チェブラーシカ (おひさまのほん)  エドゥアルド・ウスペンスキー(原作) | 読書 始太郎の本の紹介ブログ

読書 始太郎の本の紹介ブログ

読書 始太郎(どくしょ はじめたろう)です。マイブームは読書です。本の紹介をメインにブログを書こうと思います。

先週のTVドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」で、エドゥアルド・ウスペンスキー(原作)のチェブラーシカがテーマだったので、気になって読んでみました。

この本では「なかよしのいえ」ではなくて、「ともだちのいえ」でした。こいぬのトービクも出てきます。

絵も内容も良くて、子供向けの本なのに、感動しちゃいました。

さて<チェブラーシカ>とは、ロシア語でいったいどんな意味なのか、みなさんご存じですか?
答えは、下記の本の中にあります。



人気ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると助かります。



書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】