手伝います | おそらくその平凡こそ幸せ

おそらくその平凡こそ幸せ

ツンデレ小4・オナラマスター旦那との日常とフニャコのたわごと

おそらくその平凡こそ幸せ

ケーキ屋さんの前を通り、自分の誕生日が近いことを思い出した。



おそらくその平凡こそ幸せ

50歳を否定すると

あぱ「じゃあ、5歳ぐらい?」



適当にもほどがあるだろう。



それにしても20歳半ばぐらいから歳を思い出すのが

あやふやになってきた。





あぱ「ろうと(そ)く何本立てれるん?

30本ぐらい立てれるん?」


いやいや、年齢に忠実に立てていては

ケーキ一面に穴が開いてしまうではないか。


もちろん1本で10歳分のろうそくを使うに決まっている。


おそらくその平凡こそ幸せ

おそらくその平凡こそ幸せ


娘は今から私の誕生日ケーキを楽しみにしているようです。

もちろん食べることよりろうそくを吹き消すのを。





応援いつもありがとうございます!

人気ブログランキング  子育てブログランキング

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング