朝霞市☆楽しいリトミック教室♪楽しいから音楽が好きになる
⭐️1歳から楽しめる♪ リトミック体験会

リトミック無料体験会開催いたします!
参加者募集中!! (参加費無料です♪)


2歳コース 10:40~
1歳コース 11:30~ 各コース 5組まで

(各コース25分程度です。体験会の為、
通常レッスンより短めに設定しております)


お申し込みはホームページからどうぞ!
https://vocalasaka.com/rythmique
  • 14Nov
    • お教室で使う用品が揃ってきましたよ!

      こんにちは教室開講に向けてお教室で使う用品が揃ってきました⚫️ 鈴⚫️ 大きなリトミックスカーフ大きなリトミックスカーフが在庫切れで結構ネットで探してようやく見つけました!⚫️ トライアングル⚫️ウッドブロックまだ幾つかは到着待ちですが道具が揃ってくるとやる気も増してきますではまた。。体験会のお申し込みはこちらからどうぞ!https://vocalasaka.com/rythmique

      62
      テーマ:
  • 02Nov
    • 子供にぴったりのリトミック教室の選び方 ②

      子供にぴったりのリトミック教室はどうやって選べば良いのでしょうか?前回に引き続き、子供にぴったりのリトミック教室の選び方についてご紹介します。・音楽は生演奏か?教室の雰囲気をチェック教室の音楽は生演奏か、CDによるものかを確認しておきましょう。子供が楽器に触れられる機会がある教室やピアノなどを生で演奏してくれる教室だと、よりリトミックの効果を感じることができます。CDとは違って、子供のその時の反応や様子に合わせながら演奏してくれます。また、教室の雰囲気はとても大切です。講師の人柄やレッスン中の雰囲気が自分や子供に合っているとレッスンが楽しくなるものです。回数を重ねるうちに講師と合わないと感じた時に、他の先生に変更できるかどうかもチェックしておきましょう。また、リトミックは親子で参加するレッスンが多いため、通っているママたちと気が合いそうかどうかも大切なポイントです。レッスンで顔を合わせるうちにママ友になれるかもしれません。・費用を確認して体験レッスンへ上記のポイントを押さえていくつか興味のある教室を見つけたら、それぞれの費用を確認していきましょう。レッスンの月謝だけでなく入会金や施設を利用する費用がかかる教室もあります。進級した時の月謝についても確認しておくと安心です。また、子供はどうしても風邪を引いたり体調を崩しやすいですし急な予定が入ることもあるでしょう。そんな時に他の日に振り替えてもらうことができるかもチェックしておくといいですね。費用の確認ができたら早速体験レッスンを受けてみましょう。この時一つだけの教室に絞らずいくつかの教室の体験に行くことで、より自分に合った教室を見つけやすくなります。体験レッスンの時には自分の中のこだわりポイントを明確にしておくと判断しやすいためおすすめです。・まとめ以上がリトミック教室を選ぶ時のポイントです。子供が楽しみながらレッスンに参加できることがなにより大切ですので、教室の雰囲気を確認しながらぴったりなリトミック教室を見つけてくださいね。ではまた。。体験会のお申し込みはこちらからどうぞ!https://vocalasaka.com/rythmique

      48
      テーマ:
  • 01Nov
    • 子供にぴったりのリトミック教室の選び方 ①

      最近よく耳にするようになったリトミック、子供の習い事として興味を持つ人が多いのではないでしょうか。スイスの音楽教育家、エミール・ジャック=ダルクルーズが開発したメソッドであり、体で音楽を楽しむことで心と体のバランスが整うと言われています。子供の成長に良い影響を与えるリトミックですが、教室がたくさんありすぎてどの教室に通うか決められないとお悩みではありませんか?今回はリトミック教室を選ぶときのポイントをご紹介させて頂きます。・リトミックで得られる効果は?発達に良いと言われるリトミックは、心にも体にも素晴らしい効果を発揮します。例えば、リトミック教室で同じくらいの幼児と関わることにより社交性が身につきます。また、音楽を体で表現することにより発想力や行動力、集中力を鍛えることができます。そして、音楽に合わせて体を動かすため運動神経が良くなると言われています。上記のように身体ともに嬉しい効果のあるリトミックは、0歳の赤ちゃんからでも始めることができるため魅力的です。クラスは0歳児コース、1歳児コースなど年齢ごとにわかれているのが一般的であり、子供の年齢に合わせてレッスンを受けることが可能です。親子リトミックならママもレッスンに参加できるため、ママのストレス解消にも繋がります。楽器だけでなくペットボトルや新聞紙などを使って音楽を楽しんだり、家でも取り組めるようなレッスン内容が用意されています。・リトミック教室にはどんな種類がある?リトミック教室は団体が開いているところもあれば公共施設で行われるものもあり様々です。自分に合った教室を選ぶためにも参考にしてください。「リトミック専門団体」は、リトミックを専門として活動している団体です。リトミック専門団体による教室に参加すれば、本格的にリトミックを習うことができます。「講師派遣型」のレッスンなら、家でリトミックを習うことができるため外出の手間が省けます。「幼児教育」では英語教育や器械体操など、複数のレッスンが用意されています。レッスン内容にリトミックが組み込まれていることが多いのですが、あくまでリトミックはレッスンの一部です。「音楽教室」でリトミックのコースを受講すると、子供の成長に合わせてピアノやギターなどのレッスンにチェンジすることが可能です。「自治体」が公民館などを利用してリトミック講師を招き、教室を開催していることがあります。短期間のものが多くリーズナブルです。・子供の年齢に合ったレッスン内容か確認するリトミック教室はたいてい年齢ごとにクラスがわかれているため、0歳の赤ちゃんと歩き回って活発な2歳の幼児が同じクラスになることはありません。ですが、同じ年齢だとしても早生まれの子だと、他の子と一歳近くの差がある場合もあります。一年近く離れているとできることが異なるのは当たり前のことなので気にすることはありませんが、時にはまだうちの子にはレッスン内容が難しいのでは?と感じることもあるでしょう。子供が楽しんでいるかが大切なので、お子さんの様子を確認しましょう。また、子供の成長に合わせてクラスを変更してくれる教室もあれば年齢別でしか対応していないという教室もありますので、気になる方は教室を決める前に確認しておくといいでしょう。続きはまた次回。。体験会のお申し込みはこちらからどうぞ!https://vocalasaka.com/rythmique

      12
      テーマ:
  • 28Oct
    • 今人気のリトミック、そのの種類や方法とは②

      前回に引き続き今回もリトミックの種類や方法についてご紹介させていただきます。◆性格(キャラクター)を育てるリトミック楽器の演奏技術を育てる事が主眼の習い事と性格(キャラクター)を育てるリトミックでは根本的な違いがあります。先ほどのグループでのコミュニケーションスキルや即興を創作するため、リトミックでは、知識教育と人間教育をセットで考えます。知識教育を水、人間教育をコップに例えるなら、小さな子どもに水(知識)をたくさん与えてもコップ(人間)からあふれてしまいます。たくさんの知識を吸収するには、大きな人間(コップ)を育てる必要があります。リトミックでは性格・人間を育てるために、ほかの子どもと関わることで、社会性や協調性を促したり、音楽を聞きその場で表現したりすることで思考力や表現力、集中力がアップする仕組みがあります。協調性や思考力がアップする習い事は他の音楽教育や英語などには見られない、リトミックだけの特徴と言えます。◆まとめピアノなど楽器演奏に特化する事なく、身体表現と創作、コミュニケーションスキルを養うのが、リトミックの教育法の種類なのです。リトミックは、曲に合わせて体操(身体表現)や曲に合わせた手遊び、さらに年齢が上がれば楽器を自由に鳴らすなど、音楽を通して人間のコップ(器)を大きく育てます。大きなコップ(人間の器)には将来、たくさんの水(知識)が入るようになります。柔軟な性格を持つ小さな子どもにリトミックが有効な理由がここにあります。ではまた。。体験会のお申し込みはこちらからどうぞ!https://vocalasaka.com/rythmique

      10
      テーマ:
    • 今人気のリトミック、そのの種類や方法とは①

      リトミックは音楽を通じた情操教育です。音楽を通じて子どもの心(マインド)、力(パワー)、性格(キャラクター)の三つの成長を同時に促す事がリトミックの目的です。では、リトミックでは具体的にどんな方法で子どもたちの心(マインド)、力(パワー)、性格(キャラクター)を伸ばすのでしょうか?リトミックの具体的な教育方法をご紹介します。◆心(マインド)を育てるリトミックリトミックは単なる音楽教育ではありません。ピアノの演奏技術や聴音、ソルフェージュなど将来音楽大学を受験するような子どものための習い事ではありません。そのために、リトミックでは音楽に合わせて動くリズム、歌ったりするソルフェージュ、自分で創作する即興を重視します。聞いた音楽の音程を正確に聞き取り、その場で自分の声で表現する事で音感が育ちます。音楽を通じて「心(マインド)」を育てるために、「自分で創作する即興」が子どもにとって重要です。聞こえてくる音楽に合わせて自分の身体で表現する身体表現がリトミックの特徴です。一般的なダンスでは、音楽に合わせてみんなと同じ動き(ダンス)をする事が求められます。リトミックでは、自分で考えた即興性が重視されます。「自分で創作する」行為を通じて表現力や創作性が小さいうちから身に付くのです。◆力(パワー)を育てるリトミックリトミックでは「即時反応力」を育てます。「即時反応力」とは「分かったことを分かったように表現する力」とリトミックでは定義しています。音楽を聴いて、これは何を表現しているかを即座に理解し、理解した内容をその場で自分の身体で表現します。教育はインプットとアウトプットを繰り返す事で定着します。聴いた音楽「インプット」とその場での表現「アウトプット」をセットで学ぶ事で「即時反応力」が育つのです。さらに、リトミックではひとりで創作・反応するだけでなく、周りの子どもたちと協力して表現する事も学びます。周囲の子どもの反応を見て自分の反応に活かすといった高度なコミュニケーションスキルが育ちます。グループでの表現を通じて思いやりや仲間意識、グループでの達成感など音楽のパワーを最大に活かした情操教育が出来るのもリトミックの特徴です。続きはまた次回。。体験会のお申し込みはこちらからどうぞ!https://vocalasaka.com/rythmique

      10
      テーマ:
    • 今人気のリトミック、何歳から始める?②

      リトミックは何歳から始めるのが良いのでしょうか?前回に引き続き、リトミックを始める適正年齢についてご紹介します。◆年齢にあったレッスンがあるリトミック0歳児でも始められるリトミック。当然、1歳児、2歳児、3歳児と年齢に合ったレッスンが用意されています。例えば、1歳児の場合、1歳児は物まねを始める時期です。周りの人(大人)が何よりのお手本です。音楽のリズムが良くなるポイントは吸収力が良くなること。お母さんといっしょに、心地よい音楽の中で反応しながら、周りの子どもたちとの触れあいを経験していきます。1歳児のリトミックでは、子どもの好奇心を満たすため、マラカスなどの楽器以外にシールや折り紙も使い、子どもの集中力を絶やさない工夫もあります。物まねから始まる、「良い音楽と親子の愛情ある語りかけ」を是非味わってください。親子で楽しめるのもリトミックの魅力のひとつです。子どもも5歳くらいになると、自己表現能力が高まっています。リトミックでは、自己表現能力を向上させるために、心のコントロール(情動)の安定期である5歳児にも着目しています。5歳ともなると、ともだちとの関係を把握したり、いろいろなことをともだちと協力したりしてできるようになります。リトミックの活動でも、お母さんとから、ともだちと2人で、みんなでと、自己表現能力の方法もグレードアップしていきます。さらに、一つの要素をこなしながら、もう一つの要素を考え、こなしていくという表現の中で、マルチタスク(複数同時)の思考を育みます。ともだちの前で表現することで、集中力や積極性を養い、思考力と行動表現力を高めていくのです。◆まとめリトミックは子どもの好奇心と集中力に着目し、音楽を聴く力だけでなく表現能力を高める習い事です。0歳児からでも始められる、親子でリトミックはいかがでしょう。ではまた。。体験会のお申し込みはこちらからどうぞ!https://vocalasaka.com/rythmique

      5
      テーマ:
    • 今人気のリトミック、何歳から始める?①

      音楽を通じて子どもの情操教育を図るリトミックが注目を集めています。ピアノや英会話といった習い事には、習い始める適切な年齢があります。例えばピアノ教室の場合、ピアノの鍵盤を演奏出来る最低限の年齢や体格的な制限があります。吹奏楽で使われる楽器は、一定の肺活量がないと上手く演奏できません。そうした理由で、吹奏楽は中学生から始める子どもが多いのです。では、新しい音楽教育であるリトミックは何歳から始めるのが効果的なのでしょう?◆子どもの習い事には集中力が必要どんな習い事でも、子どもの集中力が試されます。ピアノを前にして譜面を見ながら演奏する。発表会で多勢のお客さんを前にピアノを披露する。小さな子どもにとって、集中力が必要な時間です。一般に子どもの集中力は「年齢+1分」が限界とされています。つまり、3歳の子どもなら3歳+1=4分、5歳なら5歳+1=6分しか子どもの集中力は続きません。親御さんにとってはわずか4分間しか続かない集中力はショックな数字でしょう。しかし、小さな子どもにとって世界は不思議な魅力に溢れています。見たことのない楽器、不思議な音、周りにいる子どもたち。そんな子どもの興味を惹きつける環境で、大人の要求する時間内に集中力を維持するのは無理な話です。集中力が続かない子どもを心配するより、むしろ周囲の環境に興味を次々と示す好奇心を褒めてあげるべきではないでしょうか。◆リトミックを始める年齢の正解とは?好奇心は子どもの専売特許。好奇心は生まれて間もない赤ちゃんにもあります。光りの射す方向へ顔を向けたり、音の鳴る方へ笑顔で応えたりと周囲の環境に興味津々です。そんな子どもの好奇心をリトミックは大切に育てます。つまり、リトミックを始める年齢の正解とは、0歳からでも可能なのです。ピアノ教室はピアノを弾くこと、ピアノの音を聴くこと、またピアノを弾くための知識などを学びます。ピアノは0歳ではさすがに弾けません。リトミックでは、音楽を体で感じる、感じた音楽を子ども自身が表現することを体感します。音楽を体で感じるなら、音に好奇心のある0歳でも可能です。ですから、リトミック教室は0歳児でも可能なのです。続きはまた次回。。体験会のお申し込みはこちらからどうぞ!https://vocalasaka.com/rythmique

      5
      テーマ:
  • 22Oct
    • 今人気のリトミックの効果って⁉︎②

      リトミックの効果には、いくつか種類があげられています。そんなリトミックの効果を前回に引き続きいくつかご紹介します。​​​​​​◆リトミックの効果・基礎的運動能力音楽教育で運動能力とは意外な組み合わせに感じるかも知れません。リトミックでは、音楽に合わせて身体で表現するレッスンがあります。実は、この身体表現のレッスンが運動能力向上に効果的なのです。音楽に合わせて歌ったり身体表現したりするには、基礎的な体力が必要です。リズム感、声を出す肺活量、身体を動かす筋肉。どれも小さな子どもの成長に欠かせません。もちろん、楽器に触れる基本的な技術も習います。音楽に合わせて自然に身体を動かす事で基礎的運動能力が養われ、耳からの情報で身体を動かす、脳と身体の同期性も養われます。これは音楽を教育に取り入れたリトミックの特徴と言えます。◆リトミックの効果・ママのストレス軽減リトミックには、子どもとママがいっしょに音楽を楽しむレッスンが用意されています。小さな子どもと楽しく音楽を聴いたり歌ったり踊ったりと、スキンシップや歌を通してママのストレス軽減にも効果があるのです。一般に習い事というと、子どもを先生に預けてレッスン終了時に迎えに行く、というスタイルになります。リトミックでは、ママと子どもたちが同じ時間で同じ音楽を楽しむ事が出来るのです。子どもと身体を動かしたり歌ったりしてリフレッシュすれば、新しい気持ちで生活に向きあえます。リトミックで知り合ったママ友とのおしゃべりにも華が咲きます。何より、子どもが小さくてかわいい時代にいっしょにふれあった時間がが将来の思い出にもなるでしょう。◆まとめ集中力、社会性、基礎的運動能力がリトミックの主な効果である事がお分かり頂けたと思います。子どもたちへの学習効果だけでなく、ママのストレス軽減やリフレッシュといった副次的な効果も見逃せません。リトミックの効果は量的な測定が難しい側面があります。しかし、社会性、創造性といった大人にとっても役立つスキルが身に付けられるのもリトミックの教育効果です。「鉄は熱いうちに打て」の諺もあります。小さな子どもの頃に身に付けたスキルは一生使えるスキルとなります。大人になっても役立つスキルを、子どもの頃からリトミックで身に付けませんか⁉︎ではまた。。体験会のお申し込みはこちらからどうぞ!https://vocalasaka.com/rythmique

      5
      テーマ:
    • 今人気のリトミックの効果って⁉︎①

      リトミックの効果には、いくつか種類があげられています。単なる音楽教育や知識教育ではないため、「難しい曲が弾けるようになった」とか「英単語をたくさん覚えられた」といった量的に測れる効果ではありません。そんな目に見えにくいリトミックの効果をいくつかご紹介します。◆リトミックの効果・集中力他の習い事でも「集中力は身に付く」と謳っている習い事があります。しかし、小さな子どもに集中力を望むのは難しく、「年齢+1」分間しか子どもの集中力は継続しない、という説もあります。リトミックでは、子どもの好奇心を惹く事で集中力を継続させる効果があります。小さな子どもにいきなり難しいクラシックの名曲を聴かせても集中出来ません。しかし、年齢の近い友だちやお母さんといっしょに歌ったり踊ったりすることには興味津々です。こうした子どもの好奇心・興味を持つ音楽や環境を用意する事で、リトミックは子どもの集中力を養います。◆リトミックの効果・社会性リトミックでは、子どもたちにグループで表現するレッスンを採用しています。音楽に合わせて即興でダンスを創作して、子どもたちみんなで表現する。そんなレッスンを通じて、コミュニケーションスキル=社会性を身に付ける効果があります。小さな子どもたちの世界でも、独自の世界観があり子ども同士のコミュニケーションスキルが求められます。そして、コミュニケーションスキルは一生モノのスキルでもあります。音楽を通じて社会性や創造性を小さなうちから育み、大人の世界でも通用する即時反応力のある社会性を育ててみませんか。続きはまた次回。。体験会のお申し込みはこちらからどうぞ!https://vocalasaka.com/rythmique

      6
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス