帰りたくなるおうち 整理収納のB-Lighthouse(ビー・ライトハウス)

帰りたくなるおうち 整理収納のB-Lighthouse(ビー・ライトハウス)

パナホームで建てたマイホームに2016年1月末にお引越し♪ おうちのこと、お片付けのこと、お気に入りのモノ… マイペースで更新中☆ 出会いから現在、そしてこれからの(株)パナホーム兵庫さんとの関わり、こだわりポイント、住み心地・使い心地なども公開予定!


 

おはようございます。
 
姫路の整理収納アドバイザー・整理収納教育士、よしなかなおこです。

 

 

 

 

弟ファミリーの引っ越しの手伝いシリーズ。

 

しばらくキッチン編が続きます。

 

 

 

こちらは旧居の食器棚。

 

開けたときに気になったことがありました。

 

 

 

 

ここの部分。

 


ひとつひとつが大きくてデザインの違うサラダボールと大皿がドーンと置かれていたので、見上げたときに圧迫感を感じました。

 

形が違う大皿はキッチリと重なっていないので、取り出すときに

 

グラグラ 滝汗

カチャカチャ 滝汗

 

ちょっと怖かったですアセアセ

 

 

 

旧居のキッチンは独立型だったのですが、新居は I 型で対面式。

 

ちょうど戸棚の左側部分はキッチンカウンター越しにダイニング側から見える位置にあるので、

 

普段使いで見た目の美しいお皿や小鉢、ティーカップ、グラスなどを置いて

 

キラキラ 見せる収納 キラキラ

 

にするのはどうかな……?

 

と思ったのです。 照れ

 

 

ところが!!  

 

 

 

アート引越センターさんの「エコ楽ボックス」はスタッフさんが撤収されるときにお返ししなければならないので、

 

 

食器の配置をゆっくり考えている余裕ナシ。 チーンもやもや

 

 

そんなわけで取り急ぎすべて収めることにアセアセ

 

 

 

【上の戸棚部分】

 

 

「見せる収納」にはほど遠い…… 笑い泣き

 

 

 

【レンジボード】

 

 

右にオーブンレンジ、左(黒いトレーのところ)には新たに購入する炊飯器と、子どもたちが毎日持って行く水筒を置くことに。

 

 

 

【いちばん上の引き出し】

 

 
手前がカトラリー。
 
奥はお寿司の巻きす、ワインのコルク抜きや栓抜きなどの使用頻度の低いキッチンアイテム。
 
 
 
【上から2段目の引き出し】
 
 
 
 
【上から3段目の引き出し】
 
 
2段目と3段目はとりあえず大きさごとに揃えて収めました。
 
この中から使用頻度が高くてデザインの良い物を選んで上の戸棚の左側に並べ、「見せる収納」にしてはどうかな?
 
と思います。 おねがい
 
特に2段目の手前の青い小鉢が綺麗なんですよ♪
 
見えないところに隠してしまうのはもったいないなぁタラー
 
 
子どものプラスチックのマグカップなど色や絵柄が派手だったり、形が不揃いの物はどうしてもごちゃついて見えるので、このあたりの引き出しに入れたほうがよかったかもしれません。

幼稚園児の姪っ子も背が届くので自分で出せるし。おねがい
 
 
 
【いちばん下の引き出し】
 
 
旧居では上のほうにあって圧迫感を与えていた大きさや形がひとつひとつ違うサラダボールや大皿はここに入れました。
 
 
 
食器棚収納のコツは
 
 
◆ダイニング側から見える部分を意識して入れる物を考える(見える収納)。
 
◆小さい物は上、大きい物は下に入れて圧迫感を感じさせないようにする。
 
◆子どものマグカップなどは自分で出せるように低い位置に。
 
◆不揃いの物、絵柄やデザインが派手すぎる物はダイニング側から見えにくい場所に(隠す収納)。
 
◆取り出しやすさを考えて、なるべく種類の違う食器を重ねない。
 

これだけで見た目もスッキリして、使いやすくなると思います。

 

 

ちなみに、こちらはわが家の食器棚。

 

ダイニング側から見られることをちょっとだけ意識しています。

 

 

 

 

見る人が見ればゴチャゴチャなのかも (笑)

 

 

でも、お気に入りばかりなんですよ♪ 照れ

 

 


~おまけ~

 

この記事を書いているときに、引き出しの端っこにアワビの貝殻があるのに気付きました。 ポーン

旧居で見たのであることは知っていたけれど、いつの間にココに??

 

 

薬味を入れる小鉢として使っているのかなぁ?? ニヤリ

 

 

 

 

にほんブログ村ランキング参加中です♪ ニコニコ

 

いつも閲覧ありがとうございます。