共感覚な日々

共感覚な日々

日常の事を徒然に書いていきます。共感覚者の私の感覚が独特に聞こえるかもしれませんが、面白い、と思って頂けるとよいです


テーマ:

私は会社員で、顧客との電話やり取りが仕事の一部なんですが

ほっっんとうに、

この数年、へ―――ンテコリンな事を言う相手が多くて、閉口します。

 

コミュニケーション障害とか、近年良く聞くけど、

その原因って、私的には、

メールから始まってツイッターやラインやらばっかで

「衝動的に」

「一方的に」

空気も読む必要もなく思った事をハラに溜める余裕さえなく、

矢継ぎ早に文字にしてしまう生活を送ってると、

会話力が育たないんだと思っているけど....。

 

ホント、こんな風に言いたくないけど、若い方に多い気がします。

 

というわけで、今朝の電話。

私 「お世話になっております」

相手 「先ほどネットから注文したんですけどその件で」

私 「はい。有難うございます」

相手 「何からお伝えしたらいいでしょうか?」

私 「.......」

相手 「.......」

 

「お伝え」したい事は、貴方じゃないから私にはわからんのです....(-_-;)

★写真は、去年撮ったものです

劣化したフィルムで撮ったら、こんな風に撮れました(^_^)


テーマ:

これでも色々と、去年は要らん物をどんどん処分したんだけど、

まだくたびれてもいない靴を捨てるって、ちょっと出来かねる...

 

とはいえ20年も履いてなかったこのハイヒールスニーカー...

年齢的にもうこんなの似あわないわ...と、お蔵入りしていたものの、

多分5回位しか履いた事が無く、しかもファッショナブルで、

パリで買ったこの赤い靴が、可愛くて愛しくて、どうにも捨てられなかった。

 

しかし、ひっさびさに箱から出してみたら、ヒールゴム部分が劣化してボロボロになってた。

ああ、これでやっと捨てられるわ。

 

でもやっぱり、愛した靴だから、記念に写真に収めておく。

これ履いて歩くと、とても気分が良くなって、ウキウキして歩いたっけ。

 

パリで買って、そのままLAに飛び、街中で履いていたら、

随分何人ものすれ違う人たちに、

うわっスゴイカッコいいねその靴!!とてもいいよ。どこで買ったの??

と聞かれたもんだ。

欧米人の好きな処ってこういう所。

知らない人でも、いいねそれ!!って感じたら躊躇しないで話しかけてくる。

だから私もそうしていた。でも...日本に帰ってきた今でも、そう言う気持ちになることがよくあるけど、、、、

 

変な奴、とか怪しい人として警戒されるからなあ。

褒める、って、褒める方も褒められる方も楽しい気持ちになると思うんだけどなあ。

 

LAにいた頃、すんごい仕事で苦労してたにもかかわらず、

そういう意味で、ちょっとした知らない人との短い会話で、随分と心が救われていたもんだっけなあ。

日本、好きだけど、そう言う部分が、とてもさびしい。

 

そんな事を考えさせてくれる、想いの詰まった私の赤い靴。さようなら!


テーマ:

ギネスに載った<世界一星の数が多いプラネタリウムを観た

 

リクライニングで見上げるドームの映像は圧巻。

更に映画も上映。これが凄い。

背後から頭上から360度映像で、

どやって作っとんの!!??

と驚愕の映像体験。

 

フルドームCGという技術だそうで、

これ製作してる会社も殆どまだ日本に存在してないみたい。

とにかくすごい臨場感。また体験したい!!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス