withコロナ時代の施設の衛生管理

新型コロナウイルス感染がまだまだ収束しない中、不特定多数の人々が利用する施設・商業店舗では衛生管理が非常に重要となっています。

さまざまな人が触れる公共の施設やオフィス・施設のあらゆる場所・箇所をアルコール消毒液で完璧に拭き作業で除菌するのは非常に難しく簡単ではありません。

 

施設の衛生管理・ウイルス対策(新型コロナウイルス対策)に悩まれている施設管理者の方も多いのではないでしょうか?

 

 

世界初の新型コロナウイルスを不活化させる光触媒コーティングの発表

 

そんな中、2020年11月初旬に新型コロナウイルスを細胞レベルで分解し不活化させる光触媒コーティングのエビデンスが大学などの信頼できる研究機関から発表されました。

光触媒とは、酸化チタンのことで、光を受けることで表面に強力な酸化作用が生まれる材質です。光触媒(酸化チタン)のコーティングを行うことで、表面に触れている物質に強力な酸化力が生まれることになります。

 

そして、今回の研究発表では、新型コロナウイルスが光触媒の接触した場合に、ウイルスが細胞レベルまで分解されて不活化することが証明(エビデンス)されたのです。

 

コロナ対策として、さまざまが抗菌材が注目されましたが、抗菌とは、菌が繁殖しなというだけで、菌が無くなるというものではありません。ところが、光触媒コーティングは、接触したウイルスを繁殖させないのではなく、そもそも不活化してしまうという画期的な作用の持つ夢のコーティング剤といえます。

 

 

光触媒コーティング「ナノゾーンコート」

 

株式会社ユーハルでは、この光触媒(酸化チタン)による光触媒コーティングを施工する「ナノゾーンコート」を実施しています。

前述の通り、ナノゾーンコートで光触媒コーティングを施すことで、付着している菌やウイルスを大幅に減らすことが可能となるます。





ナノゾーンコートは酸化チタンのサイズが世界最小レベルの2ナノと非常に小さいので、1回の加工で長期的な抗菌効果が期待できます。

 

従来の抗菌施工と比べるとコストパフォーマンスが非常に良いので、日常のメンテナンスの手間も大幅に軽減することができます。

 

 

またノロウィルス・インフルエンザウィルスを「抗菌」するだけでなく、花粉・PM2.5・ホルムアルデヒドを「分解」、トイレ・ペット等のにおいが気になる場所への「消臭」、お家や施設の外壁や水槽の「防汚」の4つの効果が期待できます。

 

 

 

 

■水春もナノゾーンコートで抗菌済み!




ナノゾーンコートは、不特定多数の人々が日々利用する施設の衛生管理に力を発揮します。

当社の運営する温泉施設「水春」や「アミューズメントパークBb」・「フィットネスジムB-fitグループ」、レストラン等のあらゆる施設にナノゾーンコートを施工致しました。。

多くのお客様が触れることが予想される備品等に抗菌施工をすることで、お客様に安全・安心して施設をご利用していただけますね☻


 

 

「ナノゾーンコート」の施工はユーハルに

 

光触媒コーティング「ナノゾーンコート」は、関西の大阪にある株式会社ユーハルが施工しています。


ナノゾーンコートについてさらに詳しくは、株式会社ユーハルの公式サイトをご覧くださいね🎶

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

https://yu-haru.com


【 株式会社ユーハル 】

所在地:〒532-0011 大阪市淀川区西中島3丁目23-9 中里ビル8F
電話番号:06-6304-8610
営業時間:10:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日
WEB:https://yu-haru.com/

 

 

#光触媒 #酸化チタン #ナノゾーンコート #コロナ対策 #ウイルス対策 #光触媒コーティング