雨の日は、雨を聴く | ビコーズです、ドットコム

ビコーズです、ドットコム

経理で総務で庶務ですが、なにか。

(株)ビコーズは

葛飾区東四つ木にある

木工スタジオ併設のディスプレイ制作会社です。

制作物が出来上がっていく過程や

スタッフの日常を綴っていきます。

 

 

(株)ビコーズのホームページはこちら

(株)ビコーズのインスタもよろしく

 

 

 

 

季節は早足で移り変わり・・・

 

 

自分だけ取り残されていくような・・・

 

 

何ともさびしい気分なのは

秋の気配のせいなのか・・・

 

 

今日、お日様が顔を見せないせいなのか・・・

 

 

 

・・・・

つくづく

人は太陽光からパワーをもらっていると

思いますね。

 

 

気落ちのいい青空が

何日か続いていたから

皆さんもきっと元気だったことでしょう〜

ウインクウインクウインクウインクウインクウインク

 

 

 

 

さて先日、南青山の

根津美術館

お招きを受けて

行って参りました。

 

 

川上不白 生誕三百年 特別展

「江戸の茶の湯」

 

 

 

この方は

上方発祥の茶の湯に

江戸の感性を取り入れて

千家流の茶を広めた

方なのだそうです。

 

実は

不白という人を

私は知りませんでした。

・・・と言うより茶道というものの知識は

幼稚園児並といってもよく

上品な和服を召したご婦人に混じって

大変、申し訳ないような

気持ちでおりました。

 

 

でも・・・・

お作法も

お道具についても

何も分からない私が

展示を見ていくうちに・・・

 

 

何とも静かな、

静かな気持ちになっていったのですね。

 

 

今からでも

茶道というものを

キチンと学んでみたい。

煩悩にまみれ

こんがらがっているものが

スルスルと

ほどけていくような気が

するのです。

 

 

 

 

 

と、いうわけで

まずはこんな本を手にしてみた。

 

 

 

 

目次を

見ていくだけで

泣きそうだ・・・・

おねがいおねがいおねがいおねがいおねがいおねがい

 

 

 

「自分は何も知らない、という事を知る」

 

「自分の内側に耳をすますこと」

 

「雨の日は、雨を聴くこと」

 

「長い目で今を生きること」

 

 

 

 

 

「江戸の茶の湯」展は

11月16日(土)〜12月23日(月)

根津美術館にて開催中です。

講演会、スライドレクチャーなどもございます。

 

詳しくは根津美術館ホームページをご覧ください。

 

お庭の紅葉が見ごろかも!!