バスク屋さとこのバスク道 ~トルコ12人目の認定職人となるために~

トルコ伝統の木版アート バスクの修行の日々を綴ります。


テーマ:

前回の記事で、キリム講習会で教えていただいた技術の半分についてご紹介しました。

 

キリム、ジジム、スマック、絨毯。

 

このうちのキリム、ジジムについては前回ご紹介しましたが、スマック、絨毯についてはまだでしたので、今回ご紹介します。

 

まず、絨毯。

 

みんなが思いうかぶ、あのフカフカの絨毯ですね。

 

厳密には、ペルシア絨毯とトルコの絨毯では、糸の巻き方に違いがあるそうです。

 

今回の講習会ではもちろん、トルコの絨毯のやり方を教えていただきました。

 

 

絨毯っぽいかな? 模様はほとんどわからないですけど。。。

 

でも、これでは、まだまだ、詰め方が甘いらしい。目をぎゅっとぎゅっと詰めなくてはいけません。

 

詰めてみました。

 

 

2/3くらいの大きさになりました。少しは模様もでてきたかな。

 

もう一つの技術はスマック。

 

経糸にそって、版返し縫いのように横糸を絡みつかせていきます。

 

 

この三角のふちどりになっているのがスマックです。えんじ色と赤色の二本で追っています。

 

ついでに、口頭で聞いた仕上げ方法についてもやってみました。

 

まず、経糸をきったら、ほどけてこないように、房に結ぶ。

 

みつあみでもいいということなので、みつあみにしてみました。

 

その後に、表面を火であぶって産毛をとり、水であらって、アイロンをかける。

 

 

もともとの技術がまだまだなので、あまりきれいになったという変化は写真からはわかりませんが、じっさいは、「おお、キリムっぽい!」と思うように変わってるんですよ。

 

まだまだキリム修行も続きますが、講習会のご報告はここまで。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。