親知らず(上)を抜きました。

斜めに向かって生えている親知らず(上)が頬の内側に当たって、たま〜にちょっとした痛みを感じることがあるので、今のうちに抜いちゃえ、と。不要不急の抜歯です。出る杭は打たれる。出る親知らずは抜かれる。

左上の親知らずは何年か前にすでに抜いていたので、今回は残る右上をば、前と同じ歯医者さんで。

以前左上を抜いた際は麻酔によって全く痛みを感じなかったので、今回もまあ大丈夫だろうとは思いながらも……直前になるとドキドキそわそわして、家でつまずいて塩を床にぶちまけるなどしてしまいました。


いざ抜いてみるとなんのことはない、麻酔でまったくの痛みゼロ、以前よりもスムーズにいったくらいでした。

へし折る瞬間など、「ごめんなさい、ちょっとバリバリいいますよ」と歯医者さんに言われ、腹に力を入れて覚悟を決めましたが、実際の音はかすかに「ミシ…」と聞こえたくらいのもんでした。所要時間10分でした。


歯茎にできた穴がどのくらい経てば塞がるものだったか覚えてませんが、とにかくこれで毎日の歯磨きの際のちょっとしたストレスが解消されると思うと、抜いてよかったと思います。

身体の「コリかた」にも左右差があるので(左側だけこりやすい)、なんかそれも、片方だけ残ってた親知らずを抜いたことによってバランスが良くなって改善したりしないかなあ、と淡く期待しています。