10/16(日)太陽

六郷登山協会にて「大曲~花巻線 を歩く会」が行われましたウインク

 

--------------------

明治26年(1893)、正岡子規は奥羽行脚の旅をしました。

八郎潟で旅を終えた子規は、東京へ汽車で帰るために岩手県北上市へ向かいます。

その際、大曲、六郷を通り、黒森峠を越えて岩手県へ抜けました。

 

この旅の様子は紀行文「はて知らずの記」として著され、子規が通った町々には句碑が建てられています。

 

今回通る道にはその句碑が2つあり、

それらを見学しつつ、子規が通った古道を歩こう! という趣旨です。

--------------------

 

今回の参加者は、一般の方を含め計26名+話題新聞の記者さん1名ランニング

 

まずはマイクロバスで黒森峠にある句碑へバスDASH!

 

↓岩谷朝徳先生より句碑の解説をして頂きました本

「蜻蜒を  相手にのほる  峠かな」

(とんぼうを  あいてにのぼる  とうげかな)(蜻蜒=トンボ)

 

↓素晴らしい眺め。雲海が綺麗です船

いやぁ~ いいですねお願い

 

 

↓黒森峠の少し先、車止めの場所から”歩く会”のはじまりランニング

 

 

紅葉の色付き具合はまだ若い感じでしたもみじ

 

 

↓写真左下は県境の”笹峠”。 写真右下は滑ると危ない片斜面の”馬転がし”競馬

 

 

↓進行方向左に女神山が見えました富士山。今日も綺麗ですデレデレ

 

この後順調に歩きすぎて、終点のバスが見える所まで来てしまいました(笑)べーっだ!あせる

 

↓せっかくだからバスまで行かないようにして、少し手前で昼食おにぎり(写真左)

と言うわけで、迎えのバスに到着バス。お疲れさまでした!ウシシ

 

 

↓今降りてきた道路沿いにある2つ目の句碑にてカメラ

「蜩や  夕日の里は  見えながら」

(ひぐらしや  ゆうひのさとは  みえながら)

 

この句の超意訳:

子規 「やべっ 暗くなってきた?

      家とか見えるのにな~。  結構歩いてるけど全然近付かねぇ(汗)」

 

多分そんな感じねー

 

 

↓今回歩いたGPSのデータスマホ。 左から右へ歩きましたあしあと

データによると距離は5.4km。持参した歩数計は8100歩でしたあし

 

地形図から分かるようにほぼ水平移動。たまに片斜面で歩きにくい所がありますが、基本広めの道です。

 

皆さんお疲れさまでしたべーっだ!