melissaのブログ

melissaのブログ

夏は涼しい北の国、春と秋~冬は温暖なふじの国、またあるときは信濃の国で天然資源を求めるはち屋さんのブログです。
(嫁はFBにしました)

お山の上のはちみつやさんBeehiveのHPはこちら  

テーマ:

BEEHIVE はちみつレシピ

 

 

 

 

材料
Beehiveはちみつ 200g
無農薬レモン輪切り 1/2個分
(無農薬レモ
ンが手に入らない場合は皮を剥いて輪切り)

 

はちみつにレモン輪切りを入れ一晩常温で置く
 

レモン果汁がはちみつと混ざりサラサラの液体になったら冷蔵庫で保存
冷蔵庫で約1か月保存できます。
 

レモンの皮の苦味が出てきたら、レモンは取り除いて!
 

飲みたいときに約5倍(お好みで)のお水や炭酸水でわってお飲みください。

 

飾りにミントを浮かべると爽やかですよ❢

 

 

 

 

スポーツの後に、暑い夏の外出時に水筒に入れて持ち歩くときは、《ほんの少しのお塩》を入れると熱中症予防にもおススメ❢

 

 

【おススメはちみつ:恵山(アカシア),雪星(みかん)】

 

 

『はちみつレモンの効果』

レモンに含まれるクエン酸には「抗酸化作用」があるので、体内の活性酸素を取り除く効果があり、「疲労回復」や「老化防止」に有効です音譜

はちみつに含まれるポリフェノール等も「抗酸化作用」があります。

 

はちみつはの主成分は、ブドウ糖と果糖です。共に単糖類です。
単糖類は体内でそれ以上分解する必要がないので吸収力が早く、素早く脳に働きますアップびっくり

 

生はちみつには190種以上の栄養素が含まれています。中でも豊富に含まれているビタミンCやビタミンB6、カリウムやナトリウムなどのミネラル群には、「免疫力を高める」働きがあると言われています爆  笑チョキ

 

 

 

はちみつは良いことがいっぱいなのですが、過剰摂取はカロリーオーバーですので注意してください❢
 

バランスの良い食事と共に、毎日少しずつ食べることが効果的ですビックリマーク


テーマ:
いおまめのつぶやき
Beehive ハチワレ猫
 
《伊織》
とうさん、かあさん、北海道へ行ってしまったね。
寂しいから、僕たちも段ボールで送ってもらおうかなロケット
《豆蔵》
残念ながら、それは無理みたい。。。
 
 
そこで、僕らの分身 『いおまめ.jr』が登場ビックリマーク

 

長野から北海道までの道のりを、かあさんと一緒に紹介するよ音譜

7/11 7:00 Beehive長野店を出発。

 

 

7/11 13:00 新潟港より『らべんだぁ』フェリーに乗ったよ。

 

 

新潟から小樽まで約18時間。
長旅だけど、個室でゆっくりできそうだね音譜

 

 

 

7/12 8:00 小樽に到着したかあさん。

さっそく、北海道の海の幸を食べてるよニヤリ

 

7/12 10:00 札幌に到着。
とうさんが札幌の会合に来ているから、合流するんだって。
それまで中島公園を散策音譜
 

 

お昼はお友達に教えてもらった 『空』のラーメン。
美味しそう~ラブ

 

 

大通り公園でテレビ塔を見て音譜

 

 

あつ、いつの間にかとうさんと合流してるよ音譜
そしてサッポロビールで乾杯生ビール生ビール

 

 

 

7/13 札幌で素敵なカフェを見つけたんだって。

かあさん、気分ラブラブアップアップ

 

て、食べてばっかりぃ~びっくり

 

さてさて、北海道のお家までは、まだまだ長い道のりです。
飛行機の滑走路かびっくり!!

 

 

札幌 -道央自動車道- 
比布JCT -旭川紋別自動車道-

 

 

 

札幌から車で4時間ほど走って、北海道のお家へ無事到着爆  笑
お疲れぇ~。
 
今後も北海道の様子を いおまめjrがお届け!
お楽しみに音譜
 
《伊織・豆蔵》
ということで、北海道の様子はjrに任せて
僕たちは長野のお家でのんびりしてますウインク

 

 


テーマ:

ミツバチのささやき

BEEHIVE養蜂家より

 

毎年6月中旬頃から我がみつばち家族は北海道へ大移動するのですが、この仕事の中で最も大変な作業がこの長距離移動になります。

 

そこで今回は、そんな旅の様子や旅先で出会う別の生き物たちについてのお話です。

 

トラックの荷台に巣箱を積んで伊豆を出発。

目指すは北海道東部のオホーツク地方。

 

まずは高速道路を10時間ほどかけて青森港に向かいます。

長距離ですので二人の運転手で交代しながら走るのですが、道中の東北自動車道にはこのような看板が現れます。

 

 

深夜2時過ぎ、 ようやく青森港に到着しました。

トラックの後ろに見えるカーフェリーでおよそ4時間かけて津軽海峡を渡ります。

 

出発してから初めての休憩時間として船内でようやく仮眠を取ることが出来ます。

 

 

フェリーターミナルで乗船手続きのための用紙に必要事項を記入します。

積荷の品名はもちろん「ミツバチ」です。

 

出港に向けて待機場で乗船の順番待ちをするのですが、この時いつも他の生き物を載せた車両と一緒になります。

このバスのような車は競走馬専用の輸送車です。

 

こちらのトラックにはどんな生き物が載っているんでしょうか?

 

乳牛ですね。10頭くらい並んでいます。

 

こちらのトラックは???

 

ぎゃーーーーっ、トラだぁ‼

 

しかも大虎(汗)

なんちゃって!

別にトラを運んでいる訳ではありません。運送会社の名前でした。

(正しくはダイトラと読みます)

 

 

無事に津軽海峡を渡って函館港に到着。

これから北海道に上陸します。

向こうに見えるのは美しい夜景を見下ろせることで有名な函館山。

 

青森港乗船と函館港下船の動画です。

 

 

道央自動車道走行の動画です。

 

道中の道路標識にも北海道らしいものが見られます。

 

お約束のキタキツネ。

特に珍しくもなく普通にいます。

 

ところで、観光地などで道路わきに現れては人間に食べ物をねだる「おねだりギツネ」を見かけることがありますが、路上まで出てきて車に轢かれて死んでしまう事故も多く、また人間の食べ物を与えることは、彼ら動物の健康を害して病気に至らしめることにもなります。

 

どうか彼らの安全と健康のために、野生動物には餌を与えないようにお願いします。

 

北海道内にはこんな道路標識もあるんですよ。

赤いきつねと緑のたぬき(笑)

こういう遊び心、好きですね。

 

道央自動車道のとある場所にありますので、北海道をドライブする際にはぜひ探してみてください。

 

 

さて、目的地のオホーツク地方に到着しました。

伊豆を出発してからちょうど24時間。

ここまで走った距離は何と1,500kmです。

 

地平線まで続く麦畑の穂はこの時期まだ青く、7月中旬頃から黄金色に色づきます。

 

 

アカシアの花が満開になっています。

5月下旬から6月上旬にかけて長野県でアカシアの採蜜をしたところですが、北海道へ移動してからまず最初に採るのもアカシアのはちみつです。

 

南北に長い日本の国土では緯度の差によって開花時期がずれることを利用して、このように同じ花の蜜を数回採ることも出来ます。

 

こうして日本独自の移動養蜂というスタイルが確立したのでした。

 

今日、こうして北海道まで移動してくる養蜂家は全国でも100軒にも満たないのだとか。 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス