 
 
 
 
 
 
 
ペタしてね