ソフトバンク 新外国人投手獲得 17年メジャーで8勝を挙げた速球派先発左腕 アリエル・ミランダ | 巨人ファンのプロ野球ブログ

巨人ファンのプロ野球ブログ

秋田に住む巨人ファン
他球団情報や獲得報道のあった外国人選手の情報、ドラフト情報などに興味あり


テーマ:

2018年シーズンも優勝候補に挙げられながらも現在首位とは4.5ゲーム差の3位タイにつけている福岡ソフトバンクホークス

 

盤石と思われていた選手たちに故障者が相次ぎ先発・中継ぎ共に手薄な状況となっています

 

そんな中で7月6日にソフトバンクが昨年シアトル・マリナーズ7勝を挙げたアリエル・ミランダ投手を獲得したと発表しました

 

【ソフトバンク】キューバ左腕・ミランダ獲得を発表 メジャー通算13勝

 ソフトバンクは新外国人としてアリエル・ミランダ投手(29)=マリナーズ3Aタコマ=の獲得を発表した。メディカルチェックなどを経て正式契約を結ぶ予定。キューバ出身の左腕でメジャー通算44試合で13勝9敗、防御率4.72の成績を残した。

 チームは絶対的な守護神のサファテ岩崎を筆頭に故障者が続出先発でも昨季最多勝に輝いた東浜和田も離脱中。

 首位西武4.5差の3位タイにつけているが、2年連続のリーグV、日本一へ苦しい台所事情もあり先発、中継ぎともに経験のある左腕緊急補強した。

 「今回、福岡ソフトバンクホークスに入団することになり、この上なくワクワクしています。また、熱狂的なホークスファンの皆さんのためにホークスのユニフォームを着てプレー出来ることを光栄に思います私、そして、私の家族このような機会をいただいた事に、とても感謝しており、家族みんなで今から福岡での生活を楽しみにしています。そして最後に、この2シーズン私に貴重な経験をさせてくれたシアトル・マリナーズ心から感謝申し上げます」と球団を通じてコメントした。

 

今回はソフトバンク獲得を発表したアリエル・ミランダ投手について書いていきます

 

2017年はメジャーで7勝をマーク 力強いストレートが武器の左腕

アリエル・ミランダキューバ出身の29歳

左投左打の投手です

2007年から2013年までキューバ国内リーグでプレーし、その後メジャーリーグでのプレーを目指して亡命

2015年5月23日ボルティモア・オリオールズマイナー契約を結び、入団

この年はルーキーリーグ1A+2Aとプレーして合計14試合6勝3敗、防御率3.60を記録しています

2016年3A昇格し、19試合4勝7敗、防御率3.93を記録し、7月3日シアトル・マリナーズ戦でメジャーデビューを果たします

また7月31日には交換トレードシアトル・マリナーズ移籍し、12試合5勝2敗、防御率3.54を記録

2017年開幕ロースター、ローテ入りを果たすと31試合8勝7敗、防御率5.12自己最高の成績を記録

2018年開幕メジャー入りを逃し4月17日メジャー昇格して先発すると5回6安打1失点、4四球、5三振を記録するも翌日に3A降格し、3A10試合5勝0敗、防御率3.97を記録しています

球種に関しては

平均92.2マイル(約148.3キロ)のストレートスライダースプリットチェンジアップを投げていています

特にスライダー空振り率が12.9%スプリット17.1%決め球として機能している印象です

 

成績で読み解く

MLBでの成績

16年 12試合5勝2敗 防御率3.88 58.0回 被安打47 18四球 44三振

17年 31試合8勝7敗 防御率5.12 160.0回 被安打140 63四球 137三振

18年 1試合0勝0敗 防御率1.80 5.0回 被安打6 4四球 5三振

通算 34試合13勝9敗 防御率4.72 被安打193 85三振 186三振

3Aでの成績

16年 19試合4勝7敗 防御率3.93 100.2回 被安打95 31四球 87三振

18年 10試合5勝0敗 防御率3.97 45.1回 被安打44 24四球 40三振

通算 29試合9勝7敗 防御率3.95 146.0回 被安打139 55四球 127三振

 

上記がアリエル・ミランダMLB3Aでの成績です

際立っているのが2017年の活躍開幕ロースター入りを果たし、シーズン通して先発ローテを守り31試合で8勝、160イニングを投げている事です

正直に言えば持っているカタログスペック実績を考えても途中加入で獲得できるレベルの選手範囲を超えているといっても過言ではありません

ストレートに関しても平均148キロを計測し、スピンレート(1秒間にボールが何回転するかMLB平均は2200)2441回転と高く、NPBではなかなかいないタイプのボールと言えます

また変化球についてみてみると

スプリット (MLB通算) 702球

被打率 .190(259-49)

三振数 116

空振り率 17.1%

チェンジアップ (MLB通算) 679球

被打率 .250(108-27)

三振数 7

空振り率 14.6%

スライダー (MLB通算) 163球

被打率 .080(25-2)

三振数 8

空振り率 12.9%

これを見るとスライダー決め球として使われていて、チェンジアップカウント球として使用し、スライダー機能している事になります

 

気がかりなストレートの制球面と被本塁打率

気がかりなのはミランダのストレートの制球面と被本塁打率の高さです

上記の画像はミランダストレートがどのコースに投げられているかを示したヒートマップです

これを見るとベルトから高めに投げる割合が高くなっている事が分かります

これを見るとストレートのコマンド(狙ったスポットに投げる能力)がかなりアバウトである可能性があります

またこのストレートのアバウトさ被本塁打率の高さに繋がっているようで

ストレート (MLB通算) 2109球

被打率 .257(439-113)

三振 55

空振り率 6.4%

zMov 10.7

被本塁打 33本

FB% 44.6%

HR/FB 19.0%

FB%40%を超えHR/FB19%と高くなっています

原因としてはスピンレート2400台であることがあり、スピンレートが高い場合フライが上がる確率も高くなり、本塁打を打たれる可能性も当然高まります

先ほどのストレートのコマンドのなさ失投となり、痛打されていると思われます

2017年被本塁打率2.08160イニングを投げた投手ではMLB史上ワースト2位となってしまうなど、気がかりな点となりそうです

 

映像で読み解く

2016年8月4日レッドソックス戦 マリナーズ移籍後初登板映像

2017年4月17日マーリンズ戦 5三振を奪った映像

 

力強いストレートスプリット三振を奪っている事が分かります

ストレートが高めに浮いてしまう事はやや気になる点ではあるのですがスプリットをしっかりと使えており、またNPBでは珍しい球速のある左腕であることは大きなプラスです

途中加入と考えるとこれほどの人材を獲得できるというのもソフトバンクが持つ金銭面やサポート面の良さがあるのだと思います

また途中加入でこのレベルの選手が来日するのであれば、NPB進出を狙う選手増える可能性も出てきたといえます

ソフトバンクとしても大きな戦力補強になったという印象です

野球好きさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス