こんにちは。当ブログをご覧いただきありがとうございます。

PCでレイアウトをあまり気にせず書いているので、

特にスマホで御覧の場合、「下手くそか!」と言いたくなるところで

改行されていると思います。ご容赦ください。

 

昨年のぶりくらから約1年ぶりの更新です(あれ?去年も書いた?)。

今年もぶりくら市が開催され、参加できることが何より嬉しいですね。

川口さんはじめ、運営の方々、本当にありがとうございます。

 

さて、お品書きの前に、何点かご案内を。

***********************************

諸注意

① 事前売約は行いません

 そんなに凄まじい速度で生体が出ていくブースでもありません。

 のんびりお越しいただいて、ゆっくり見てください。

② 性別の怪しい個体もいます。

 確実に保証できるようなものではありませんので、ご了承ください。

③ 写真が下手ですw

 最近はフラッシュで無理やり撮っていますが、たまに盛れてしまいます。

 イベント当日はの写真と同じ色合いにはまずならないことをご理解ください。

④ このブログに掲載されている価格は、目安の価格です。

 必ずしもイベント当日に同じ価格とは限りません。上にも下にも変わります。

 

***********************************

それでは、以下リストです。

 

ニシアフリカトカゲモドキ

※40ほど持ち込むうちの6しか写真を撮っていません。すいません…。

 

ノーマル(WCF1とかhetありとか)

↓二人は共にWCF1です。今年はこれが一番楽しかった。

フラッシュでちょっと明るくなってしまっていますが、まぁまぁこんな色です。

バンドがいい感じに侵食されたり、尾先の青にオレンジが食い込んだり、

成長するのを見ていて楽しかったのがこの子たちですね。

多分来年は、半分以上ここをいじる年じゃないかな…w

この子たち、当然持っていく子なんですが、ここだけははっきり言って「高い」です。

別に付加価値を乗せたいからではありません。売れなくていいからです。

(じゃあ持ってくんなとか言わないで!見せたい方がいるの!)

hetありのノーマルは12000円で置いてます。

 

オレオ(hetは色々です)

写真は…ない!w

基本25000~30000円です。

 

パターンレス(同上)

写真は…ない!w

あ、1人すげーきれいなのがいます。会場で見てもらえばわかりますが、

パターンレス3人いて、明らかに値段が違うはずです。

ただし、会場では絶対にそんなに奇麗じゃありません。

ベストの色が見られるのが、我々の特権ですw

普通のパターンレスで25000~30000円です。

 

ホワイトアウト(hetオレオは確定)

写真は…ない!w

真っ白を目指しているホワイトアウトではありません。

だいたい30000円前後で置いています。

 

ホワイトアウトオレオ(hetはパターンレスがあったりなかったり)

雑に2人だけ撮りました。画角から何から、ちゃんとしろよという写真…。

あ、そういえば今年で5回目のぶりくらなんです。

とりあえず業1周分は出させていただきました。本当に感謝です。

というわけで、ホワイトアウトオレオは5回目にちなんで、

5人(匹)まで55000円の予定です。雌雄関係なく。

ただ、うちのこの辺はhetゴーストとかないやつなので、

そういうのお探しの方は残念ながらです。

 

ホワイトアウトパターンレス(白からオレンジまで)

一番白い子と、そこそこオレンジの子とを撮ってみました。

来年は、てんとう虫みたいな柄のホワイトアウトパターンレス君が繁殖入り。

果たしてわずかでも遺伝するのか、ちょっとワクワクしております。

今年のこの子たちは、まぁ変哲のない子たちです…w

だいたい40000円前後で置いています。

 

オレオパターンレス(売約済み)

アルビノ(売約済み)

 

モニリスビロードヤモリ

いつものやつです…w

今年は2匹しかいないので、販売は1匹だけです。

 

以上です。

ぶりくら、おそらく暇していると思います。

割とニシ見に来る人減っていますしね。

いつでも声をかけてくださいね!よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

以下、ぶりくらとは関係ありません。記録として残しておきます。

多分別でブログ書く暇がもうないしね…w

そこそこの文字数&知っている人は知っている内容なので、

見た挙句「時間返せ」とか言わないでね!

 

① アルビノオレオパターンレスについて

今年何度かXやイベントでお披露目させた子。

一応親情報と出るまでの経緯を書いておきます。

祖父:アルビノ(アプリコット表記時代ではない、アメル表記のもの2019CB)

祖母:パターンレスhetオレオ(購入時はパターンレスのみ。後に判明)

2021:上記ペアでノーマルを取り、♂1♀5に誘導。

同2021:祖父のアルビノと、PANNETT SQUAREさんCBのhetアルビノで交配。アルビノ出る。

翌2022:祖母パターンレスと、ホワイトアウトオレオhetパターンレスで交配。オレオ出る…。

2023:2021に取った♂1と♀3を交配。全てのペアからオレオ出る…。

という流れです。その中で、1/16だの1/64だのを引いて、

アルビノオレオやらアルビノオレオパターンレスやらが取れたという経緯でした。

まぁ、「祖父がキャラメルでない検証」をしたわけでもないですし(普通あり得ないでしょうけれど)

「祖父母共にゴーストやキャラメルを持ってすらいない検証」も当然やっているわけではありませんから、

100%モルフ名が正しいかは知りません。まぁ、気長にやります。

とりあえず、今出回りだしていたり、

来年中国?韓国?あたりから(もしかしたらまたキャリーケースで?w)入ってくるのとは

一応血統は違うんですよーってことを書いておきます。売らないんで、どうでもいいですがw

 

② ゴーストの♀について

今年4ペアかけました。

WC(今年別♀とで繁殖成功)×ゴースト♀A

ホワイトアウトオレオ(毎年繁殖成功してる)×ゴースト♀B

アルビノ(3年連続繁殖成功してる)×ゴースト♀C

ゴースト(去年から不発の♂)×ゴースト♀D

結果全敗です。まぁ、そりゃそうだw

Dのペアだけが、サンプルに入れるかすら怪しいレベルですね。

なお、誰一人無精卵すら持たず。卵のなりそこないみたいなやつは出した子いましたが。

無駄に消耗するだけですし、そこから元のサイズに戻そうにも、ゴーストは多少神経質なのもいるんで

本当はあまりやりたくはないのですが…まぁ、一応来年も同じ程度は頑張ります。

♀がFまでしかいないので、「繁殖できないという分母を増やすための♀」を買うか悩み中…w

 

③ 来年について

ニシは上記の通り、WCFnに最も力を入れます。「自分のニシ」を詰めたい。

モルフもんは、まぁいつも通りには頑張ります。分母は減らす予定。

ゴーストはホモ♀の検証と、単一ゴースト取りだけはやる予定。

で、とりあえずはニシ以外の種を頑張ります。

最近ゼノガマ(テイラー)が可愛くてしゃーないので、

多分買い足すし、どっちのタイプ(色)もやろうかなーと画策中。

サンフランシスコガーターとヒガシアオジタに初挑戦。取れないでしょうねw

あ、レオパもやりたいラインだけやるんです。多分3ペア。

と、いうことで、ニシ一色でないブースを目指して頑張ります!

理想はニシ30~40に他種が10種のブース。次の5年の目標。

 

というわけでここまでです。

最後まで読んでくださった酔狂な方、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。