おはようございますカエル
今日は上着がいらないくらい暖かいですねチューリップちょうちょ



さっきコンビニでおにぎり弁当と言うものを
買ったんですねおにぎお弁当

レジにいって「温めてください」と伝えたら

『何分温めますか?』と聞かれ

思わず『えっ?』と答えてしまいました。

普通だったらそのまま温めてくれる感覚だったので
びっくりしてしまいましたハッ


実は、、、
そのお弁当は普通温めるものじゃないみたいで
秒数が書かれていなかったのですおばけくん


そんなことをしてる間に私は考えましたうずまき

何分なんだろ?
10秒くらい?
でもうちの電子レンジとW数違うからな、、、

と考えていたら
めんどくさくなってしまいアセアセ

最終的に自分でやることにしました笑い泣き
レジも混んでいたので笑い泣き


私はその後なにかのモヤモヤが取れず、、、
誰かに言うことでもないので
blogに書かせて頂きました笑い泣き笑笑

blogに書くようなことでもないもやもや笑笑


自分が店員さんだったら、、
レンジの使い方はお客さんより知っているだろうし
何個も温めてるから
大体このくらいなら何分だろ
みたいな想像はできるはず、、、
なのでなんにも聞かずに温めるだろうな〜とか
考えさせられましたキョロキョロ



私の要望は【スマートに終わらせてほしい】
だったのだと思います。



相手の要望に応えるって
仕事においても人間関係においても
すごく大事で
信頼関係に繋がることだと
改めて思いましたニコニコ 


例えば仕事で、
自分の伝えたいことだけ伝えようとしたら
相手の要望なんてすっ飛ばして
商品などの良いところだけ言って終わるでしょう。

逆に、仕事のできる人は
まず相手の話を聞きます。
そうすると、相手は要望を教えてくれるのです。
その会話のキャッチボールの中で
商品などの良さを伝えていくのです。 


ルール通りにやるのは悪くないことかもしれません。
だけど、ルールより相手が求めていることを
重視して仕事するって
結構大事だったりしますよねハート


コンビニに行っただけなのに
【スマホを落としただけなのに】的な感じですw



最後まで読んでくれてありがとうございましたキラキラ