ぐうたらエステティシャンのタブーなこととか

こんにちは

ぽもものブログへお越しいただき、ありがとうございます


こちらの関係で立て込んでおり、しばらく投稿を控えるかもしれません。


コメントのお返しが止まってしまい、すみません。

後ほど必ず返信させていただきます。

いつもありがとうございます


自分のいた場所、色んな記憶が幻みたい。

すごく、晴れやかで穏やかな気持ちです。



にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ 人気ブログランキング

FEMAで数々の役割に従事したセレステ・ソルムは自身のインタビューで、大流行はナノチップかセンサーを含むワクチン接種を強制するよう設計されたと述べている。


一連のワクチン接種が計画されている。

1回だけでなく数回。


これには中絶した胎児の細胞や、10年かけて開発された米国防高等研究計画局のハイドロゲルセンサーと彼女が呼ぶものが含まれる。

これはゼラチン状のナノ粒子から成り、1度注射されると体内で自己複製し、システムを組み立て、体の性質を変換する。

彼女によれば、ナノ粒子は細胞と融合し、体と一つになる。

これがゲイツの予防接種の本当の理由で、彼はそれをよく知っている。


ワクチンのもう一つの重大な側面は、彼らが必死に導入しようとしている、DNA免疫法または遺伝子による免疫法と呼ばれる新しいワクチン接種の技法が出現していることである。

これは「宿主の染色体DNAから独立して自己複製する、細菌の中に主に見られる小さな円形のDNAの破片」と定義され、体に入ると、それらは独立して自己複製する。

普通に開発を続けて臨床を行うまで数年かかるのに、そのワクチンは数ヶ月で用意できると伝えられる。

どうしてこれが可能なのか?すでに存在しているからである。

新型コロナウイルスが存在せず、うその診断と死亡診断書を通じて数字を修正することによってその幻想を創り出しているだけなら、ひとたびワクチンが導入された後、偽の診断と死亡診断書の方針を元に戻せば、ワクチンの中身が何だろうと効いたように見せることができる。


ゲイツがさらに要求するのは、ワクチン接種を受けた人は、科学技術が自身の身元を確証する信号を受信できるよう、刻印を入れなければならないこと。

予防接種を受けた人と受けていない人を見分けるタトゥーの開発にゲイツがどのように資金提供しているか、その言い訳は発展途上国で予防接種した子供を特定するためだが、タトゥーが本当は何のためにあるかは明らかだ。

そのゲイツのタトゥーは、全員にデジタル式の身分証明を課したがっているID2020同盟と関連している。

この同盟は人類の伝説的な博愛主義者であるマイクロソフトとゲイツ、ロックフェラー財団、アクセンチュア社、アイディオ・ドット・オルグで構成される。


複数になるかもしれないゲイツのワクチンには、さらなる他の病気や、不妊になる薬剤、恐らく、特定の遺伝子タイプを標的にする何かが含まれるだろう。 


ロックフェラーの内部者、リチャード・ディ博士は1969年、ピッツバーグの小児科医たちに、予防摂取プログラムで病原を摂取する計画について話した。

それは長い間行われており、非常に多くの子供たちが病気になる一つの理由になっている。