大石眞行の玄学ライフ

大石眞行の玄学ライフ

大石眞行が占いの観点から日常を観察します。

開運暦『想星帖』

大変ご好評をいただいております。

 

開運のための素材をこれでもかと詰め込んだ暦です。

その中には分かる人だけが特をするデータも密かに、いや明らかに掲載されています。

 

たとえば奇門遁甲時盤局数、この部分を活用している人は少ないのではないかと思われます。

今年は特に冬至前に閏の入る年。

超神接気をきちんと理解でき、奇門遁甲の作盤ができる人用のものです。

 

また逍遥法はその名の通りお散歩で開運する秘法ですが、ここでもう一つのお得な活用法をこっそり教えておきましょう。

 

それは、お散歩に使える時刻にあなたに届いた情報はとても役に立つものであるということ。

これは散歩に出る出ないとは全く関係ありません。

これを能動的に使うと、ある件でどうしても必要な情報が見つからないときに、この時間帯を使って情報収集すると非常に有効な情報が簡単に手に入ります。

現代社会では情報は場合によっては金銭よりも価値があるもの、ましてステイホームのご時世です。

居ながらにして情報検索するにも吉時というものがあります。

 

世の中は自他と合性でできているのです。その対象は必ずしも人間だけではありません。合性のいい時間が吉運気であり、合性のいい空間が吉スポット、森羅万象すべてあなたとの合性があるのです。

 

合性の良いヒト、モノ、トキに囲まれて人生を有意義に過ごしたいものです。