Fender RUMBLE150ベースアンプの修理です。
電源スイッチ不良でお預かりしました。

なんと、パーツの、取り寄せに、約2ヶ月、待ちました。

ヘッドを抜き出しスピーカーの配線を外します。



電源のケーブル配線の確認をして不良のスイッチを外します。




中がダメダメになってます。



新しいのを取り付けて終了です。^_^




と、、
ファンもついでに綺麗にしましょー^_^




音出し確認して終了です。


お待たせ致しました。


お問い合わせお待ちしています。

info@beatnic80.com


今日の修理品はKORG KP3+です。
ライブパフォーマンスやDJなどなど楽しく使える最高の1台です^_^

マイクジャックがゆるゆる。




ぐらぐら、がたがた、よくなりますよね^_^




裏パネルを開けて確認してみます。





ジャック部が割れてますね。




ゆっくりと慎重に外します。大事です^_^



取り外すと。まぁーこんな感じに分解されちゃうくらい、バラバラでした。



同じパーツがなかったので、代用品です。
足の形と数を合わせて取り付けます^_^



音出し確認も終わり、ぐらつき、ゆるみ、無くなりました。

お問い合わせお待ちしてます♪


info@beatnic80.com


エピフォンコロネットが再発売されました。‘70年代の愛聴盤だったハンブルパイのスティーブ・マリオットの愛用ギター!
左右シンメトリックの初期型です。待望の発売でしたが、1PUは不便なので改造しました。
コロネットとウィルシャーの混血でコロシャイヤー?
軽量で綺麗な音です👍



スピーカーを繋ぐとヒューズが飛ぶ、外すと飛ばない。

トランジスタにショートでは無さそうです。
各部の電圧を測って行くと、出力とグランド間にB電圧がかかっています。

おそらくグランドが取れて無いので、新規に設置しました。



おそらくは、インプット側でのグランド設置だったようです。

無事に完了しました。がしかし、Aチャンネル側のハイパススイッチが効きません。


イコライザーの効きも良くないので回路図を見ながらチェックしていくと、何とポッドの数値が違います。


同等品が無かったので他の物を改造して装着。


ガリ等のチェックを済ませて無事に終了しました。


Marshall Origin50comboのスピーカー交換です。

今回はCelestion Vintage30に交換です。



この大きさが良い感じだと思います♪

しっかり50wです。



裏ブタから外していきます^_^



少し見えてきましたが、まだまだ先です。


ヘッド部まで外してから、スピーカーの交換を行います。



Midnight 60 も悪くないのですが、


もう少し中低音が欲しいという事で、


ENGLAND製のVintage30を使います。




サイズ的に少し厚みがありますが、問題なく取り付けできました。



後は組込みしてチェックですね^_^




芯のある、厚みのある、良い感じで鳴ってくれます^_^




お問い合わせお待ちしています。



Beatnic80.com