中国人の娘さん達は

餃子を作れなければ嫁に行けないというのは

本当なのでしょうか?

現代の中国人の娘さん達に当てはまるのかどうか?

本当かどうか確かめる為には

中国人に聴く必要がありますね。

 

バリタイ福生店の公式HP

 

 

 

 

では、「餃子を作れる」と思った皆様方!

おそらく連想した事は

餃子の皮の中に餡を包むことではないですか?

私がここで言っているのは餃子を作るとは

餃子の皮を小麦から作ることから始まる餃子作りです。

 

そんな私も餃子の皮作りに挑戦したことはありません。
中国の東北地域の中国人が作る

モチモチした餃子の皮は簡単に作れるものなのでしょうか?

 

人それぞれ好みはありますから

日本のメーカーが作った餃子の皮が

どうしても好きだという方もいらっしゃるとも思います。

 

でも家庭の手作りのモチモチした餃子の皮は美味しいですよ。
私がバリタイ福生店に勤務する以前に

工場で働いていた事があるのですが

その工場に中国人が来ていたのです。
若い女性達だったのですが

中国人女性が作った餃子をご馳走になりました。

餃子を作ってくれた女性は

中国の東北地域の人でした。

 

東京の西部に満北亭という

旧満州を彷彿とさせるネーミングのラーメンチェーン店があります。
そこの売りは餃子なのですが

満北亭の餃子は上記の中国人女性が作ってくれた様な餃子を

イメージしているのだと思ってしまいます。

 

人類の歴史の中で農耕というものが

どの様に始まったのかは

素人である私はよく判りません。
気候帯によって様々は農業の形態がある訳ですよね。

 

餃子は小麦をつかった料理ですから

小麦が豊富な地域が発祥なのだろうと思います。

餃子は中国が発祥なのだと中国人は主張することでしょう。

 

イタリアのラビオリが水餃子に似ていると言われないですか?

発酵させていない小麦粉の生地で餡を包むという発想は

小麦が主食である文化圏で料理を作る人なら

自然に思い付かないですかね?

 

餃子ではありませんが

同じ餡を小麦の生地で包む料理で

インド・ネパール料理屋のメニューのモモは

ウィキペディアによれば

「チベット料理であり

中国の小籠包と関連は深く

中国からチベットに伝播した」的な記述があります。

 

しかし

その起源は実は判らないのではないか?と

素人ながら密かに思ってしまいます。

 

イタリアのピザにしても

トルコにピデというピザに似た料理があり

また

中国にも餅(ビン)という小麦粉の生地を平らにして焼いた料理が

あります。

 

皆さん元祖を主張したいですよね?

 

文化というのは伝播していくものなのでしょうけれど

シンクロニシティの様に同じ結果が別の地域でも起こったと

考えられないでしょうかね。

 

確かに現代ではインターネットで一瞬で全世界に

伝播してしまうのでしょうけどね。

 

 

さて話かわって

 

 

歌手のミーシャさんはMISIAですね。

ロシア発のキャラクターに

小熊のミーシャというがありましたね。

モスクワオリンピックのキャラクターでした。

ミーシャさんのMISIAは小熊のミーシャのMISIAでしょうか?

 

MIをスペイン語の「私の」という所有格と考えて

MI ISIAとすると

ミーシャさんの家系は医者の家系ですから

MI ISIAは

私の医者という意味が込められてないでしょうかね!?

 

 

今夜はバリタイで包みこんで下さい!