マックのパパのブログ

マックのパパのブログ

ハンサムなボクサー犬MCQとPAPAとの日常

Amebaでブログを始めよう!

昨日は久しぶりにボーアと舞を連れて

 

供血のために所沢までドライブ。

 

約束していた時間ギリギリに到着。

 

飼い主さんご夫婦とそのお嬢さん達が

 

病院の外で今や遅しと待っててくれました。

 

供血のお願いは

 

facebookのグループ

 

「犬♡heart供血to輸血heart猫」

 

に投稿されている記事を見て

 

さっそくメッセンジャーを通じて飼い主さんと連絡が取れました。

 

 

 

ジジちゃん15歳のジャックラッセルテリアです。

 

2月6日に膵炎で手術をしましたが血小板の数値が下がって

 

輸血が必要になりました。

 

飼い主さんは病院の先生と連絡を取り,供血の日が決まりました。

 

念のために舞とボーアのどちらが供血に適しているかわからないので

 

二人とも一緒に行ってきました。

 

病院でさっそく採血をして健康調査の結果が分かるまで

 

ジジちゃん家族と外で待ってました。

 

供血のお願いを投稿してきたのは

 

二人のお嬢さんのうちの1人で名前は舞さん。

 

舞さんと舞、縁をつなげてくれたんですね。

 

バレーボールの選手で実家から離れて暮らしています。

 

昨日は朝から病院に駆けつけてきてました。

 

検査結果が出る間

 

舞とボーアはご家族に愛想を振りまいて。

 

ご家族も生ボクサーを見るのも触れるのも初めてで

 

とても喜んでいるようでした。

 

30分ほどして結果が出ました。

 

ボーアが供血になりました。

 

ボーアが供血をしている合間にジジちゃんが

 

ご家族と面会に出てきました。

 

 

 

 

ご家族は「ジジちゃん、入院して痩せちゃったね」と言ってました。

 

でもジジちゃんはご家族に囲まれて嬉しかった様な表情がたくさん。

 

 

ジジちゃん,血小板を輸血して早く快復しようね。

 

 

そして退院したら大好きなご家族と散歩できるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

お姉ちゃんの舞さんもボレーボールの練習がんばれ。

 

 

 

ボーアは久しぶりのお手伝いで満足かな。

 

病院からバンダナをプレゼントされ満足した様子。