ジャパンフィッシングショー2015&私のクルマ考 | 「AIMS STYLE」
2015年02月02日(月)

ジャパンフィッシングショー2015&私のクルマ考

テーマ:イベント&インフォメーション

パシフィコ横浜で3日間に亘って開催された、「ジャパンフィッシングショー2015」が無事に終わりました。




私の話を熱心にお聞きいただく方もとても多く、本当にありがとうございました!


あまりに多くの方にお越しいただいて、最終日はカタログがなくなってしまうほどでした!







釣り人、アングラーにとって、クルマはロッドやリールと同じように必需品のタックルと私は考えます。



釣りに情熱を燃やせば燃やすほど、「なぜ、アングラーが使いやすい、欲しくなるクルマがないのだろう?」との思いを20代の頃から抱えていましたが、数年前にある縁で「オグショー」という会社と接点を持つことが出来ました。





「オグショー」は、社長を務める国際A級モトクロスライダーの小栗伸幸さんが、レースを転戦するためクルマへバイクを積むことをキッカケにして、「トランスポーター=趣味の道具や荷物を運べて、かつ快適に過ごせるクルマ」という新しい考え方でクルマを作ってくれる会社です。


有限会社オグショーHP http://www.ogushow.co.jp/




5年前の2010年のフィッシングショーで、オグショー協力の基、「釣り人が求める、釣り仕様車」として私のハイエースを作り、AIMSブースに展示しました。





そして2015年、本格的に各自動車メーカーが釣り人の方へ向き合ってきてくれたと感じることが出来ました。




今回は、日産のキャラバンNV350をベースに、「オグショー」オリジナルのNEWベットキット(クルマ業界初の片持ち足なし&2段ベット!)を組み込んだ、「釣り人がワクワクする。釣りに行きたくなる釣り仕様車」をテーマにプロデュースさせてもらいました。




各ジャンルのプロアングラーの皆さんも、わざわざブースに足を運んで熱心に聞いてくれました。




展示車体がキャラバンのフルサイズ(スーパーロング&ワイド&ハイルーフ)でしたので、広い空間を使った贅沢(笑)なレイアウトでしたが、私のクルマ(4ナンバー)の様にショッピングなどの日常的な使い方と兼用できるコンパクトな仕様にすることもトランスポーターなら可能なんです。




あらゆる釣りのジャンル・タックル・自分の使い方に合わせたレイアウトをオーダーで作ることが出来る「トランポ」を取り入れたクルマに乗ってみませんか?


きっと釣りはもちろんのこと、出発してから帰るまでが快適で楽しくなるはずです。


なぜか?

オグショーで作ったクルマを、5年間で20万キロ以上乗っている私自身がそうだからです!(笑)

橋本景さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス