化粧室、つまりはトイレなのですが、店舗の場合この化粧室が非常に大事です。

 

特に飲食店は必ずと言っていいほどお客様は化粧室を利用します。

 

お店の雰囲気がどれだけ良くても、化粧室が綺麗でなければ

お客様は次の来店を敬遠されることも稀ではありません。

それだけ大事な空間なのです。

 

清潔であればそれでいいという時代は遠い昔の話。

暖房便座・ウォシュレットが付いていればいいなんて言うのも今やベーシックで当たり前。

清潔に加えて、快適性、機能性、時には意外性も空間の要素となります。

百貨店やホテルなどは、ゆったりとスペースをとり、女性用には別にパウダールームも併設されたりしています。

 

 

トイレを制するものは…的なものが完全に出来上がっていますね。

それだけ大事な機能であり空間なのですが、ほとんどの飲食店の場合、トイレは後回し的に考えられてしまいます。

 

その理由としてやはりスペースの問題があるからです。

限られた面積の中で、客席、厨房、バックヤード、そしてトイレをレイアウトしていく中で、メインとなるのは客席と厨房。

これは当たり前ですが収益性が優先され、少しでも多く客席スペースをとりテーブル数を増やしたり、動線を確保したりとレイアウトをパズルのように組み立てていきます。

結局バックヤードや化粧室がいじめられていくことになるのは必然です。

もちろんそれではいけないのですが。

スペースだけではありません、かける費用も客席が優先されがちです。

厨房は環境的な部分よりむしろ機器の費用に消えていきます。

 

とはいえ最近のお客様はしっかりとそのあたりのチェックはしています。

特に女性は「あのお店のトイレはね〜」なんて話題は必ず出てきますので、やはりトイレを制するものは…となりますよね。

 

お金をかければいいと言うわけではありません。

業態やコンセプトによってもトイレ空間は変わってきます。

質感や照明効果、アメニティ、場合によっては外の景色。

 

色んなお店に行くたびどんな化粧室なんだろう?興味はつきません。

なんだか客席空間よりワクワクしますね。

 

 

なかなか予約の取れないイタリアンレストランの化粧室

スペースは広くはありませんが外が見えるので狭さを感じない。

もちろん男性化粧室です。