大石眞行の玄学ライフ

大石眞行の玄学ライフ

大石眞行が占いの観点から日常を観察します。

四柱推命講座に引き続き昨日は九星術講座。

占卜はすべての母体です。

命術や方位術の精度を上げ事象の細分化をするためには最初に卜術を経験しておく必要があります。

そのトレーニングのための占卜という意味もあるわけです。

九星事象に精通することは当然ですが同様に十二支事象や十干事象にも通じておかなくてはなりません。

このときに天源淘宮が役に立つわけです。

播口先生は「十干は精神、十二支は体、九星は行動」と説いておられました。

まことに言い得て妙であると思います。

プラス「の」の字の秘伝。

受講生は実占してその有効性を確かめられよ。