不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる。
この言葉が私の頭の天辺からつま先までを抜けた。
この日から、私は自分の人生が自分の思うがままに生きられることを知った。人生って最高!

最近、新券を手にする機会が多いのよね~という方、そうで無い方、ポチっと、応援お願い致します。


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

有難うございます。
新券を手にする機会が多いということは、エネルギーが整っているからです。
今のエネルギーを保つ為にも、何かしらの浄化をなさってみては如何でしょうか。
ささっ、本文を読んでくださいませ。

 先日、いつもお世話になっているお寺に伺い、護摩焚きに参加させて頂いた後、ご縁を頂く方々へお渡しさせて頂いているご由緒書きや、お塩などを頂いて来ました。

私が、お世話になっているお寺の方は、数名の方が、私が人様を視させて頂いていることを知ってくださっているので、「ご由緒書き、○○、○○、○○を〇十ずつ頂けますでしょうか」と申し上げると、手際良く、とてもご丁寧に手提げ袋に入れてくださいます。
お心、本当に有難く思います。
先日も、お願い申し上げた際、『あっ、大体で』と思っていたのですが、数をきっちり読んで手提げに詰めてくださいました。
その際、私は「お寺の閉堂時間が早くなっているのは、三月末まででしたよね」と、お尋ねすると、「そうだったのですが、四月末まで、この形を取らせて頂くこととなりました」と、お話くださいました。

自宅に戻ると、お祖母ちゃんからの話がありました。
それは、鑑定料金を半分にさせて頂くことを、続けなさいということでした。
お祖母ちゃんは、「お寺さん、あのように言っていらっしゃる。あんたは、どうするつもり?今回のこと、終息してないよ。お寺さんだって、運営(=経営)の様々がある。人の足が遠のくことだって分かっていらっしゃる。でも、決断しなければ、人を守れないの。あんたは、そのご決断を、どう捉えるの?お寺さんが、そうなさるなら、あんたも、そうしたら良いじゃない。同じようにしたら良いじゃない。一緒に、乗り越える気持ちを持ったら良いんじゃないの?お祖母ちゃん、最初に、あんたに言ったはずだよ。これからが増々厳しくなるって」と言って来たので、「そんなん、こんな事があるって聞いて無かったわ!」と言うと、「話してないもん」と、ケロッと言いやがったので、「くちょばばぁ!」と言うと、「あらっ、最近は、お口にお手々当てることも忘れて、お祖母ちゃんに堂々と言うようになって来たね。これで何回目や」とのことでした。

回数を数えていること自体、大人げないと思わないのかと思いました。

「まっ、それは、それとして」と、お祖母ちゃんは話を切り替え、「あんた、徳川さん(=徳川家康公様です)あんたを、江戸へと呼んだ時、なんと仰った?『見せたい物がある。やって欲しいことがある。渡したい物がある』と、仰っていたでしょ。お祖母ちゃんかて、あんたのお祖母ちゃんや。そんなこと、徳川さんに、あんたが言われても、どうかと思った。あんたの体には、確かに徳川さんのお孫さんの千姫様のエネルギーがある。でも、だからと言って、孫が可愛いのは、徳川さんだけじゃない。お祖母ちゃんだって一緒。だから、あの時(数年前の事で、ブログにも書かせて頂いたことです)『おたくさん、孫可愛いのは、貴方だけと違いますよ。私だって一緒。うちの孫娘を、江戸へと呼ぶならば、うちの孫娘が、何かが出来ると思ってくださっているならば、江戸には出しますが、うちの孫娘をぞんざいに扱うようなことをなさったら、こちらも、こちらの覚悟が有りますからね。うちの孫娘が勇み足にならぬよう、及び腰にならぬよう、必ず、お力添えくださるんでしょうね。明智をお忘れではないでしょうね。(お祖母ちゃんは、明智光秀公様の血筋です)徳川さん、仰ったでしょう。明智殿の知恵と、T殿(=盲目でありながら、人の事を視させて頂いていたという私の曾祖母です)の感覚を持つ子。その子が、欲しいと仰ったでしょう。だから、こちらは、この子を江戸へと出したんです。うちの孫娘には、きちんと、出す前に言い聞かせました。『江戸に行ったら、江戸風に』と言って聞かせました。私の孫娘、決して、貴方に差し上げた訳ではありません。覚悟をつけさせるために、『別れ』とは言いましたが、私たちは、決して、決して、この子の傍を離れることはありませんと、お祖母ちゃんは、ちゃんと、徳川さんにあんたのこと言うてあるんやから、徳川さんも、今、大河ドラマで『明智光秀』を見せてくれているじゃない。『見せたい物がある』ということは、このことであった訳であり、約束は守ってくれたと思うよ。まっ、それだけじゃないけど。『やって欲しいことがある』と言われたことも、あんたは、寺社の心が違うと思って、宮様にも言われて手紙を書いた。電話もした。でも、もう一つ、『渡したい物がある』ということについては、分かっていないでしょう。頂いていないでしょう。それは、やることやってからよ。徳川さんが、本当にして欲しいと思ってあんたを呼んだのは、今の事なのよ。だから、あんたが先日、宮司と話していた時、あの宮司は何と言った?『貴方は、今のことの為に、東京に呼ばれたのかもしれない』と言ったでしょう。あの宮司だって、自分が言っているのか、言わされているのか、分からなかったと思うよ(お祖母ちゃんは、散々、私にお口に難があると言うくせに、人にさん付けもせず、あの宮司とか、あのくそ坊主とか平気で言います)今こそなの』と言いました。

「それとね、お祖母ちゃん、あんたに言っておきたいことがある」と続き、「お祖母ちゃん、あんたに、東京行ってから、人様を視させて頂くこと以外、生業を求めてはいけないって言ったでしょ。人様を視させて頂くことは、片手間に出来ることでは無いの。そんなことしたら、必ず、お相手の背景の方々から反感を買う。だから、お祖母ちゃん、あんたに言ったよね。もし、他の事をしながら、人様を視させて頂こうなんてこと考えたら、真の鑑定師では無いし、鑑定師としていることなんて許されない。あんたは、支えを失うし、お祖母ちゃんも、あんたを失う。遊び事じゃないんだよ。人の人生が掛かっているということを忘れちゃいけないの。分かったね。もし、そのことを守れないようであれば、二流、三流の鑑定師となるのよ。お祖母ちゃんは、一流で無ければ認めない。一流に近づこうと懸命でなければ認めない。一流の鑑定師になれないのであれば、とっとと、こっち(大本)に戻って来たら良いのよ。見苦しいことはさせませんから」と、よくもまぁ、可愛い(はず)の孫に、そんなこと言えるよなと思いました。

死んでも構わないと言っているのと同じですから。

その後も、お祖母ちゃんは、「あんたがご縁を頂いた方々、『今こそ、今こそ』と、お品をお送りくださり、人の心を温めようとなさっているでしょう。忙しい中、ご自分のご縁の中、人の事も考え、お品をお送りくださるでしょう。良く考えなさい。何故に、人の手から、人の手へと、ご縁の寺社のお品が渡っていくのか。人の心は、真の心でしか温まらないの。ここが、人が別れて行くところなの。こんな時に、偽りのことを面白半分に伝え、それが繋がり、繋がり、人を不安に貶め、免疫力を落としていく人と、真の心で、心を繋げ、人を温め、互いに免疫力を上げて、自分たちを守るのか、はっきりと分かれるの。お品をお送りくださった方々は、そのことあんた以上に分かっているから、あんたの今回のことを後押ししてくれているんじゃないの?だからこそ、今まで以上に、あんたのポストに真の心のお品が届き、配達の方が、毎日あんたの部屋に、真の心を運んで来てくださるんじゃないの?人様が、そうしているのに、あんたはどうするの?あんた、絶対、今、このことを止めちゃ駄目だよ。どなたかに、どなたかのご縁に繋がればというお心は、人を温め、元気にさせるんだよ。心底温まるんだよ。人はね、心が温まっていたら、支えを感じていたら丈夫でいられるの。菌の感染が早いのか、人の心が繋がり合うのが早いのか、意地と意地とのぶつかり合いだよ!あんたは、お祖母ちゃんたちに言われて、徳川さんに言われて、鑑定師になったんじゃないの。ご縁を頂いた方々が、あんたを鑑定師にしてくださったの。育ててくださったの。その方々が、あんたの今の事を理解してくださって、後押しくださっているんだから、止めちゃ駄目。お心裏切ることになるよ。それとね、あんたが思っていたこと、お祖母ちゃんが代わりに言ってあげる。『貴方が手にしたお品は、人の心だよ。何かの付録じゃないんだよ。温かい心に対し、真を理解しないのであれば、この世で学ぶ資格なしと言うこと』と、お祖母ちゃん言いたい」と、孫のブログにも関わらず、お祖母ちゃんが最近、「お祖母ちゃんはね」や、「お祖母ちゃんが言う」と、出しゃばって来るのは、ご縁を頂いた方々が、「やんちゃさんのお祖母ちゃんが好きです♪」と、仰られるからです。

死んだ年寄りを甘やかすと、ロクなことになりません。
出しゃばって、「お祖母ちゃんが言うてあげる」とか、「それとなく、お祖母ちゃんの意見を言って」とか言うこともそうですし、「お祖母ちゃん、○○さんにお線香もろうて嬉しかったわ♪あんた、あの方に、ようようお礼言ってよ。それで、お祖母ちゃんの見解も書きなさい」と、鑑定師でも無いくせに、『それは、お祖母ちゃんの見解だろ?』と思うのに、返信メールに参加してきたり、本当に厄介です。

嬉しさ余り、歯止めが効かないというのか、死んでるのか、生きてるのか、分からないです。

ですが、お祖母ちゃんの言うことは、最もな事で、私を鑑定師にしてくださったのは、皆様方です。
そして、今、このことを支えてくださっているのも、皆様方です。
本当に有難うございます。

お祖母ちゃんが言う、「お寺さんが、4月末と仰っているなら、あんたも、そうしなさい」との通り、4月末まで続けさせて頂こうと思います。

「事は良きに習え」とも言われました。

この度のこと、本当に、心が表れる、また、心繋がる、そして、心が確かになることだと思います。

3/13のブログに、お知らせを書かせて頂きました。
4月末まで続けさせて頂きます。
お読み頂ければ幸いです。
こちらです

沢山の方々に読んで頂きたく、参加させて頂いております。
ポチっと、応援頂ければ幸いです。


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

いつも応援頂き有難うございます。
心より感謝申し上げます。


浄化の習慣

発売日:2016/02/20
出版社:KADOKAWA

http://www.blue-planet.tokyo.jp
私たちは宇宙の一員であり、学びの達人である。We are the members of the universe.