Be:myself

Be:myself

夏音 亜美菜のディズニーブログ。 年中Dハロ仮装脳。

何となくモヤモヤとしてたのだけど、自分で整理するために書いてみる。

ウェルカムトゥクリスマスって曲は日本語と英語と手話があるけど、それぞれの歌詞が一致してないというか違和感、ズレがある。

なので、それぞれをとりあえず書き出して比較してみます。

こういう記事書けるのは日本語も英語も手話もできる私くらいだから(キリッ)。

 

まず日本語の歌詞

Welcome to Christmas

素敵な夢 分かちあって 喜びを 幸せあふれ

Welcome to Christmas

星かがやき 降り注ぐ愛の奇跡を 世界中に

Welcome to Christmas

次に英語の歌詞。

 

Welcome to Christmas.

Our favorite time of year

Finally we’re gathering in the joy it brings

We’re so happy that it’s here

Welcome to Christmas.

The star that shines so bright

brings a season of miracle for all the world

Beginning tonight

Welcome to Christmas

英語歌詞を自分で訳してみたものがこれ

ウェルカムトゥクリスマス

私たちの一番お気に入りの季節

やっと一緒に過ごせる

ここにいられてとても幸せ

ウェルカムトゥクリスマス

星はとても明るく輝き

世界中に奇跡の季節をもたらす

今夜はじまる

ウェルカムトゥクリスマス

それで、手話振りを単語で区切ったものがこれ

ようこそ/クリスマス

最高/愛/今

集める/友達/楽しい/受け取る

幸せ/LOVE/広げる

ようこそ/クリスマス

星輝き/集める/降り注ぐ/

世界/全部/今/始まる

ようこそ/クリスマス

この手話振りはショーの音楽が英語詞の時につけられている振りだけど、英語というかは日本語歌詞を手話に訳したもの。

だから視覚と聴覚の認識がズレたように聞こえる・見えるから奇妙な感じなのかな。

 

手話歌的にみると、今回は便宜上「ようこそ/クリスマス」と訳したけど、「ようこそ」も「クリスマス」も一般的ではない表現の手話単語。何となく通じるけど。

あと、いきなり「LOVE」というASL(アメリカ手話)が出てくるあたりも謎。手話歌でこういう表現はあまりやらない。

手話キャストさんともちょっと話したんだけど、キャラクターができる手話に限りがあること、ダンスとして魅せる手法と手話の相性が悪いととかで使える手話単語に限度があるんだろうな。

 

S.E.A.発足記念日を祝って(遅)投稿。

何回かソアリンのったけど、どうやらプレショーは1種類じゃないっぽい。

これは石柱の部屋を背にして右側のお部屋のプレショーです。

 

 

ボンジョルノわたしのアレッタ。

みなさんボンジョルノ。

ファンタスティックフライトミュージアムにようこそ。

アレッタ、みなさんにちゃんとご挨拶しなさい。

このとおり、アレッタも皆さんにお会いできて喜んでいます。

この博物館には空を飛ぶことに対する

わたしたちの熱い思いが詰まっています。

幼いころ、気球が空高く舞い上がるのを両親と見たその時、

いつかきっとわたしも空を飛べる日がやってくると思いました。

それからわたしは空を飛ぶことへの情熱と、限りないイマジネーションを力に、

心のおもむくまま世界の空をめぐってきました。

これからみなさんにわたしたちが力を合わせて完成させたドリームフライヤーに乗っていただきます。

みなさんのイマジネーションがドリームフライヤーを空に舞い上がらせ、

すばらしい夢の旅に連れて行ってくれるでしょう。

うふふ、わかってるわよ。

さあ、時空を超えた空の旅、ファンタスティックフライトがみなさんを待っています。

ボンビアッジョ!

 

 

ダッフィーにあんまり興味なかったので細かく見てなかったのですが、先日ちゃんと写真を撮ってきたので訳してみました。

ちなみに掲示板全体の写真は撮るのを忘れたので各自検索してくれよな!

 

 

Heatwarming Recipe

For a heartwarming dish, just add:

A happy memory

A splash of tears

A big smile

A pinch of spice

And lot of love

 

ハートウォーミングレシピ

心のこもった一皿はただこれらを混ぜるだけ:

幸せな思い出

こぼれた涙

とびきりの笑顔

ひとつまみのスパイス

そして、たくさんの愛

 

Duffy and friends

have little hands

and big hearts

and made great

presents!

 

ダッフィーと仲間たちはちいさな手とおおきなハートを持っていて、

素敵なプレゼントを作りました。

 

I saw Duffy and his

friends making a present

today for someone. It

just warms my heart to

see them.

 

今日私はダッフィーと仲間たちが誰かのためにプレゼントを作っているところを見ました。

それを見て私の心は温かくなりました。

 

My favorite view

The harricane point

lighthouse is nice at

sunset.

Especially with

my sweetheart!

 

私のお気に入りの眺め

ハリケーンポイントライトハウスは夕暮れが素敵。

特に恋人と一緒の時はね。

 

 

All cape codders

Keep an eye out for heart

shapes this season!

Duffy found another

heart-shaped shell!

 

すべてのケープコッド住人へ

この季節はハートの形に注目。

ダッフィーがハートの形の貝殻を見つけました。

 

Remember-

a handmade gift

brings love.anytime.

Just like Duffy!

 

忘れないこと

手作りの贈り物はいつでも愛をもたらす。

ダッフィーのように。

 

 

 

 

今回、このイベントのことを調べるのにオフィシャルブログをチェックしたのだけど、

 

https://www.tokyodisneyresort.jp/blog/190207/

 

掲示板の横には、かわいらしいダッフィー&フレンズの黒板が。(中略) ここに書いてあるメッセージは月ごとに変わっているようですよ♪ぜひチェックしてみてくださいね。

えええ?!

知らなかった!!!

先に言ってよーーー!!(←調べてない自分が悪い)

 

 

ピントレのピンはオークションで15個2000円で投売りされてるのを元手用に買いました。

 

パークではあまりランヤードをつけているキャストさんがいなくて、「とにかくランヤードつけてる人見かけたら交換するぞ!!」という感じ。

ダウンタウンディズニーのキャストさんもランヤードつけてるのがびっくりした。パークに入らなくてもピントレできるやん。

結果、この写真のピンをもらいました。

デイジーがかぶってしまった…。

 

今回買ったピンバッチはこれ。

カールじいさんのグレープソーダバッジ風のピン、ミニーがナース服着てるピン、ジャイアンツとのコラボピン(お土産用)、ミッキーが手話でI love youしてるピン、ホーンテッドマンションのピン。

 

今回パークにフルでインできるのが6日間。

これってもう年パスのほうが安くなるんじゃね?と思い、まず年パスの値段を調べました。

 

まず、deluxe passport が599ドル。これは私たちの行く日に入園除外日あり。

その上のランクの年パス、signature passport が999ドル。今回は除外日対象じゃない年パスです。

 

次にパークホッパーつきで入園できるマルチデーパスポートを調べます。

公式サイトだと5日間で370ドル。これが最大の日数です。

ミッキーネット価格は355.20ドル。

 

フルにインすると6日間ですが、時差ぼけもあるので、途中でホテルでダラダラする日を設けたい。

ミッキーネットさんのパークチケットの説明ページには

パークチケットの有効日はバウチャーに記載されます。パークチケットは利用開始日を含め14日間有効(有効期間中は毎日続けて使用する必要はありません)です。

とあります。

そこでミッキーネットさんへ質問してみました。

パークチケットが使えるのは連続した5日間なのか?

→指定するのは利用開始日のみ。利用開始日から14日間の間の5日間で利用できます。

 

それなら真ん中にダラダラする日を設定できるな。

ミッキーネットさんで5日間パークホッパー付きのチケットを購入しました。

 

初回の入園時に「ピクチャータイム!」と言われ、キャストさんの持つ端末で顔写真を撮りました。

それ以降の入園はバーコードをスキャンするだけ。

東京のパークのように再入園時のハンドスタンプはありません。

 

特典としてマジックモーニング(1日だけ1時間早くDLに入園できる)がついてきたのですが、結局利用しませんでした。

 

 

 

 

 

今回の目的のひとつに「海外パークの手話パフォーマンス事情を知りたい」というのがありました。

公式HPによると、

  • カリフォルニアアドベンチャー:日曜、金曜
  • ディズニーランド:月曜、土曜

に手話通訳が準備されているらしい。

メールで問い合わせたところ、予約は必要なく、20分前に行けば見られるとのこと。

念のためショーの前に早めにステージに着いてキャストさんに確認しましたが、「ステージ右側に通訳がいるからその辺で待ってて~」って感じ。

 

これがすごく素晴らしかった!東京のパークでは現在やってない手話パフォーマンスが見られてとても感激しました。

 

字幕装置について驚いたのは、DCAで借りた端末をDLで使用し、端末・デポジットの返却ができる。

つまり、東京のパークで言うとランドで借りた装置をシーでも使用・返却ができるということ。(現在、東京ではパークを変えるごとに字幕装置の借りなおしが必要。)

今回はデポジットを現金で払いましたが、クレジットカードでもできるっぽい。25ドル。

 

調べてみると空港、パーク、ホテルには無料wifiがあるので、もって行かなくてもいいかなとも思ったんですが、どこまで繋がるか分からないので念のためにレンタルwifiを持っていくことにしました。

 

8日間、アメリカ、保障ありの条件でカカクコムの一斉見積もりで検索した結果がこちら

  • フォートラベル 6992円
  • グローバル 7072円
  • ワイホー 6528円
  • イモト 7968円
「フォートラベルグローバルwifi」と「グローバルwifi」って同じ系列っぽいけどフォートラベル経由にすると安くなるのはなぜ…?
ワイホーは安いのだけど、繋がらなかったときのサポートが電話のみ、しかも通話料自分もちだったので、LINEでもサポートが受けられるフォートラベルで申し込むことにした。
そこまで決定してこの日は申し込み自体はしなかった。
 
そして3日後…。申し込むために再度同じ条件で見積もり検索すると、
  • フォートラベル 7312円
  • グローバル 7392円
  • ワイホー 6288円
なんか値段変わってるー?!ガーン
フォートラベルが300円ほど高くなってる…でも仕方ない…と申し込み完了。
しかし、ワイホー安いな?!
 
結果的に、現地ではモバイルwifiがサクサク繋がったので、借りていってよかった!
そのほかのフリーwifiは体感的には
空港のwifi→まぁまぁ繋がる
パークのwifi→場所によってはまぁまぁ繋がる
ホテルのwifi→サクサク繋がる
デルタの飛行機内のwifi→ラインはできるけど、ツイッターは無理
って感じ。
 
モバイルwifi借りるときはカウンターに行く必要がありますが、返すときは返却ボックスにキット全部いれるだけ。後日「返却を受付ました」というメールが来ました。
 
 
 
 

・下着は5セット持っていったけど、ほぼ毎日洗濯してたので4セットでも大丈夫そう。同行の悠さんには「荷物少なすぎw」と言われた。

・香港よりも英語が通じやすくて(当たり前)、英語が分からなくてもなんとかなる。「もっと英語勉強しとけばよかったって思うだろうな」って思ってたけど、今のレベルでも通じるので逆に勉強する気がなくなったw

・浴衣でパークにいるとゲストからも「素敵な服ね」とよく声をかけられたし、よく写真を撮られた。

・今回の旅行は、インターネットの口コミやレポをいっぱい読んでいった。書いてくれた人本当にありがとう。パークの口コミは結構あったけど、ホテル(シェラトンパークホテル、ヒルトンエアポート)の口コミが少なめかなと思ったので、私もなにか書いて恩返ししたい。

・日焼け止めの消費量が半端なかった。リップクリームも途中で切れてしまい買い足した。

・東京のパークのトゥデイを持っていって、声かけてくれた人に配り歩いたら「うれしい!ハグしましょう!」ってハグしてくれる人多数。トゥデイを渡すとハグができるシステムw

・サービスドッグをめちゃめちゃ見かけた。(日本のパークでは2回しか見かけたことない。) サービスドッグが一般的なんだなーとびっくりした。ワンちゃんの持ち主が話しかけてきてくれたので一緒に写真もとらせてもらった。

・WDWに行ったときに日本の食事が恋しくなったので、今回はカップうどんを持っていったのだけど、ほぼ毎晩食べていた。そのせいか、食事でつらくなることはなかったし、パークの食事は総じておいしかった。

・空港のスタッフさんもパークのキャストさんも、質問したら優しく教えてくれて本当に助かった。みんな優しかった。

・パーク内ではセルフィー棒を持った人を一人も見かけなかった。手荷物検査が厳重だから持ち込めないんだろうな。

・ゲストの結構な割合がタトゥーを入れているのがびっくりした。背中に漢字で「同性愛者」って入れてるお姉さんがいたんだけど意味知ってるのかな?

・今回サウンドセーショナルパレードとワールドオブカラーの公演がなかったので、次回は見たい。

・マックスパスを1日だけ購入してみたが、アトラクまで行かなくてもスマホアプリでFPが取れるのは便利。あと、シス調時には振り替えFPにできるってのがすごい。もうFP譲渡とか不正とかできないのでは。ただ、1日1人10ドルって金額は私にはちょっと安いと思えない。(だって二人で5日間インしたら結構な金額になっちゃうもん)

↓FP振り替え時はこういう画面がスマホに出ました。

・食物アレルギー対応がすごくしっかりしていた。特にナッツアレルギーは一般的みたいでちゃんと説明してくれた。日本のパークみたいに「アレルギー?低アレルギーメニューでも食っとけ」って感じじゃなくてちゃんとアレルギー用のメニューが準備されていて「この中から選べばいいよ~」という感じ。

↓これが一般メニューで、

↓これがアレルギー対応メニュー

・飛行機の中で見た映画。「マイリトルポニー」(2回)、「シェイプオブウォーター」、「ララランド」(寝ていてほとんど覚えてない)、「スターウォーズ最後のジェダイ」、「魔法にかけられて」(なぜかディズニーのジャンルにはなかった)、「君の膵臓を食べたい」。

・今回もらったカンバッジ。

・買ったもの。ミッキーのグローブ型の料理ミトン。12.99ドル。

 

 

14:00 食事。あつあつのベーグルサンドイッチ、フルーツ、オレオ。

16:00 着陸。

空港でなぜか車椅子を用意していてくれたけど「特にお手伝いは必要ありません」と断る。

荷物をピックアップし、レンタルwifiを返却。

16:50 帰りのバスに乗る。

バスの中で眠くて仕方なかった。

18:45 帰宅。

 

5:45 起床

6:30 ラウンジで朝ごはん

昨日の日本人のおばさまにまた会えた。

スクランブルエッグにネギがかかってて、ネギ好きな私大喜び。

7:30 部屋に戻ってパッキング

8:00 チェックアウト。タイミングよく空港行きバスが来たので乗る。

ドライバーさんに何か言われたんだけど、全然聞き取れず「??」って顔してたら「中国人?チャイナエアライン?」って聞かれたので、やっと航空会社を聞かれていたことに気がつく。

車内はBBBの曲が流れていた。

ターミナル2に到着し、荷物を預けて保安検査。

薄手のカーディガンを着ていたら「それも脱いで」と言われた。

9:30 トムブラッドレーターミナルに移動。

133ゲート近くで待ってると放送で呼び出しされた。アレルギーのことを確認したかったみたい。

10:30 搭乗。

「荷物の積み入れが遅れているから15分遅延します」という案内のあと、「さらに10分遅れます」という案内があり、結局1時間遅れで12:16離陸。

機内が寒かったのでCAさんに毛布をお願いすると「追加の毛布は5ドルです」と言われる。

「えー5ドルだってあせる」「…ウソですよww」すっかり騙されてしまったw

12:30 ウェルカムドリンク。もうポニーの映画見終わっちゃったよ。

13:45 食事。

ラザニアみたいなのとピリ辛なきのこ、フルーツ、サラダ、パン。(写真がひどい)

17:15 スナックタイム

寝たり起きたりを繰りかえし。