BaseForm.

BaseForm.

内装・外装5,000件を見た確かな目で建物をトータルプロデュース

大阪にお住まいで、断熱リフォームをお考えの方はいませんか。
内窓を設置することで、断熱効果の上昇を期待できます。
今回は、大阪の業者が内窓断熱リフォームの効果を解説します。

 

 

□熱が逃げやすい場所は窓

現在の住宅が、夏は暑く、冬は寒くてお困りの方はいませんか。
断熱リフォームをすると、より快適な暮らしが待っていますよ。

そもそも、熱は温度の高い方から低い方へ移動する性質を持ちます。
つまり、夏はせっかく室内を冷房で冷やしているのに、室外から熱が入ってきます。
一方で、冬は暖めている部屋の空気が外に逃げ出してしまいます。
そのため、断熱性能を高めると、生活が快適になるだけではなく、電気代も節約できるかもしれません。

また、住宅の中で最も熱の移動が大きいのが窓です。
壁や床に比べ薄いので、熱が逃げやすいのは想像がつくでしょう。
また、冬は窓周辺が寒いですよね。

数字で見ると顕著で、住まい全体の熱損失のうち冬には約48パーセントが窓から逃げ、夏には約70パーセントが窓から入ってきています。
つまり、窓をリフォームすることで、断熱リフォームになることが分かりますよね。

 

 

□内窓断熱リフォームの効果とは?

内窓リフォームとは、既存の窓の内側にもう1枚窓を取り付ける方法です。
北海道や東北等の寒冷地では、昔から一般的に用いられてきた方法ですよ。

内窓リフォームでは、単純に窓が増えるので、断熱性は高まります。
他にも、防音対策や防犯対策にもなるのでおすすめです。
冬には結露でお困りの方も多いでしょうが、内窓リフォームすると、結露もできにくくなりますよ。
また、内窓リフォームは既存の窓を壊さずに、内側に増やすので、工期は短くて済みますし、コストも抑えられます。

ここで、二重窓や複層ガラスとの違いが気になる方がいるでしょう。
二重窓と内窓は同じです。
複層ガラスと内窓の違いは、窓が1つか2つかです。
複層ガラスはガラスを2枚使って1つの窓にしているため、1つの窓です。
一方で、内窓はサッシ枠自体が2つになるので、違いに注意しましょう。

この2つはよく混同されますが、効果も異なるので、どちらにするかは事前に業者に相談するのがおすすめです。

 

 

□まとめ

今回は、大阪の業者が、内窓が断熱リフォームに効果的な理由をご説明しました。
床や壁よりも、窓のリフォームは手軽にしやすいのではないでしょうか。
ぜひ、今回ご紹介した知識を基に、賢くリフォームしてみてください。
リフォームでお困りのことがありましたら、ぜひ当社までお問い合わせください。

 

 

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□



引用元:大阪の業者が内窓で断熱リフォームをする方法をご紹介します