サカマタジグヘッド。 | BACKLASH STAFF BLOG

サカマタジグヘッド。

 



昨年、一昨年と釣果がグングン右肩上がりになって今や定番となったサカマタシャッドのジグヘッドリグ。

 

これは特にボーターの方の釣果が多かった様に思います!

 

ワタクシも一昨年くらいからにその釣れっぷりにハマってしまいました!

今は絶対外せないお守り的セッティング!




 

お客様の O様 は短日11キロオーバーを釣り上げられてたり!


凄すぎ!笑





とにかくその威力はとてつもない!



もうボッコボコです。



 

で、その当時使用していたのがガマカツ/ラウンド26R 2/0を軸に

 

大体どこでもシャローからミドルはとりあえず#3.5g

水深が7メートル前後あると#5.2

さらに深く10メートル前後の水深では#7g

時にもっとディープの12~15メートルでは#10.5g を使用したりもしました!

 

個人的にですが使い方はすごく簡単。

ボトムまで落としてからラインスラッグを出してのシェイク。

ハンドルはゆっくり巻くだけ。

ボトムをチョンチョンついばんてるイメージです。

 

時には魚が浮いてたらあえて3.5gで中層を泳がしたりもします。

 

ボトムでは何かストラクチャーに当たったりするとラインスラッグが張ったり、手元で感じ取る事もできます。

魚が食うと、シェイク時にジワジワラインが張ったり、魚が反転した際には一気にロッドが絞り込まれる事も。

 

まぁ~不思議なくらい釣れる釣れる。

 

そして、、、メーカーからラウンド26Rの廃盤、、、えぇ~!!

これは困った!

と、思ってたらホリゾンヘッドがリリース!

 

ラインナップを見ると、、、 



キターー!!

 

2/0-3.5g

とりあえず一番よく使う2/0の3.5があって良かった。

しかもこのジグヘッドは後方よりにバランスが設定されていて移動距離も少なく、針にはコーティングが入っていて刺さりも良しときた。

アイの位置も26Rより高くセッティングされていてロールも期待できそう。

ちなみに、サカマタをジグヘッドで使用すると背中がフラットで広くなっているためどこで何をしてるかがとてもわかりやすい。

 

ちなみに参考程度にタックルはこんなカンジ。

ロッド:スピニングMLクラス

リール:2500S

ライン:PE0.8号+フロロ10~16ポンド

 

お客様がよく使われてるセッティングは

ロッド:デプス サイドワインダー #ルードバイパー

リール:2500~3000

ライン:PE0.8~1号+フロロ10~16ポンド

 

そしてリリースからこれはイケル!と思われたお客様なのか2/0-3.5gが欠品しておりましたが待望の再入荷!



サカマタもかなり良いカラーが在庫有り、、

万全でございます!

 

ちなみにこのサカマタのボトスト、春が近づいてくるとさらに!一気に!反応が良くなっていきます。

冬の間は浮いた魚をミドスト的に狙うのも良いですね~!

 

今回これからサカマタジグヘッドをやってみたい!

というお客様はWEB通販ページにてセットページをご用意致しましたので下記より好きなワームのカラーを選べばOKですっ!

https://www.backlash.co.jp/item/5580109209702/?lm=60&od=1&kw=サカマタ+ホリゾン&p=1

 

ジグヘッド、ワーム単品でのお買い求めは下記よりどうぞ!

 

サカマタシャッド 6インチ【1】

https://www.backlash.co.jp/item/4544565687062/?lm=60&od=1&kw=サカマタ+6+1&p=1


 

サカマタシャッド 6インチ【2】

https://www.backlash.co.jp/item/4544565688298/?lm=60&od=1&kw=サカマタ+6+1&p=1


 

がまかつ/ホリゾンヘッド 2/0-3.5g

https://www.backlash.co.jp/item/4549018577204/?lm=60&od=1&kw=がまかつ+ホリゾン&p=1