3日目 昼食後 モンサンミッシェル地区へ移動


17:45 ホテル到着

 

    

こじんまりしているが 清潔でシンプル



すぐ隣が お土産物屋さんとコンビニのようなお店



前の道路からモンサンミッシェルの島へ夜中まで

無料のシャトルバスが出ていて便利


まあ、歩いても行けるんだけど

桟橋がずっと続いてるから




裏手はキャンプ場 


大型のキャンピングカーがたくさん止まっていた




やはりここでも ワンコ連れの方が普通にいる




シャトルバスのほかには こんな馬車も




19:30 夕食 でも 明るいから夕方な感じはまったくなし





夕食はホテルそばのレストランで




サーモンのムース 量がたっぷり




キチン

どれも結構ボリュームあっておなか一杯



せっかくなので 夕景を見にいくことに

でも日が落ちるのは21:30




それまでは お土産見たり お部屋で荷物整理





ケータイなのでこれが限界だけど



実際はとてもきれいな夕焼け




風が吹いて結構寒くなったので

夜の散策に向けていったんホテルへ戻る





夜になるとライトアップされるんだけど

すっかり日が暮れるまで時間がかかる




22:30くらいに添乗員のKさんとみんなで

シャトルバスに乗って島へ向かう





島へ渡る桟橋には街灯がないので真っ暗



 ちょっと離れると

もうどこにだれがいるかわからない




城壁門近くまで 案内してもらい 解散





修道院は もう閉まっているけれど

門近くの城壁内のお土産物店は数軒開いていた




遅い時間だけど せっかく この地区に泊まってるからと

みな同じことを考えるのか

観光客が結構たくさんいる





ぼんやりと ライトアップされている





メインの修道院は開いてないけれど

小さい教会は出入り自由で

修道士や修道女が数名で祈りを捧げていた



城壁の上の通路やら 迷路のように入り組んで

迷子のなりそう






まだ開いているお店に入ってみたり






修道院の入り口     ワンコNGと


ここまではワンコOKってことね




モンサンミッシェルってTVとかであのシルエットは

何度か目にしたことはあるけれど



たいして興味があったわけではないので


実は行くまで何なのかよく知らなかった(;'∀')

 



岩が侵食されて湾から離れた孤島のようになっている地形を利用して

洞窟の祭壇を作ったのが始まりらしい







708年 オーベル司教の夢に聖ミカエルが現れて

「私を祭る祭壇を作れ」と命じたのに

司教は悪魔が見せた夢だと信じず取り合わなかったら


しびれを切らしたミカエルは司教の頭に指を突き付けたという。。。

 



えっ 天使が?  そんなことするの?  って思うのは 私だけ?



聖ミカエルは竜や悪魔を倒し、諸悪に立ち向かう天の騎士であり

最後の審判の人々の魂の重さをはかる天秤を持っている

古い信仰により

天国への切符を手に入れるため巡礼達は

ここへ押し寄せた


1300年の間には崩壊や火災、僧たちに堕落による荒廃し、

牢獄と化していた時期もあったそうだ




で、修道院の見学は明日


真っ暗ななか シャトルバスに乗り

無事ホテルに戻ったけど


帰りのバスは満員だった




にほんブログ村
にほんブログ村

AD

わすれなたび記録3日目

テーマ:

3日目 


起床6:30

朝食7:00

出発8:30


今回は 初めて成田からべったり添乗員付きの周遊旅

今日は ホテルも移動なので 

トランクを出発までに部屋の外に出しておかなくてはいけない




パリ以外は1泊ずつなので 荷物整理が大変



実はこのホテル ワンちゃんオッケーで

若い黒ラブちゃんを連れた方が泊まってらした

ロビーにいたら わしゃわしゃ 寄ってきて かわいかった





ちょっと うちの子を思い出して。。。





今までは1か所か2か所滞在が多かったので

荷物は出しっぱなしにしてたんだけど

なるべく 必要最低限だけの出し入れにして

朝の荷造りが楽なようにとがんばった





朝食はホテルのビュッフェ

ずっと食べてばかりなので おなかすいてないけど


フランスパンにチーズつけたり クロワッサンとコーヒー、ヨーグルト程度に




バスで ベルサイユ宮殿へ

昔ベルばら読んだしね

ここは皆行くよね



美化された太陽王





こういう建築様式はそれほど好みじゃない私


それでも 絢爛豪華な調度品、装飾はすごい



鏡の間


もちろん全部手仕事 

もちろん注文が無ければ作品は残らないんだけど

作者は もてる才能と技術を存分に使い 制作に没頭したんでしょうね



月の女神アルテミス (ダイアナ)狩りの女神








豪華なシャンデリアが いくつも


ガラス製品は大好きなので 

シャンデリアの素晴らしい





こんなクリスタル 1個 ほしいな

サンキャッチャーにして窓辺に ずらりと ぶら下げたら

部屋中にレインボーの光があふれて幸せな気持ちになれるだろう



 

ルーブルもそうだけど ベルサイユも超満員

門の荷物チェックに並ぶ列

チケット買うのに並ぶ人の列

入口の荷物チェックの列


いつに なったら はいれるねん  って感じ



だけど今回は添乗員ガイド付きの団体旅行故

事前予約で テーマパークのファストパスのように

行列を横目に 別の入り口から さーーっと



自由に動きまれない代わり

時間のロスなく確実に入れるという点では便利



さらに添乗員さんが 若くてかわいくてよく気が付くいい子だから

はじめましての参加者どうしも 

なるべく負担をかけないように時間厳守になっていく




心配そうに何度も人数数えなおしてるのを見てるとね




そんな感じで お食事もバスも一緒だから

なんとなく 参加者も連帯感が生まれて 打ち解けていく


参加地も名古屋から、東京、千葉とかいろいろだし、

親子、兄弟 お友達、夫婦、一家全員とか



そのうち私たちを含めて 還暦記念の夫婦は3組



バスの座席や レストランの座席の割り振りも

添乗員Kさんが そのとき その場で

機転を利かせて 機転をきかせ 偏りがないように配慮してくれる







ベルサイユ近くのレストランで昼食







キッシュロレーヌ 大好き




牛肉の煮込み これも美味


この後チョコエクレアがあったけれど写真撮り忘れ


ココからまたバスで移動




次の目的地はモンサンミッシェル



長くなるのでこの辺で




いいこで お留守番しててね





にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
AD

わすれなたび記録 1日目

テーマ:

この夏に 久しぶりの海外 ワンコ抜き


1日目  8月8日(火) 


成田発11.40 でパリへ

  昼食 ハンバーグ他

  -7時間

 朝食 


 昼食  モスライスバーガー他

 

 途中 ビールとか コーヒー、ジュース等  もうフォアグラ状態


17:10 パリ着  空港でサンドイッチ、ビールを買って ホテルへ



ずっと食べてたので おなかすいてないけれど

 夕食代わりにサンドイッチとビールで済ませた




2日目  8月9日(水)

6:30 ホテルの朝食

8:00 出発


ルーブルへ



モナリザ前は激混み  満員電車のよう





一応 有名どころを 抑えて




やっぱり ワンコのモチーフが気になる






ローズライン

ルーブルのあとランチで 白身魚のソテーなどいただいたが

写真撮り忘れ



午後はモンマルトルの丘など散策







サクレクール寺院


その後 セーヌ川クルーズ

乗り込むころには雨が

まあ、屋根があるからいいけどね














夕食はエスがルゴなど めちゃボリューム


なんだか 食べてばっかりで

どんどん おなかがきつくなっていく






そのころ 留守宅では 娘がドッグランへ連れて行ったが

走らず。。。。。



実は同級生で今年還暦の私たち

8月9日 お誕生日のフミはこの日に60歳に!





可愛いワンコに 早くも会いたくなる

お留守番頑張ってね






にほんブログ村
にほんブログ村
AD