エコカーブログ [ eddie-k's eco_car blog ]

エコカーブログ [ eddie-k's eco_car blog ]

「環境にやさしいクルマ」や 「自動車新技術」 をメーンテーマに、 「クルマ」に関する話題や情報について、私見をまじえて紹介するブログ

【 毎日更新!】


エコカーブログ へようこそ! 
【 Welcome to The eddie-k's eco_car blog 】




フォルクスワーゲンは、10月13日に初公開する予定の新型コンパクトSUVの車名を、『タオス』(Volkswagen Taos)と発表しました。


タオスは、米国ニューメキシコ州の町の名前に由来するネーミングという。世界クラスのスキーリゾート、広大な平原、サングレ・デ・クリスト山脈、壮大なリオ・グランデ渓谷などで知られている。


今回の命名について、北米フォルクスワーゲンのマーケティングおよび、戦略担当のHein Schaferは次のように述べている。 「フォルクスワーゲンファミリーの新たなメンバーの名前を発表できることを嬉しく思います。クルマのキャラクターとニューメキシコ州タオスの町はぴったりでした。タオスはアウトドアアドベンチャーからアート、デザイン、素晴らしい料理まで、さまざまなものを提供する小さな都市です」


また、タオス市長ダン・バローネ氏は、 「フォルクスワーゲンがタオスの町にちなんでフォルクスワーゲンのSUVを命名したことを私たちは興奮しています。私たちのコミュニティにとって、その豊かな歴史と文化をフォルクスワーゲンとともに共有する素晴らしい機会です」と述べた。


新型コンパクトSUV「タオス」は、フォルクスワーゲンのラインナップにおいて、『ティグアン』の下に位置するモデルになる。また、フォルクスワーゲンが掲げているSUV倍増戦略における次なるモデルになるという。


さらに、タオスは、高いバリューや優れた燃費とパッケージングが追求されており、高度なインフォテインメント・システムと先進運転支援システム(ADAS)も採用されている。 なお、フォルクスワーゲンは発表に際し、タオスの新たなティザーイメージを配信しています。

 

 

 

The eco_car blog Front Page
  ↑ ↑ ↑ eddie-k's eco_car blog ↑ ↑ ↑

 

 

【 Taos || Volkswagen Argentina の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=o7Dz741Wir0

 

 

【 Conoce el nombre de un nuevo SUV | Volkswagen Mexico の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=FNG-5Y8X7wo

 

 

 ダウンポチって頂けるとやる気がみなぎります ビックリマーク

 

 

      

 

 

 



豊田合成は、車のフロントを彩る 「LED発光エンブレム」 を開発したと発表しました。 この製品は、中国・東風汽車が電気自動車(EV)を中心に展開する新たな高級車ブランド 「VOYAH」 から2021年以降に発売される複数の車種に搭載される予定という。


豊田合成は最大市場の中国を重点の一つに据えて、現地の顧客ニーズに応える高付加価値な製品を提供しており、今回、東風汽車の新たな挑戦を支える戦略パートナーの1社に選ばれた。 東風汽車は7月に開催した新ブランド戦略発表会でコンセプトカー 『i-Land』 を披露している。


その際に新たなる挑戦として、新型モデルのフロント中央部に先進性を象徴するLED発光エンブレムが輝いていた。 豊田合成は今後も、樹脂の加飾・成型やLEDなどのコア技術を活用し、多様なデザインニーズに対応していくとしています。


 

 

The eco_car blog Front Page
  ↑ ↑ ↑ eddie-k's eco_car blog ↑ ↑ ↑

 

 

【 Voyah i-Land 2021 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=oKphrRlQgNo

 

 

【 New Voyah i-Land EV concept - amazing design の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=AXa0T-GzXAc

 

 

 ダウンポチって頂けるとやる気がみなぎります ビックリマーク

 

 

      

 

 

 



◆最新ケア用品としての馬乗り形電動車いす福祉車両
株式会社テムザックは、2009年から開発を始め、2017年に発表した「RODEM(ロデム)」を含む馬乗り形電動車いすが、9月23日(水)に経済産業省より日本産業規格(JIS:Japanese Industrial Standards)の安全要求事項(T9210)として制定され、公示されたと発表しました。

 

 

テムザックでは、長年要介助者の移乗の課題解決に着目し、この規格が必要であると、その制定に向け活動を継続。 長年の思いが結実したという。


高齢化が進む日本の介護現場では、高齢者・障がい者がベッドから車いすに移乗・移動する際などに、転倒する事故が発生している。また、抱きかかえ介助作業における介護者の腰痛発症が原因で、介護者の離職につながるという課題もある。


「質の高い生活を、すべての人に」をコンセプトに、少子高齢社会の中で介助者・被介助者双方の負担を減らし、だれもが暮らしやすい社会を実現したいとの想いで開発された「RODEM」は、体の向きを変えることなく移乗でき、そのままベッドや椅子、トイレ等への移動を可能にしている。


【 「RODEM」 6つのメリット 】
  1.ベッドや椅子からの乗り移りがスムーズに
  2.狭い場所でも旋回がしやすい
  3.スマートフォンで遠隔操作ができる
  4.歩行者と視線の高さを合わせることができ、会話しやすい
  5.生活空間を広げ、自立度をアップ
  6.前傾姿勢により、気持ちが前向きになる

 

 

 

The eco_car blog Front Page
  ↑ ↑ ↑ eddie-k's eco_car blog ↑ ↑ ↑

 

 

【 「RODEM」のWEBサイト はこちら 】

https://www.tmsuk.co.jp/rodem/

 

 

【 「tmsuk」 RODEM / ロデム 車いす型ロボット の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=affS1NmsIwg

 

 

 ダウンポチって頂けるとやる気がみなぎります ビックリマーク