アトリエポストの徒然なる日々

アトリエポストの徒然なる日々

広島県安芸郡府中町の美容室ポスト。
素敵だと思ったモノやコトバを書き綴ります


post-03-082.com

ビニール傘は使い捨てくらいに思っていた。

この傘に出会うまでは。

フルトン バードケージ



言わずと知れたエリザベス女王が愛し続けたビニール傘。


その日の洋服のコーディネートに合わせて傘の色を変える。


その言葉に釣られて買ってしまった。


気がついたら3本も色違いで持っている。


さすが英国王室御用達なだけあって、しっかりしたデザート、材質、そしてお値段。


世の中のビニール傘で1番高価なんじゃないかと思う。


今までの人生で傘を使っていて、こんなに周りに反応されたのはこの1本だけ。


みんな、かわいいねって。



『夕闇は 路(みち)たづたづし 月待ちて
 いませわが背子(せこ) その間にも見む』
                                       大宅女
            




現代語訳 

『夕闇の道は暗すぎるから

 月が出るまで ここで待ったら?

 そしたら私 もう少しこのまま

 あなたのこと 見つめていられる』




万葉集とはクラシックではなくポップスなのだ。





行きつけのスーパーにはこの時期よく並ぶ食材、みょうがの切れ端。


安くて量もあり、しっかり食べ香りもあるし食感もある。


ただなかなか売り物にならないだけ。


なので毎年買うのです。


今年は梅酢で漬けて、しっかり着色を。


30代になって食べれるようになった食材、みょうが。


あれだけ苦手だったのに、いつのまにか好きになってしまった。


味覚って不思議なもんだ。



post-03-082.com